16日夕方、ブログ回復宣言来る。3日間にわたる戦い、お疲れ様でした。

「まくらコレクション」(立川談志・竹書房336p)平成17年12月の講演から。立川談志のまくらを読んでいると、ジャンルは違うが、山下達郎がコンサートで話す話術に重なってくる。なんだろうね。反骨といえばいいのか、わが道を行くというか、コアのファンが離れない、テレビに出る(達郎は出ない)よりライブでお客とのアドリブを見せる。ユーモア・皮肉が体に染みている、いたずら心も同居。意地悪も。自信と覚悟と不安が同居していて、とても人間的だ。談志もそうだ(高座をやることの恐怖感ってのがあって)。

12月3日の札幌で(山下達郎PERFOMANS2015~2016)、最前列の女性ファンが達郎の話にすぐにゲラゲラ笑うので、彼は笑いながら「笑い過ぎですよ、笑うときに腕を左右に振ると、隣のお客のひじに当たりますから注意してね」と会場を大爆笑させていた。彼も落語の素養がありそうですよ。少年のころにおじいちゃんに寄席へ連れて行かれ、落語が大好きになり「落語家になるのが夢」だったと。なるほど。

「ドームツアーなんてコンサートではありません。パーティーです。」11月に3日間「嵐」が札幌ドーム公演があって14万人が集まった直後の達郎コンサートだったので、刺激的な発言。さらに、この会場(ニトリ文化)が近々壊される話を聴いて「文系の役人は困ったものです、ミュージッシャンや芸能・文化を理解しないのが多過ぎる」と喝を入れる。自分の生の声が会場の奥まで届く場所を選択する。箱(ホールの使い勝手)の問題は最重要なことだ。昨日は(22日)中野サンプラザホールでの2日目公演で、「クリスマス・イヴ」を聴くのにちょうどいい時期だ。聞きに行った知人からのメールが楽しみだ。

ようやく談志の上記の「私の健康状態は、医者さえいなければ元気です」。医者に病気は作られる。薬を一番飲まないのは製薬メーカーのMR(薬営業をする人)。副作用の怖さを知っているから。喫煙行為を日本医師会が「依存症」として病気のカテゴリーに入れた背景に禁煙外来を保険適用に目論んだ外資製薬メーカーの金のばらまきが。さらに談志は「向こうは脅かしているつもりはないんでしょうけれども。結果、直接的にではなくても、脅かすような行為をしないと、≪実入り≫に差し障るという意識が、どこかにあるんじゃないかな。≪医者なんぞ行かないでいいですよ≫って言う医者、なかなかいないでしょう」。

日本の医療を救うのは、最新の医療機器ではなくて、「その程度の症状は病院や医者へは行かなくてもいいんだよ。行くだけ健康保健の財政が悪化するんですから」と発言する医者。談志の理想の死因は「談志、ふとした病で死亡」。

人間一日だけ幸せになりたければ、床屋に行くといい。

一週間幸せになりたければ、結婚するといい。

一年間幸せになりたければ、家を建てるといい。

一生幸せでいたければ、自分で正直であるといい。

今宵、幸せになりたかったら、談志を聴くがいい。クアーッ!「立川談志 まくらクレクション290p)

 

 

  1. ブログ復帰よかったですね。でも予定していた数本が無くなったのは残念ですね。これもネットの常識かも知れません。どこにも責任が無い世界ですからね。技術者たちも多くのトラブルの原因追及だけで精一杯なのでしょうね。

    • 無料ブログがはびこるなか、広告宣伝を掲載するお金で収支をとってるわけですが、単独のブログは贅沢な世界かもしれません。ヤフーの無料ブログが突然、本年で終わるお知らせがあります。ブログは全体、どこかへ移動する必要がありますね。アメブロは有名人(芸能・スポーツ)に毎月お金を支払い書いてもらいます(当人が書いているか、秘書が書いているかわかりません)。アクセス件数が自然に増えますから、それでアメブロの営業マンはその数字を持って、広告営業をします。それにしてもよくブログを守ってくれました。たぶんインドで作業は進められているのではと管理者は言ってました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>