手帳3

49歳のときに急性心筋梗塞で60日間入院。安静にしていて、気になるのが仕事であった。妻に携帯電話を持ってきてもらい、日ごろ付き合いのあるお客さんの電話番号を一覧表にしてベッドから見える壁に貼った。よーしこれでいいぞ。いつでも病室から仕事をするんだという意気込みというか自分のプライドであった。


いま思えばサラリーマンの悲しい性(さが)だ。私の入院は、別な営業からすでに取引先へ連絡をしているので、仕事の電話をかけてくる人はいなかった。それでも仕事は進行していた。驚くなかれ、入院した2か月間、月の売り上げと利益がいつもの月より増えている。


請求書だけは私のチェックが必要なので、自宅へFAXが帯のように流れ、担当者へ請求書送付OKの電話をする。別に自分がいなくても会社は困らないと実感した事件だ。困らないどころか、利益を増やしている。内心、「日頃の付き合いがあったればこそ、私の窮地に、応援の発注が来ているんだ」と傲慢に思っていたりする。負け惜しみだ。


しかし、退屈だ。とにかく退屈だ。病室で企画書を書いてなんになる!?誰が営業するんだ?!いつも使ってる手帳を開いても書かれてあるのは、精密検査の日、カテーテル実施日くらいであとは空欄・空白。誰々さんがお見舞いで菓子を持参程度。打ち合わせもなければイベント実施日もない。


そういえば、ビジネス手帳をスケジュールでびっしり書かれてあるのを見てニヤニヤしていた先代の社長がいたことを思いだした。手帳を予定で埋めることでどこか安心する、サラリーマンは空白を嫌う本物のマゾ集団かもしれないなどと妄想していた。予定の文字に自縛されて快感を覚えているわけだ。


時間っていったいなんだろうと思う。入院してわかる時間は太陽が昇り、沈み、朝が来て、夜が来て、また朝が来てを繰り返す静かな時間だ。その間にまずいご飯はあるけれど。「手帳を見れば、彼が仕事をしているかしていないか一目瞭然だ」と叫んでいた役員もいた。彼の手帳は予定で真っ黒だが、稼いだのはゼロ、しかし莫大な交際費を使っていた。京都では舞妓さんを呼んで一晩で200万円を使った、関連会社にも誘いをかけてね。そして2か月後辞表を出した。社長在任中、1円も稼がない稀な社長であったし、いい時代であった。


手帳、この不思議な存在・・・。自分が必要とされているという実感を強く持つためのツールと言い換えたらどうだろうか。ときどき空を見上げたり、花を見たり、公園の緑を観察したり、自然に近づくと濃すぎる人間関係も薄まり、気持ちが楽になる。空白な手帳部分を無理して埋める必要はない。実は時間が空いていても「その時間はちょっと無理」と言い、心身を休ませる賢さを持ちたいものだ。皆さん、心身症にはくれぐれもご用心!!

  1. 今でも手帳売り場に行けば、懐かしさでシステム手帳などを手に取ってみる事がありますね。あの分厚いシステム手帳が流行したころは、外国製の本革の表紙の存在感にあこがれて無理して買ったものです。高価でしたね。たかが手帳でしたが。或る時、会社を辞め独立した知人の手伝いで同行した時の事、彼は僕より6~7歳も年上でしたがいつもダンディな出で立ちでした。それに鞄も手帳も全く持たない営業スタイルに憧れました。持っているのは名刺入れと財布のみ。身軽でしたね。それでいて訪問先ではちゃんと顔と名前を覚えていて見事でした。それ以来、僕も手帳を持たない事に決めました。電話番号も今ではスマホに登録していますが、当時はそんな便利な物もなく、暗記しました。手帳に頼ると暗記力は衰える事は確かです。当時はお陰様で固定電話はもとより、11桁の携帯番号までも覚える事も苦にならなくなりました。今ではメモ機能も録音機能もカメラもカレンダーさえもスマホに有りますから、昔より手ぶらでも仕事が出来るようになりましたね。

    • 立派です。システム手帳が流行ったころ、計算機も機能についていませんでしたか?代理店営業は今でもシステム手帳使っている人多いですよ。数字の暗記は得手・不得手あるので、私は失格。小さな手帳だけ持参してます。

  2. 手帳が必要になるのは、これからかも知れませんね。理由は最近、何かと物忘れしますからね。つい先ほど考えていた事すら忘れたり、先日も、バタバタして飛び回って外出先から社に戻って少し仕事して出かけた先でスマホを社に忘れて来たと思い、戻って探しても見つからず、営業必須アイテムをどこに失くしたのか不安になり、冷静に考えたところ、車の中以外どこにも忘れた記憶がなく再度車内を探すと助手席シートに置かれた鞄の中に有りホッとしました。その間、電話もメールもラインも出来ず大変困りました。年齢を重ねるごとに忘れっぽくなりますから、スマホばかりに頼るのも心配ですね。薄い手帳の一冊くらい持っていた方が無難かも知れません。

    • その手帳の場所を忘れる場合もありますから、電話番号は携帯登録を電話番号表を別に作って写しています。さらにテレカを持参。携帯を忘れたときのバックアップしています。自宅でなくなることもあるのでマナーモードは家では外します。しかし、ポケベルは3本失くしてますし、携帯も1回。どちらも会社支給でした。始末書ばかり書いてました。慎重な性格ではない自分に呆れます。

  3. 手帳は余り使わなくなりました。今考えているのは小さなスケッチブックです。久しく絵を描いては居ませんが、水彩紙のものと水性の色鉛筆などあれば最高ですね。普通のケント紙のスケッチブックに鉛筆画もいいですね。スマホいじりにも飽きてきましたから、昔に戻ってハガキ大のスケッチブックを懐に入れて歩きたいですね。写真はスマホで撮れますから、それを元に時間がある時にスマホの画面からスケッチする事も可能ですね。人物でも風景でも何でもモチーフに成りますからね。インスタ映えよりいいと思いますね。

    • ぜひ水彩画、再挑戦してみてください。それをカメラに撮って、私のブログまで送ってくれれば使いますよ。

  4. PCも大から小まで幾つも持ってはいますが、どこで開くにしても大袈裟ですよね。今では、制作作業以外はブログのコメントだってスマホで十分ですね。子供や若い世代ではPCなど余り使いません。すべてスマホで完結しています。広告の世界でも最近はネット広告に重点を置いて来ていますが、PCで見る事もありますが、移動しながらモバイルとしてのスマホへのアプローチの方が大切になっています。今ではスマホが便利な手帳代わりなんですね。

    • スマホで完結ですね。空港へ土曜日行きましたが、予約した便のQRコードをスマホから機械へかざすと氏名が出てきて、『座席変更できますがいかが?』。娘はいい席に変更。隣の夫婦はバーコードのついた紙を係員に渡して、同じ作業をしてました。集中予約管理ですが、バックアップを二重三重に取らないと怖いシステムですね。デジタル、怖いですよ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>