縄文時代の漆(うるし)と室瀬和美 ブログ 1000回

 

重要無形文化財「蒔絵」の保持者に認定された室瀬和美さん(1950年生まれ)の『カリンバ遺跡と漆文化の素晴らしさ』を聞きに行った。筆者の自宅裏の図書館にわざわざ漆の話をしに来られて、どんな話になるのか1時間聞いてきた。『漆』という木は、普通樹木はすべて『木篇』で漢字表記されるのに『漆』という漢字だけは、水偏の漢字で『木』が上に乗り、他の樹木とは扱いが違うところから話は入っていく。カリンバとはアイヌ語で『桜の木の皮』という意味で、近くにカリンバ川が流れていて、その周辺から縄文時代(3000年前)の漆製品が大量に出土した。漆塗りの櫛がたくさんある。この場所にはたくさんの漆の樹木があって、木々の皮に傷をつけて、垂れてくる樹液を集めて漆を採取して、工芸品に仕立てる技術者がいたということになる。漆の木1本で15年間で約150ccを採取し終われば枯れる。だから漆製品をたくさん作るためには相当の漆の木々がないといけないと先生は言われ、現在は岩手県で多く栽培されてはいるが、需要をまかないきれてはいない。国産の漆はわずか2%でほとんどは中国からの輸入に頼っている。『蒔絵』は中国にはない技術で世界で唯一の漆の使われ方であると。

私の住む町にはカリンバ遺跡という国から文化財指定を受けた縄文遺跡がある。郷土博物館にたくさん出土品が置かれてある。

自分が偶然住んだ町に、こういう縄文時代の数々の遺跡や土器が埋もれていることに気づくと、孫が生まれて未来につながる感覚を覚えるのと似ていて、過去に生きた人々に親近感が沸いてきて、そのDNAを私も引き継いでいるんだという気持ちになる。室瀬先生の話では、漆を使った蒔絵が奈良時代に突然始まる。その前に、何かあるだろうと探すがない。ある日突然現れたという表現をしていた。生物学の泰斗今西錦司さんが、『なぜ二足歩行を人類はしたのか?』という問いに『ある日突然立ち上がった』と答えたことを思い出した。時間の順序での進化論ではないと。室瀬先生も漆の技術について、その採取、その保存、乾かし方など現代と縄文ではほとんど差はないとも発言していた。私たちはいつのまにか直線的な時間は人間を進化させて、賢くなるとどこか思っていないだろうか。しかし、現代を見てみると『人間はむしろ退歩しているのではないだろうか』。有益な漆の話であった。

  1. 少年時代の僕たちにとって漆の木は怖い存在でした。鮮やかな紅葉をつけて目立っているのですが、間違って触ればたちまちかぶれ、触った手でオシッコでもすればチンチンも腫れあがるからです。そうなれば決まって谷川に生息する沢蟹を探して捕まえて手ぬぐいにくるんで石で潰してその汁をかぶれた箇所にトントンと塗るのでした。それほど強力な漆ですから一旦乾けば相当なコーティング効果があるのでしょうね。当時はお祝い事や法事などの集まりには漆塗りのお膳やお盆やお箸やお椀も使っていました。何処の家にも大切に仕舞われていましたね。

  2. 縄文時代にも既に漆の技術があったなんて驚きですね。今も健在の漆工芸ですから歴史ある伝統工芸と言えますね。最初に発見した人は今ならノーベル賞ものでしょうね。

  3. 今では漆に似せたプラスチックの容器やお盆や升などがほとんどですね。100円ショップ辺りでも似たようなものが売っているみたいです。

  4. 私の第二の故郷の福井県は小浜あたりに若狭塗があります。綺麗な貝のかけらを散らし漆で仕上げた工芸品です。箸単品もありますが、夫婦箸などは二組の箸そのものも、収める木箱も貝を散りばめた漆塗りです。我が家にもありますが、綺麗で気に入ってはいますが、普段は余り使っていません。

    • 漆の木は現在は青森か岩手にたくさんあって、それでも現在は中国からの輸入に頼っていると講演者は言ってました。貴重な漆の芸術ですが、たくさん後継者がいるといいですね。私も輪島への新婚旅行で、宿泊先の旅館で夫婦箸をもらいましたが、使ったことはありません。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>