10年前の話。中学の同級生が証券会社の役員をしていて、彼が『銀行の株主総会に出たことがあるかい』と聞かれたので『一度、様子を見てみたい』と言うと出席できるチケットをくれた。するとびっくり、ご老人の会ではないか。杖をつく人も多いし、圧倒的に男たちだ。ひな壇に銀行の役員たちが並んで決算の報告をする。説明が終わると『何かご質問はありますか』。『はい』と手を挙げるおじいちゃん。『銀行の職員は給与が高過ぎるので、それを配当に回していただけないか』。パラパラと拍手。

配当が増えるともっともっと欲しい、少なくなると配当を上げろ、損をしたら金返せ・・・株をめぐる古典的な図式。リーマンショックで資産運用に大幅の赤字を出した大企業が、自社株の幹事証券会社に『損失を補填しろ』と命じて補填させた強盗企業が幾つもあった。株主総会に出ていた老人たち、失礼ながら、たくさんの未来時間があるようにも見えない。十分、生き切るまで暮らしは成り立っているはずだが、『金銭欲はとどまらず、残すは子孫に財産争いか』などと貧乏人の私は思いながら総会会場を出た。

株には詳しくないが『絶対に損はしない大幅に儲けられる株』というものがあって、勧められたことがある。何でも90人くらいの日頃お世話になっている人にだけ『お知らせする株』らしいのだ。先立つ余裕の金もなく断った。こういう株を証券マンは妻や子供名義で買い、儲けるらしいのだ。そして当然、口をつむぐ。寡黙になる。寡黙が過ぎて退社するケースもある。同級生の役員をある日訪ねると『辞められました』と。『えっ』。知り合いの女性が私に『あの人のことについてあれこれ聞かないほうがいいわよ』。闇の世界だ、株や証券は!天国地獄を覗きたければどうぞお入りくださいですね。金利が超低いので、金が証券へどっと流れている。そこが地獄の1丁目にならぬよう。パソコンでネットで株を売り買いする人も多い。目の前に迫る投資会社によって引き起こされる金融の大危機の波をかぶる前に退散を。

  1. 株と言えば、一時、素人が夢中になった時期がありました。ずっと前の職場で、同僚のデザイナーが昼になると単独で行動するので?調べると、何と?昼食どころか、証券会社の電子掲示板を見に行っている事が分かりました。今では店舗に行かなくてもネットで調べられるのでしょうが、当時は新聞か掲示板でしたから、リアルタイムの電子掲示板を見ていたのでしょう。彼は相当額儲けたらしく羽振りが良くなりました。そのうち、しがない会社勤めがバカバカしくなったのか辞めました。数年後の事、街で拾ったタクシーに乗ると、どこかで見かけた運転手でしたので、社内の名札を見ると、何と?あの彼でした。「今でも株はやってるの?」「いやぁ~大損こいたから止めたさぁ~」と。借金でもしているのか?そんな感じでした。

    • なんでも止め時が一番難しいそうです。私もパチンコにはまり、いまでは2か月に1000円くらいです。株は下手したら自己破産ですからね。夢よもう一度で再度挑戦する人も多いです。以前、在職した会社の社長は朝から電子掲示板で『お宅の社長、また掲示板見ているよ!』と笑われたものです。いまはパソコンで秘密裏にやれるから怖いですね。ある日突然、大富豪か貧民に成り得ます。

  2. 株も趣味のうちなのか?。クルマのディーラーさんの次長さんが、PCで株をやっていました。相当儲かっていたのか、輸入車をとっかえひっかえ買い替えたりしていました。冬の或る日、道東に居る息子さんが冬道で交通事故死しました。その事故の直後に会社を辞めてしまい、故郷の小学校の用務員になりました。株も止めたようです。

    • 凄い人生を送ってるような気がします。平凡がいかに難しいかでしょう。黒澤明が『普通に生きることが一番難しい』と孫に言いました。有名にならなくてもいい、普通がいいと黒澤明が言うとずしんと響く言葉ですね。事件に遭遇しないように、危険から回避する人生はあります。背中の気配とかいろいろありますよ。

  3. 株主優待券だけで暮らしているオジサンをTVで見ました。東京都内をママチャリで飛ばして優待券で食事をしたり忙しく飛び回っていました。いろいろな銘柄の株を持っているのか、訪問先も様々です。ほとんど現金を使わず優待券だけで暮らしているのには驚き感心しました。

    • 私からみたらケチな人生に思います。お金の本質は運動にあるので、使わないと死んだら遺産相続トラブル残すだけですよ。どこかで困ってる人にきっと寄附などを見えないところでしていますよね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>