縄文・アイヌ・元との戦い

~遺伝子分析と考古学の成果を反映した本土日本人・アイヌ・琉球人~

参考図書 瀬川拓郎『アイヌ学入門』(講談社現代新書)

これまで、アイヌはケルトやインディアンなどと同列に、自然と共生してどこか牧歌的な平和な民族と思い込まれていたが、そういう面ももちろんあるのだが、もう一つ別な面もある。ケルトはケルトで戦う民族でもあって、ヨ-ロッパを席巻していた時代、各地にその痕跡を残している。


話をアイヌに戻せば、交易や北からアザラシやラッコの毛皮を求めて南下するオホーツク人との戦いで劣勢になれば、南へ逃げたり、その激しい動きをする民族としての一面が『アイヌ学』(?)で語られ・書かれるようになった。上の人種系統樹を見ると祖先を縄文人に直接に由来するのはアイヌと琉球人であることがわかる。和人(本州の日本人を北海道でよく使う)はどちらかというと大陸から渡ってきた渡来人ではないかと、この図を見ると言える。


本州各地に残る『ナイ』とか『ベツ』の地名も、元々アイヌ語の影響を色濃く残し、東北に特に多い。しかし、この地名は長崎や佐賀にもあって、海の海賊『倭寇』も縄文アイヌではないかという説がある。日本海をずっと北上、いや山の中を山脈を渡り歩いて(マタギも縄文人?)、ずっと生きてきた。たまたま私の住む町に縄文時代の化石や飾り物・土器が頻出する。太平洋アイヌが私の住む近辺に数多く住んでいた時代もある。本州のある場所では和人と同化し、ある者は北へ戻ってきたのである。


さらに、中国側の資料によると、アイヌの天敵のようなオホーツク人(ギリヤーク)とアザラシとラッコや鮭の取り合いも激しく、ついにニヴフというオホーツク人(ギリヤーク)が元(げん)にアイヌの退治を頼んだ。元は1264年、1284年~1286年、毎年のようにアイヌと戦ったのである。元側は1万人、船が千艘、アイヌ側は数百人と言われている。(実際はこの数字はオーバーで実態は十分の一くらい)。1308年にアイヌは元に服属を申し入れた。当然、元との交易もあったし、次の明王朝でも交易は続いたのである。


日本史で習う元寇は1274年と1281年。同じような時期に、実は北海道でも元が南下してきていたのだ。教科書には書かれていない事件だ。13世紀でもアイヌは戦うアイヌであった。文化は必ずどこかの文化の影響を受けている、孤立した文化はないの法則を適用すると、アイヌの渦巻き文様もシベリアはじめ大陸の部族の文様にそっくりだ。実はヒグマの子供を秋に神へ送る儀式も初めは本土(和人)のイノシシを送る儀式を真似たとされる。冬眠する前の親熊を殺せば、自然に小熊が手に入り、それを秋までアイヌ部落で飼育し、秋の熊送りの儀式まで生かしておくというわけだ。イノシシがクマに変わった。北海道ではイノシシは手に入らないからだ。


 

北海道アイヌははるか遠くアムール川まで交易を広げている。中世の武家時代は、オオワシの尾羽が弓矢の矢羽として重宝されたし、武家屋敷の床に敷かれる皮もアザラシやラッコ・ヒグマ、オットセイやの海獣たちも貴重な交易品であった。アイヌは凄いスケールで生きのびてきたのである。


さらに出雲大社で有名な出雲は縄文人がもともと住んでいて、そこへ渡来人(中国の越を中心に)が合流して作られた場所だという説もある。

  1. アイヌ民族については勉強不足ですが、縄文土器などが多く発掘されるとことには大抵大きな川や海があって山にも近い場所ですね。理由は魚介や獣や鳥を捕獲しり野草や山菜を採取するのに格好な場所だったからなのでしょうね。住居にも大きな木の丸太や茅葺き屋根にススキなども欠かせなかったでしょうし、また水は生きる上で必要不可欠ですからね。外敵からも家族や部族を守れる住みやすい場所を見つけては移住していたのではないでしょうか。

    • 私の自宅近くの郷土資料館には縄文土器がたくさん展示しています。新潟で発掘された燃えるような炎の飾りがある土器を探したがありませんでした。岡本太郎に感動を与えた土器です。土器の発見の横に恐竜の骨でも出てきたら楽しいのですが。むかわ竜(実際は穂別竜)は日高山系ですから、由仁や近郊エリアもいたはずで、私は密かにJR千歳線の島松と北広島の線路沿いに恐竜の骨が埋もれている気がするのです。電車でいつもそこをながめています。ところで縄文人は沖縄や東日本に痕跡が多くありますが、アイヌと縄文人の関係がまだまだ勉強不足でわかりません。アイヌ同士も戦争をしているしね。一応、太平洋アイヌ、オホーツクアイヌ、サハリンアイヌと分けますが、縄文人とどう違うのか?もちろん和人との共生もあって結婚もあったでしょうしね。

Leave a Reply to 昔の少年。 Cancel Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>