定年になると渡世の義理は親しかった人の葬儀くらいで、会いたくない人に無理に合わせる必要はないはずだと思うが、男社会で長年生きてきた多くのサラリーマンは、『慣性の法則』が働いているのか、現役時代の延長の人間関係を守ろうとする人も多く身近にいる。筆者が勤めたときの社長がニセコ近辺に別荘を作り、月に何回か札幌にやってきて、昔の飲み仲間を集めては居酒屋に4~5人集合する。支払いはどういうわけか、その中の役員(社長のお蔭で役員抜擢)が毎回払っていた。役員は数年前に離婚されて、退職金も半分取られ、年金も減り、そんなに楽な老後ではなかった。当日、そこに居合わせた人から聞いたのだが思い切って役員は『社長、割り勘にしませんんか?いつまで私が払うのですか? 』社長『今のお前があるのは誰のためだと思っているのか』と威張られたらしい。すかさず知人が『○○さん(社長名)!それは間違ってますよ。お互い、現役を引いた後は対等ですよ!割り勘が正しいです』。しかし、この晩も元役員は社長の分を払ったと言っていた。お金の支払いのときにその人の性格が良く出るから注意したい、育ちやある意味価値観がしっかり出る。女性同士なら100%割り勘で生きているのは賢明だが、男同士はむつかしい。払っても領収書をしっかり取る人は低く見られるし、あまり大盤振る舞いは『無理した見栄坊と!』相手から『ごちそうさま』と言われながら、腹では馬鹿にされていることも多い。自由にタクシーチケット使えたころの筆者は、ホイホイ配っていたから『景気いいねえ』とおだてられいい気になっていたものである。先ほど、別荘を構えた社長とも何度も居酒屋で飲んだが(私は酒量は少ない)払う段になって『君には○○飛行機の株主優待券を何枚か上げたはずだから、ここの支払いの三分の二を払え』と命令口調になった。この人は、自分で汗水垂らして相手にしてあげる人ではなくて、人事権や企業の持つ株主優待券やゴルフ場会員権を利用して『得をする』人生選択をする悲しい人なんだ、死ぬまで気付かず人生を終える人だと思えた。70歳を過ぎて、まだその価値観から抜け出せない。東京で仕事中のゴルフ遊びと女で失敗して札幌に飛ばされてきた社長である。江戸の仇を札幌で果たしてきた輩。しかし、似た者同士相憐れむのも真実で、元役員も評判が良くなかった。私の懇意にしている居酒屋での送別会で、女子大生に開口一番、『君は男をまだ知らないのか?私の長男が独身なんだけどどうだね、付き合うかね』だ。金輪際、この男との付き合いは止めたのは申すまでもない。社長も社長なら元役員も役員である。

  1. 逃げるが勝ち。

    お金と食べ物の恨みは根が深いですね。払う段になってトイレに行ったり?、毎回、今日はうっかり財布を忘れたとか?席を立つのを遅くして払わせたり、払う払うの押し問答ゼスチャーだけで最初から払う気が無かったり?。と、そんな場面には何度も遭遇しています。払う気が無い人と分かれば,最初から覚悟していなければいけませんね。それともこんな手は如何ですか?携帯に緊急メールが入ったとか言って中座して自分の分だけ払って逃げるなんて手は?

    • 私の後輩で、支払いになると、先輩が財布を出すと、のんびり自分の財布を出すふりをするといいよと後輩にアドバイスをしていた人がいました。本人はランド・ローバーを2台持ってましたね。競技用のローバーもでした。少年時代に、父親の会社が倒産してから極貧になっから人生観が変わったみたいです。同情もできますがね・・・・。大した額ではないしね。

  2. OB会などは定年後の自慢話と病気の話ばかりで、それも毎回同じ顔ぶれだと、同じ状況の繰り返しで嫌気がさしますね。そんな群れからは早く離れた方が精神的に健康になれますね。年取れば誰しもどこか具合が悪いなんて当たり前ですから、病気とも上手に付き合って生きるしか無い訳です。嘆いていても治らないですから、病は気からの通り気持ちだけでも明るくしていたいですね。

    • 歳を取ると、せめて10才は若い人や旅人と話すと刺激になりますよ。意外に、向こうも違うカルチャーの人とのお喋りを楽しむ人多いですよ。

  3. 嫌な上司とは縁を切りました。嫌な部下とも縁を切りました。前者はずる賢く、後者もまたずる賢こかったからです。両者には散々利用されて、何一つ貰った物は無かったですね。そんなケースはむしろ前者よりも後者に多かったですね。お茶代から飲み代から仕舞いにはお金を4万円せびられ、貸したと思っていたら返って来なかったですね。仕事のうえでは、気の毒で僕の売り上げをあげたりしましたが、それが当たり前になって毎回せびられました。鶴の恩返しでもないですが。昔の教育を受けた僕は、恩は返すものだと思っていましたが、今では恩はアダで返すものなんですね。恩返しなど期待してはいけないなどと宗教では教えますが、気持ちだけでもいいから返して欲しいですね。どうやら僕は幾つになっても仏にはなれませんね。

    • 恩はアダまではないですが、ありがとうという一言あれば緩和されるのですがね。特に前の会社で制作から営業にイヤイヤ出た先輩がいました。営業なんてしたことなから〔売り上げをもらうのは当たり前)という感覚で、先輩風を吹かれて嫌になった記憶がありました。制作室時代も外注者に威張ってましたね。ただ、制作室内では能力高い部長から馬鹿にされてましたから、制作室のかたきを外注者や営業の後輩へストレス発散ですね。

  4. ホテルで食事をしましょう。と誘いの電話で行くと、好きなものをさっさと頼んで、料理が来るや「今日はごちそうさま!」と。ふざけた野郎です。若干年下ですが、そいつには自分が勤める会社への就職の斡旋までさせられたり、散々な目にあわされました。最後はクライアントと揉めて会社を辞めましたが、彼の送別会では女性社員相手に酒の勢いを借りてスケベな話ばかりで人格を疑いました。後ろ足で泥をかけたそいつとは街で遭っても知らんぷりをしています。世の中には嫌な奴は多いですね。

    • 払わない人で、食べれないくらい料理を注文して大量に残す人もいました。私は注文した食べ物は全部食べるので肥満になりました。テーブルに大量の料理が並ぶことで満足を覚える性格なんでしょうね。支払いは考えずに。

  5. 私の場合は生涯、定年は無いですが、定年で遊んでいる人たちを見ると羨ましい反面、まだまだ働けるのに?とも感じますね。定年後は毎朝散歩だとかジョギングやスポーツジムとか趣味のオートバイでのツーリングだとか寺社仏閣や史跡を訪れて歴史のお勉強だとか結構忙しいのかも知れません。家でじっとしているよりは、身体を動かしているだけでもいいのかも知れませんね。

  6. 寸借癖の彼は街で会うたびに千円、二千円とせびります。趣味のジオラマの欲しい本があったがお金が足りないからとか?給料が安いからとか?が理由でした。ところがある日彼の本当の姿を見てしまいました。アパート経営をして土地を沢山買っていたのです。おまけに新川から大通までの自転車通勤はカモフラージュで、実は素晴らしいオートバイに革ジャン…サングラスで颯爽と走っていたのです。おかげで、彼の資産運用のために協力していたとは?情けなかったですね。こちらが金欠病になりました。

    • ケチはお金が全然ないか、大量に持っているかのどちらかかもしれません。たぶじん彼の両親が基礎作りをして、自身は何も実は稼げてないような気もしますが・・・。どうでしょうか?アパート経営は現在は、むしろ負債を負う職業で、さっさと手放したほうが賢い生き方ではと思います。空き部屋があると収入も減り、金融機関からの融資への支払いが滞るし、周りにもっと快適なアパートができれば移りますから。私の知人で生活保護者だけを対象にしたアパート経営をしている人がいました。安い代わりにここから他へ移動できなくなるような所得の人だけを対象にした貧困ビジネスですね。自分はベンツを乗り回しています。毎月ハワイへ。付き合うのを止めました。何人も彼を切りましたね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>