これは何度読んでもいいブログだと自負している。自身、女性なら逆な文章も書けるはずで、女のダメな部分は男にもてる・・・とでも言おうか?

男の獲得形質はほぼ女性にはもてない。(鹿島 茂)

 

100分で名著ユゴー「ノートル=ダム・ド・パリ」の解説中、名文家の鹿島先生がおっしゃるには「男性というものは、自分が努力して獲得したもの—-高い地位や豊かな学識、お金や家、車など--を見せつければ、相手の女性が自分のことを好きになるはずだと思い込みがちだからです。しかし、実際には、女性が男性のそうした獲得形質に惚れることはほとんどありません。女性が恋愛感情を覚えるのは、悲しいかな、男性の容姿や肉体や声やトークなどの(かくあるがままの姿)なのであって、その男性の努力によって獲得されたものではないのです。もちろん例外はありますが」


それを自己認知欲望、「ドーダ」と表現した漫画家東海林さだおさん。「ドーダ、おれはすごいだろう」「ドーダ、まいったか」「ドーダ、おれを凄いと言ってくれ。おれを愛してくれ」自慢や自己愛の表現形態が「ドーダ」です。ほとんどこのキーワードで男の行為はすべて分析できますね。結局、高い評価や女性からもてる営みをしているだけともとらえられます。私も料理を作ったり、3食のご飯を片付けて「ドーダ、台所が綺麗になっただろう」庭の芝刈りを終えて「ドーダ、庭はきれいになっただろう」少しボーナスが良かったときは「ドーダ、すごいだろう」。全く、鹿島さんや東海林さだおさんの男観察が鋭くて、何も答えれない筆者です。さらになぜ自分が女性から悔しいが全然もてなかったのかも判る気がします。(心ひそかに私に惚れていた女性はいたかもしれませんが、聞いたことはありません)。


一昨日の駐日フランス大使の講演を聞いて、ユーゴの『ノートル=ダム・ド・パリ』の概説でも読もうかとめくったら、男の『嫉妬』が筋の中心にあって解説されていて、私も乗せられてついつい書いてしまったわけであるし、私のブログ読者の大半は男であるから『ドーダ!』もすぐにわかるキーワードで納得されると思う。しかし、これは男同士の名刺交換や学歴自慢などでも遺憾なく発揮されて、飲み屋・路上での名刺交換、メールでやりとり、部下の突然の出世で退社する男社員など書いたらキリがないほど溢れて、ドラマや事件にまで発展して、作家のネタを提供している。もともと臆病な生物として男は作られているが、それを糊塗すべく無理に『男らしさ』や『金』や『乗る車』、『肩書』、『気前の良さ』で補てんを繰り返す。旧約聖書とは反対に、女性のあばら骨から男が誕生したという話のほうが、無理な男社会にならなくて人類は済んだかもしれないとさえ思う筆者である。戦争も勲章ももっと少なく、安上がりの世界になったろうと妄想する。『男の獲得形質はほぼ女にもてない』と思えば、少し肩の荷を降ろして生きられるのでないか?だからといって親だけは怨みませんように。こういうブログを書くこと自体、なんか女々しい自分を見る気がする、まったく

  1. 現代の女性には「優しい」「面白い」「結婚後は家事・育児をしてくれる」男性が理想像でしょうね。その上「経済的に安定している」「逞しい」「背が高い」「イケメン」と続きますね。考えてみれば、そんなに全てを兼ね備えた男性など、そうザラにはいません。ですから、どこかで妥協する事になるのでしょう。男性の理想の女性はと言えば「美しい・可愛い」「優しい」「結婚後は育児も家事も全て身に周りの事をしてくれる」「経済観念がしっかりしている」などで、女性の場合と全く逆ですね。恋愛時代はお互い気を使っていても、結婚後となればお互いの本性が現れ「こんなはずじゃあ無かった」と後悔し離婚率も高くなるのでしょうね。今ではバツイチやバツ2は当たり前になりましたが、男と女はどこまで行っても平行線の場合が多いですね。円満になるコツは?「忍耐」ですかね。

    • 理想は別居結婚ですね。つくづくそう思います。居間は共通で、あとは鍵をかけてそれぞれの暮らし。通い婚がケンカ少なく理想でしょうね。しかし、経済的に余裕がないとこうはいきません。新婚旅行も一人で行って帰ってくる。既成概念を壊す試みで、意外に人気が出るかもしれません。アメリカで見た新婚カップルは男は白人の前で英語はカラッキシ喋れずおろおろ、そのときの新婦の軽蔑したまなざしが忘れられません。ユニバーサルスタジオでした。結婚しても子作り終わったら、あとは母子関係+男の稼ぐ金。ATM化した男でいいのではないでしょうか?男女の大脳の構造が違うかもしれません。

  2. モテる男は「とにかくこまめにメールやデートで気を使う」「毎回サプライズで相手を喜ばせる」でしょうか。無精者はモテませんね。女性はおしゃべりが大好きですから、男にとって「どうでも良い話」だとしても、気長に聞いてあげなければいけませんね。そして決して反論してはいけません。例え間違っている?と思っても「そうだね〜」と相づちを打って聞き流すくらいの度量が必要ですね。例えは悪いですが認知症患者への基本対応にも似ていますね。「それ駄目!」はいけません。「そうだね〜大変だね〜」と優しく。

    • 面倒くさい・・が先に立ちます。もうもてなくていいやとスケベ心丸出しのほうが老人ホームでもてるという人もいますよ。男の優しさなんて見栄とスケベの足して二で割ったようなもの。ある程度、人生経験積めばすべてお見通しですから、通用しません。芸能、スポーツ、噂、映画、テレビ、自分の家のことを話題から外したら何が残るのでしょうか?こちらはホモサピエンスとか政治とか大脳の仕組みとか話したいが誰も興味持ちません。彼女たち、『自分は間違っていないと考えているのでしょう。それもそのはずバックに自分の感情の支えがあるからです』それは命の根源ですから。『いいね、なるほど』と相槌を打つしかないわけです。議論になると昔の夫の悪口や過ちの話が次々出てきて止まりません。自分が正しいのです。自分批判も半ばかまでで、終わると相手批判がその倍以上続きます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>