ゲイティドマンションがある。セキュリティ強化のため、マンションの外側を高い塀で囲み、入口は警備員を置いて住人を守るマンションだ。警備員に銃を持たせれば、観光バスで30年前に行ったビバリーヒルズそっくり。長屋で育った筆者は、こういう住み方にアレルギーを感じてしまうが、皆さんンはいかがだろうか?プール付きの戸建て全体を守る町と1棟のマンションを守るといっても、その規模は違うにせよ、外界からの侵入者を事前に入れさせない発想と具現化においては同じである。同じエリアにスパニッシュ系の茶色の戸建てが密集する地域もあって、塀も無くて自由に出入りできる親しみのある団地もあった。川崎に住む兄も住む場所を賃貸マンションを選ぶ規準はセキュリティーだと電話口で言っていた。名古屋のマンションを高値で売り払い、差額を家賃に充当してUR住宅に住んでいる。30代に同じ川崎でも郵便受けが荒らされるエリアに居住していて懲りたとも言っている。実際、被害に遭ったり、危険な目に遭うとどうしても他人への不信が増大するのはやむ終えない。基本的な毎日の暮らしに危ない要素、特に見知らぬ人間の突然の介入を防ぐ壁。監視カメラは事件が起きた後の検証に使われても、被害を受けた人にとっては事後的なことで、事前に防ぐにはセキュリティーを完備したいと思うだろうが、家賃やマンション価格は高い。私は札幌東区の札幌刑務所の近くの中学校へ通っていたので、マンションの壁を見ると、刑務所を思い出し、失礼ながらそこの住人が囚人に見えたりする。狭い空間で安全と自由を確保する反面、外へ向かう排他性が同時に生じることはもっと考えていい。しかし、物理的な壁を作っても現代はSNSで簡単に他人のところへ言葉で侵入する。過度に進めばストーカーになったり、他人のスマホへお邪魔する。きちんとした挨拶文もなく始まるメールは、実名は確保されても筆者は苦手である。幽霊のように入ってくる言葉がストレート過ぎて拒否反応が出てくる。たぶん、喋り言葉と書き言葉(メール)の格差が少なくて、ストレートな会話が苦手なのかもしれない。そういうわたしの心の壁がマンションが5メートルの壁だとしたら、50センチくらいの壁が自分にあるような気もするのだ。壁をつくらないと侵食される言葉の暴力がテレビはじめネットにもあって防衛しないといけない。自分がすでにゲイティドマンション化しているのかもしれない。

  1. 円山界隈の高級住宅地には高い塀に囲まれた戸建ても多いですね。外部からは様子はうかがい知れませんが、内部からも外部は見えないのでしょうね。我々一般庶民から目れば孤立しすぎていて違和感がありますが、当のご本人たちは安心なのでしょう。確かに豪邸であればお金持ちと判断されて犯罪に巻き込まれる可能性も高いかも知れません。我が家の近所に道庁退職者のお宅がありますが、平日は歩いていける近所の大パチンコ店、またある時には旅行と羨ましいと思っていましたが、旅行中に何度も空き巣に入られています。その点、我が家は田舎と同じく、玄関のカギさえ掛けずに留守にしたりもしますが何の被害もありません。泥棒も普段からリサーチしているのでしょうね。今ではストリートビューなどでもシュミレーションできますからね。しかし、これだけ犯罪が多発して来れば、ある程度の警戒は必要なのでしょうね。

    • 監視カメラの数も多いですね。自分でつけているのでしょう。芦屋を訪ねたことがありますが、民間の警備員が監視してますね。勝手に入ってくるなといわんばかり。住む場所でも差別が発生です。川沿いは貧しい人たちと相場が決まってます。水害で流されますから命の値段まで違います。お金持ちといっても一から稼いだというより、土地や先祖の遺産相続、株の譲渡など本人の努力と無関係のラッキーマネーでなっているのにいつのまにか、それを忘れてしまう。わたしも塀のない開放的な小さな家に住んでますが泥棒ゼロです。

  2. インドの富豪はビルのような屋敷の上層階に住み、下の階は機関銃を持った軍隊を雇って警護しているそうです。日本では原則的に銃規制があってそれほどでも無いですが、宮内庁や政府や警察幹部あたりには銃器携帯のSPや警護が付きっ切りなのでしょう。国際組織のテロも現実にある訳で、日本も危なくなって来ている事は確かなようです。必ずしも銃ばかりではなく、細菌兵器なども使われているので警備も難しくなっているようですね。

    • 秀吉からの刀狩りが功を奏しているのでしょう。エキセントリックな人々が増えてきてます。一番は貧しさで、貧しさはまず言葉の貧困から始まります。自分が語れる言葉が極度に減って、その分、洗脳されやすい大脳へと変化しやすく(決定的なキャッチフレーズ)に酔いやすく、都合よく操作される人間にされます。テロの多くは貧困や金持ちへの恨み、肉親を殺された復讐などイデオロギーの前に過酷な現実があるんだと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>