札幌の街

長年、営業をしていて感ずるのは「自分のことは棚に上げたとき、自分を含めて饒舌な人が多い」こと。たとえば、会議で自分の部の数字が悪くて、その追及が終わると、やれやれとばかりに他部の数字についてあれこれ原因追及を始めたり、キツイ質問を浴びせる人は多かった。「その悪い原因は?」「あの新人にもっと飛び込みさせないと」。自分が一度も飛び込みや、お手本営業をできない人に限って、なるほどもっともという話をして、上司をうなづかせる輩(女性を含めて)がワンサといた。営業の命は、数字といっても、辞めて行った同僚を送別した後、彼の持っていたスポンサー(数字)を誰に分配するが話題になる。このクライアントは担当者が癖のある人で飲酒の付き合いもあるから、下戸の彼には合わないとか、数字・売上の奪い合いが必ず始まる。これが時間とともに、職場環境を良くしたり、悪くしたりする。特に地場の中小の企業は、毎月毎月の数字会議で、悪ければ即倒れる、賞与はないぞといって社員を脅しながら経営をするから、自分が生き残るためには、汚い手を使っても数字の確保に執心する。


ただ、数字のいい営業マンにもやがて、たそがれが訪れる。取引先が別会社へ移行したり、倒産でかえって会社に迷惑をかけることになる。そのときは、「どうするのだ?この売り上げに代わるスポンサーを見つけらるのか?」と手厳しい罵倒に代わる。私が後輩に伝えてきたのは、「小さくてもいいからたくさんのスポンサーを持ちなさい。そうすると、落ち込みのクッションになるから」と。「興隆の原因と没落の原因は同じ」(塩野七生)。大きな売り上げほど怖いものはない。 いつも無くなったときの恐怖感にさいなまれ、売り上げがないとリストラ(配置換え)の恐怖に怯え、営業マンは心休まるときがない。それを見かねてせいぜい、「営業って、数字・数字で大変だね。体に気をつけて頑張ってね」と総務あたりから励まされるくらい。お世辞だね。


営業で失敗して、総務や管理に配置換えになったら、かえって営業マンに超手厳しい人間に変貌する場面も見た。特に、売り上げの多い営業マンのスポンサーが倒産でもしたら、同情よりも「倒産するくらいなら、初めから仕事なんてしない方がいい」と過去の数字のなかった自分をこの時とばかり、正当化する発言を平気でする。


あるとき、私は彼に「自分が営業マンのとき、ほかの営業マンにずいぶん助けられていたじゃない?」と言うと、「立場代われば、考え方が変わる」と弁明。しかし、トップの交代とともに消えていった。現役の第一線の営業を離れたから書くこの私の文章が、実は一番たちの悪い「自分のことは棚に上げて、饒舌な人」なのかもしれない。

 

  1. 「他人の顔は見えても、自分の顔は見えない」と言うことですね。対象を見つければ、批判は外に向けて容赦なくエスカレートしますが、後で冷静に内容を考えてみれば、ほとんど自分にも当てはまるような事ばかりだと気づきますね。鏡を見れば自分の顔も見れるように他人様は自分を映す鏡のようなもの。批判の前に「人を振り見て我振り直せ」ですね。

  2. 棚に上げる「棚上げ」は都合の良い行為ですね。借金の棚上げ、問題の棚上げ、など目先の問題を一旦無いものとしてしまうなんて気持ちは楽になるでしょうが本当の問題解決にはなりませんね。本人が棚上げと思っていても、棚に上げられた側の人は忘れていませんからね。仕事のスケジュールなどでは複雑なものを後回しにして、とりあえず簡単なものから先に片付けるなんて事はよく有りますけどね。現代人は、棚上げとは言わなくても何かにつけ「とりあえず」のフレーズを多用しているのも現実ですね。

    • なるほど、私も多用する(とりあえず)は、そういう棚上げ的な意味や行為でもあるのですね。いままでの議論はそっちにおいてとう前段がありますから。

  3. 他人への批判や悪口は「天に向かって唾を吐く」行為だと昔から言われていますね。すべて自分に降り掛かって来るとの戒めですが、批判や悪口や他人の不幸は蜜の味とばかり、有る事無い事も尾ひれを付けてどんどん増幅しますね。噂は噂を呼び、真実とかけ離れ、とんでもない大きなフェークになって一人歩きする事も有るのではないでしょうか。人の口に戸は建てられませんが、今では口コミにも増して「どこでもカメラ」で監視カメラだらけ、携帯カメラだらけですからこれも一つ間違えば怖いですね。

    • 不安をたくさん抱えると噂やたくさんの悪口が自然に入ってきて、どこかで吐き出そうとします。誰か敵を見つけて、特定個人へのイジメにも発展します。その人を排除することで残りの仲間の団結心が強まります。幼稚園から職場、地域社会まで貫徹しているイジメの背景です。現代も脈々と流れています。ラインやSNSで不安な人は言葉を飛ばし続けます。特に、過去、いじめられた経験がある人ほどエスカレートは激しい傾向にあります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>