今月の1日に『監視カメラに溢れる街中』の話を書いたら、先だって私のところに『社長が職場内に監視カメラを設置して、全員を監視する。ズーム機能も持たせて、パソコンの開いている画面を社長室からチェック』する発表があった。『ここまでやるか!!』と怒りの弁を私にまくし立てていた。社長と社員の信頼関係がなくなればこうなってしまう実例だ。売上げが増えず、社員は仕事をしているのか不信感に固まった社長が打ってきた手がこれだ。

この次は『誰が何を話しているか』のスパイ合戦が始まりそうである。これって人権問題に発展しないのか?大きな工場や病院、私の母が入居していた老人ホームも『家族の了承のもと、転倒やトイレで倒れないか監視するためにカメラをONにしたが』、また万引き防止や不正なATM引き出し、交通事故の場面や車の混み具合を監視する道路上のカメラならわかるが、狭い30人規模の社員全員をす室内で監視するカメラって、気味悪い現象ではないだろうか?それを監視する社長を監視するカメラを社員がパソコンで見れればいいが、一体、何をしに毎日会社へ出てくるのか意味がわからなくなる。

営業も持ち歩く会社支給のスマホで現在、どこにいるか位置情報は会社に把握されている。これに頭の上にドローンが置かれ、絶えず自分自身、可視化される世界に投げ込まれると思えばいい。耐えられるれるだろうか?無視して日常の仕事をたんたんとこなせばば良いという人もいるかもしれない。しかし、会社の経費でカメラを導入して工事費を負担するわけだから、それを稼ぎ出す社員への裏切り行為ではないか。ますます、忌避される社長になり、未来暗し。意見を言える人が誰もいなくなる世界は怖い。『1984』の世界が現実にできている。人間が作ったもので自分の首を絞める。気が変になる社員が出てこないことを願うのみである。

さらに自分の殻にだけ閉じ、情緒不安定になり、仕事上のミスが頻発する惧れもある。ミニナチス帝国が国家レベルから企業や学校、役所にも蔓延していないか?しっかり点検したものである。もともと自由への希求が全然無い人なら、言われたことだけハイハイして、給料日まで1ヶ月我慢我慢で生きられるだろうが、筆者みたいな素浪人・自由人には耐えられません

  1. 社長室に閉じこもらず、社員と同じフロアで一緒に働けば、お互いがよく見えて、しかもカメラなど設置の必要も無くクリアな環境になりますね。それに社員の行動どころか、社長自身の行動も社員に丸見えですからおちおちしては居られなくなりますよ。私の場合ですが、かつて支店長や所長だった頃は社員と同じ営業もしてノルマもありました。今は独立していますが、社長職など関係なく営業や制作に追われています。社員管理だけの社長なら、むしろ社長も働いて、カメラに役割を任せたらどうなんですかね。アメリカの広告会社などでは社長がディレクターで副社長がコピーライターだったりしますからね。管理ではなく監視だけなら、まるで監獄の看守みたいですね。

    • 外に向う仕事、新しい企画を考案する人、制作する人、たえず勉強をし続ける人が少なくなってきている気がします。営業は給与の高い人が持って来るんだと口を開けて待ってる子供のスズメみたいな人が多いですね。実際、経営者はすべての責任を最終的に負うのでおちおちしてはいられませんが、サラリーマン社長は無責任に生きてますから、使う経費(自身の給与・飲み代金)は半端ではありません。そして監視をしてますから、社風が暗くなる一方。私がこの女性はいい営業に育つという太鼓判を押した女性も退社してしまいました。給与は高くても20代ならばそれだけで生きるわけではないので、耐えるにも限度がありますからね。いまはどこの社内も自由な社風は絶滅危惧種みたいです。コネ入社も多くて(おれは○○の紹介だ、何かあると言いつけてやる)、親や紹介者をバックに無能をさらして他人に迷惑をかける人が闊歩していたり、この場合、歩く監視カメラみたいな存在です。戦前の5人組や特高警察、現代のスパイは形を変えて役場や企業に人間がカメラ化して生き延びてもいます。DVDでブラッドピット(マリアンヌ)を見ましたが、結婚した相手が実はドイツ側のスパイであったという悲しい結末でした。ここまでいかなくてもSNSで瞬時に人の動向を報告できる武器を持ったがゆえに不寛容な社会や企業がどんどん増殖していますね。私もカメラ化しないよう気をつけたいものです。噂話、芸能ねたも映像ない口がSNS化されていることに気付いている人は少ないです。

  2. 中国か?台湾でしたか?コンサート会場の大勢の観客の中から犯人を識別して逮捕にカメラが活躍したケースもありますね。個人を識別する事やクルマのナンバーを読み取り顧客対応したり、イギリスでは渋滞緩和のためのナンバー識別での交通規制もやっています。今やカメラはスマホやドライブレコーダー、自動ブレーキシステム用も含め有りとあらゆる所に存在します。道路や宇宙からの監視カメラも含めれば、私たちは常に監視されているのと同じですね。何事も起きなければ必要ないのですが、近年は事件も多く効果的な場合もありますね。

    • 私は戦前の歴史を人より勉強したと自負しているし、日本社会の相互監視システムが部落差別や排他的な人間関係を構築して、たくさんの人を投獄したり、殺したりする歴史を学ぶと、カメラという機器が同じような働きを、戦前と変わらぬメンタリティの持ち主たちが(犯人探しの名の下に犯す確率のほうが高い)と読んでいるわけで、これは一貫して私のブログの底流に流れているはずです。一つや二つの功のために100の罪を認めるわけにはいかないのです。ネットもいずれそういう時期が来ますよ。便利の裏側に張り付いた大被害が襲うと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>