100分で名著ユゴー「ノートル=ダム・ド・パリ」の解説中、名文家の鹿島先生がおっしゃるには「男性というものは、自分が努力して獲得したもの—-高い地位や豊かな学識、お金や家、車など--を見せつければ、相手の女性が自分のことを好きになるはずだと思い込みがちだからです。しかし、実際には、女性が男性のそうした獲得形質に惚れることはほとんどありません。女性が恋愛感情を覚えるのは、悲しいかな、男性の容姿や肉体や声やトークなどの(かくあるがままの姿)なのであって、その男性の努力によって獲得されたものではないのです。もちろん例外はありますが」


それを自己認知欲望、「ドーダ」と表現した漫画家東海林さだおさん。「ドーダ、おれはすごいだろう」「ドーダ、まいったか」「ドーダ、おれを凄いと言ってくれ。おれを愛してくれ」自慢や自己愛の表現形態が「ドーダ」です。ほとんどこのキーワードで男の行為はすべて分析できますね。結局、高い評価や女性からもてる営みをしているだけともとらえられます。私も料理を作ったり、3食のご飯を片付けて「ドーダ、台所が綺麗になっただろう」庭の芝刈りを終えて「ドーダ、庭はきれいになっただろう」少しボーナスが良かったときは「ドーダ、すごいだろう」。全く、鹿島さんや東海林さだおさんの男観察が鋭くて、何も答えれない筆者です。さらになぜ自分が女性から悔しいが全然もてなかったのかも判る気がします。(心ひそかに私に惚れていた女性はいたかもしれませんが、聞いたことはありません)。


一昨日の駐日フランス大使の講演を聞いて、ユーゴの『ノートル=ダム・ド・パリ』の概説でも読もうかとめくったら、男の『嫉妬』が筋の中心にあって解説されていて、私も乗せられてついつい書いてしまったわけであるし、私のブログ読者の大半は男であるから『ドーダ!』もすぐにわかるキーワードで納得されると思う。しかし、これは男同士の名刺交換や学歴自慢などでも遺憾なく発揮されて、飲み屋・路上での名刺交換、メールでやりとり、部下の突然の出世で退社する男社員など書いたらキリがないほど溢れて、ドラマや事件にまで発展して、作家のネタを提供している。もともと臆病な生物として男は作られているが、それを糊塗すべく無理に『男らしさ』や『金』や『乗る車』、『肩書』、『気前の良さ』で補てんを繰り返す。旧約聖書とは反対に、女性のあばら骨から男が誕生したという話のほうが、無理な男社会にならなくて人類は済んだかもしれないとさえ思う筆者である。戦争も勲章ももっと少なく、安上がりの世界になったろうと妄想する。『男の獲得形質はほぼ女にもてない』と思えば、少し肩の荷を降ろして生きられるのでないか?だからといって親だけは怨みませんように。こういうブログを書くこと自体、なんか女々しい自分を見る気がする、まったく。

  1. 青春時代に自転車の後ろに可愛いポニーテールの彼女を乗っけて街中を走りました。(今なら交通違反ですが)噂が広がることも自慢でした。それも慢心でついに2~3年後には別れました。そうです女性の心はつかめませんね。かと思えば同じクラスの身近なところに自分を好きな綺麗な子がいたとは、後で同級生から聞いて知ったのでした。灯台下暗し。モテルと言う事と友達が多いと言う事とは全く違うのですが、男は都合よく「オレはモテた」と、つい豪語してしまうものなのですね。

    • 自分は、昔の少年さんみたく、男女交際を知らずに(憧れはあってもどう声かけをしたらいいのかわからない)、大学生になるも、大学でもジーパンを穿いていて余り清潔感もない女学生が多くて、付き合いたい女性もいなくて淋しい青春です。昔の少年さん、いい青春を送ってますよ。

  2. 世界中の富豪を見れば、何度も離婚したりして美しい女性と一緒になっていますね。あのトランプ氏だって若過ぎる綺麗な女性と結婚しています。話題のゴーン氏もそうですね。強いとか、実業家だとか、富豪だとかで女性の心は動くと思うのは、単に男性たちの思い込みだけとは言えないかも知れません。女性たちにとっては、お金持ちで、容姿が良くて、優しい男が一番なのでしょうが、そんな男は?世界にどれだけいるのでしょうか?とにかく女性の理想は高いので独身女性が急増中ですが、男女ともそれ相応の相手が一番だと思いますね。

    • 自分に合った男や女は実は身近にいますね。同級生や近所のおばさんのお見合い写真ってけっこう結ばれる確率は高そうですね。有名人、富豪、贅沢、スリム、容姿端麗であっても、いずれブヨブヨですからね。もてない男の戯れ歌。考えてみると50歳を過ぎて、次の女性を探したり、離れたり、面倒ですね。子供でもいれば迷惑千万な話で、まずは、家が静かな穏やかな家庭をつくることに専念したいものです。一人の人から「大好き」と言われるのがハッピーな人生で、先日、喪中ハガキが届き、高校の同級生急死で、奥様から「大好きだった○○さんがふっと空に消えて・・・」と詩のようなハガキが届き、妻はびっくり!!「私なら絶対書けない内容、文章だ」と自信をもって言っておりました。夫婦様々。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>