自殺について(札幌市の場合ほか)

私の親戚に2名、友人に1名、営業の取引先社長に3名、近所の知り合いで2名の自殺者がいる。それ以外にも、半分、人生を投げて生きている人もいて、彼はある朝、脳梗塞で死に至った。私にとって、自殺者は身近な存在である。特殊なことではない。特に欝になった人の自殺念慮は強い。最後に私に会いに来てその直後自殺した人もいる。目が血走っており、危ないと思い、2階に布団を引いてパンを食べさせ、落ち着かせようとしたが、車で走っていって、林道で排気ガスを室内に引いて還らぬ人になった。

そういうこともあって、先日、札幌市のこれからの自殺対策を考える会議を傍聴する機会があったので行ってきた。札幌市は1年間に320人前後の自殺者があり、1日約1名の人が自殺している。当日は、精神科医や看護士の会、大学の精神科医、いのちの電話にかかわる人、自殺者家族を支える会や、精神病院を経営している人、大学で学生の精神面をケアしている人、道警本部、患者を搬送する札幌市消防局、それに札幌市の関係者が出てきて、全員が公平に自分たちの立場から、昨今の自殺事情や未遂の多さや家族関係、イジメや社会構造、雇用問題、周囲の無理解など思い思いに語っていた。1年間に「いのちの電話」を利用する人が札幌市で1万1000件、そのうち「死にたい」コールが2000件との発表もあった。若いときは「死ねば楽になるわ」と感じることは誰しもあるが、友人たちと遊んでいるうちに消えてしまう。

林達夫のエセイに「子供はなぜ自殺するか」という文章がある。(思想の運命 中公文庫 278p)この中に、*ニール*という教育家が、「何が子供を病的にするか」に答えて「それは多くの事実についてみれば、両親の不和な場合である」「病的な子供は愛を求めている。それなのに、家庭においては愛がない」ルナールの「にんじん」という本も両親の不和から作られた「愛なき」家庭の不幸な所産であり、同時にその受難である・・・とする。「あんまり不幸だと自殺する子供もある」(にんじんの言葉)。にんじんのお父さんが話す言葉・・・

ルビック(にんじんの父):お前は生まれてきたときは、お母さんと俺との間はもうおしまいになってたんだ。

にんじん:僕の生まれたことがパパとお母さんを仲直りさせればよかったのになあ。

ルビック:駄目だ。お前の生まれた時はもう遅い。お前は俺たちの最後の喧嘩の真っ最中に生まれてきたんだ。二人ともお前なんか生まれて来てもらいたくなかったんだ。・・・(同書284p)

話を筆者が傍聴した会議に戻せば、統計上、昨年は自殺者数が3万人を割ったと言っているが、実は死因不明や引き取り手のない遺体が全国で多いと道警の人が発表していた。それをも自殺者と考えたら決して減ってはいないのである。最後に一言のコーナで、ある精神病院の院長から「死を美化する風潮が映像や漫画や日本文化の中に色濃く反映されていることは問題だ」「自殺報道のメディアのあり方、センセーションに扱い過ぎて、自殺は殺人同様、模倣されるので(岡田有希子の飛び降り報道で真似する子供が増えた事例を引いて)テレビや新聞の抑えた報道を促していた」。

この日は、報道席を設けたが、出席者はゼロ人だった。午後6時半開始で終わったのは午後9時を過ぎていた。NHKのEテレで、このまま撮影して番組にしても十分耐えられるディスカッションであった。生々しい討論会、会議発表であった。家族を自殺で失い、慰める会の人も、「行政が家族に踏み込んで、自殺予防の話を聴こうとしても拒否される、そっとしておいて欲しい」と行政と距離を置く人が多いとのことである。

*ニイル:アレキサンダー・サザーランド・ニイル・・イギリスの新教育運動家。「子供を学校に合わせるのではなくて、学校を子供に合わせる」という言葉は有名。

 

  1. 近所にも居ました。大学生くらいの男子で、朝は僕にも自ら挨拶をしてくれる子でした。が、普通の子ではない何かを感じさせるものがありました。その子が或る日突然亡くなったのです。けたたましい救急車の音で騒然となりましたが、既に手遅れだったようです。たった一人の息子を亡くした両親は近所づきあいも無いため詳しくは知りませんが、父親は自衛隊退職者で母親はどこかの病院の看護師長のようです。何不自由ない家庭に見えたのですが家庭に問題があったのか?それとも学校や社会に順応できなかったのか?

    • 私の身近にもそういえばいます。不動産会社のチラシを毎週500枚、戸建に投函するブラックバイト(1枚4円で月に8000円)をしていたとききれいなバラの庭がありました。おしゃれな奥さんがいて、バラの話をしていたら、突然、バラづくりでもしていないと気が休まらないという。その理由は一人っ子の息子が部屋で自殺をして亡くなったというのです。それ以来、夫婦の会話もなくなり、冷え切った家庭になってしまった苦悩を語ってました。メキシカン風の家で立派なのですが・・・。

  2. 我が家にも願望者予備軍の孫は居ますよ。リストカットなど何度もしていますが、これは或る漫画やアニメの影響が大です。病的な内容で実在した小説家たちの名を使った現代版のストーリーで女性の作家のシリーズです。陽気になったり、鬱になったり精神状態が不安定でコスプレなどにも興味を示し始めました。情報源はほとんどがスマホでのネットです。似た者同士の友人?とは夜中でも長電話の会話をしますが、他はほとんど会話はありません。家族は気を使い何とかしようと努力の甲斐なく我が道を行くです。心療内科などにも行ってはいますが、ほとんど効果は無いようです。昔は、藏に閉じ込めて隔離していたのを思い出しましたが、今では藏などありませんから、せいぜい部屋を与えて様子を見るくらいしかできません。否定的な言葉は脳が即座に反応して受け付けませんから認知症患者同様、刺激を与える言動はなるべく避けています。良くも悪くも本人次第ですが、原因は両親の離婚がきっかけでした。私は普通の子供に対する場合と同じ扱いをしています。

    • 心療内科、すごい混みようです。予約を入れたくても入れない状況が市内中心部の精神内科でずっと続いているみたいです。医師と患者さんとの相性がありますからね。河合ハヤオさんは、黙って聞くことに徹していましたから、アドバイスする医師より、聞くだけの医師を探せればいいのですが。行っても抗鬱剤をくれるだけです。

  3. 命令されたり、窮地に立たされ自殺する日本古来の武士道の切腹もありましたね。今なら汚職や贈収賄などで自殺も稀ですね。僕の又従弟が選挙違反に絡んで灯油自殺を図り失敗しました。その時の心情は切腹にも似ていたのではないかと思います。顔にも痛々しいケロイドが残りいつもタオルをかぶって隠していました。いい兄貴分で悪事などするわけがないのに利用されたのでしょう。余りにも純粋さが仇になり家族が居ながら自殺まで決心したのだと推測します。暫く会ってはいませんが、立ち直った彼は誰とでも変わらない態度で接してくれて、むしろ他人の世話までやくほど気も使わせず、とても助かります。

    • いまの政治家や官僚に、腹の座らない人が多くなりました。別に座らなくてもいいのですが、もう少し自分の言葉で語ってほしいし、税金を食べている現実認識だけは持っていて欲しいですね。自殺を図る人は実際の自殺者の10倍の人がいると言います。病んでしまう社会になってしまいますよ。これに貧困と未来への展望を開けないとすれば、若い人を中心に怒りがどこかで爆発するかもしれません。自分の責任には向かわないで、政治やその仕組み、教育制度など外の社会に向けて欲しいと思います。自己責任論は早く捨てて欲しいです。

  4. 自殺をほのめかして大阪からやって来た後輩を泊めました。思春期の事故で目や耳にコンプレックスを抱えていた彼は終始深刻な表情で翌朝には襟裳岬に行くと言うのです。彼とは一緒な下宿で暮らした事もあり性格は良く知っていました。何かにつけ僕の真似をしたがるので突き放していたのですが、最後に僕に報告するためなのか北海道まで来ました。彼のハンディは同情しますが、弱い精神は成人しても治りませんでした。そこで僕は思い切って「襟裳岬に行きたいなら行って来い!」とまた突き放しました。彼は意外な答えに戸惑ったかに見えましたが、翌朝我が家を出ました。翌日の午後電話があり札幌市内でお茶を飲んだ後札幌駅で見送り大阪に戻しました。その後、彼からは連絡は無くなりました。きっと冷たかった僕を恨みながらの旅だったとは思いますが彼が本当に襟裳に行ったのかは不明です。少しは強くなって大阪で今も暮らしていれば良いのですが。

    • 元気に生きているといいですね。強い人間なんてそうそういるもんじゃありませんから。強そうに見えているだけ。弱そうに見える人がけっこう頑固で粘り強い人も多いです。でもそれぞれに孤独を抱えているわけで、しかも一寸先は闇。死は背後から襲ってくるみたいで、前からはどうも来ないような気が最近しています。生まれたときからすでに死が一緒についてきていると言ったらいいのかわかりませんがね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>