隣の人へ親切な人がグローバルな人材になる

be86cs-i

いまや高校・大学・私立の小中学校まで、「グローバル人材育成」が校是みたいな念仏のように文字が躍る。いつごろからこんなにうるさく叫ばれるようになってしまったのか。中学のときに英語の辞書で「グローバルスタンダード」という書名があったくらいで、あの時代は「国際人」という言葉が流行った。その次が「世界市民」(コスモポリタン)だ。

バブルの頃から、証券や世界金融、海外へ出ていく輸出産業で働く人の促成栽培を、経済界が教育界へ要請して、それを何か国策のような気分で働きかけたのではなかったか?必要になれば覚えるのが物事で、生涯、グローバルには生きて行かない人が圧倒的な多数を占める世界中の国々で、強迫観念のようにメディアはじめ名の通った学者まで「お経のように」「グローバル人材育成」を語り出す。そういうあなたはどうなのと聞きたいくらいだ。

私の意見は、学校でも職場でも隣の人へ親切にする習慣を若い時から教える方がよほど大事だと思う。お父さんの転勤で海外で暮らさざるおえなくなれば、隣の人は〇〇国の市民で挨拶をしなければならないから、自然に小さなときからそこの言語を覚える。親切心は万国共通だから、友達もできやすい。いろんな話題や遊びも入ってくる。そうやって育ってきた人が日本じゅうわんさかいる。小さな民間外交官で、お母さんもそうだ。

私は狭い世界しか知らないけれど、36歳で初めて海外勤務をした娘婿がマレーシアで車の製造をマレー人に教えて1年ぶりに帰ってきた。娘の幼稚園で私立ゆえか英語の授業があって、どこかの国からやってきた教師の英語を聞いて「全部、何を言ってるかわかるよ」と。教えられたマレー人が1台の車が完成した日、大阪から社長が来て、教えられた感想を英語で述べたと。帰国時には彼のために大々的な送別会が開かれて、父親を待つ娘へマレーの民族衣装がプレゼントされた。

こういう友好が一番なのだ。別に肩肘張ってグローバル、グローバルなんて叫ぶことはなくて、昔のことわざどおり「郷に入ったら、郷に従え」でいいのではないか。私はそう思う。異国へ行く前に、それぞれが生きる空間の隣の人へ親切に振る舞うことを往々にして忘れていやしないか・・・。何か所かの職場を渡り歩いてきた私が見てきた現実を語らせてもらえば、グローバルな無礼な人材にはなるなと教えたい。

それは外交でもいえて、孤立しないためにも隣の国の人とは仲良くしなければいけないのは、軍事費を減らして、その分を民生、国民の暮らしを豊かにし、生命財産を守る国是にしてきた敗戦後の私たちの祖先の知恵だった。いつのまにか狂ってしまった。そんな気がする。

とはいえ、実は家族の中が一番「親切」から遠く離れてしまって難しい状況でもある・・・・・。家庭内犯罪が多発している。「I LIKE YOU」が適度な距離をもって母から子へ、子から親へと伝わっているか疑問だ。隣の人へ親切にすることが一番欠けているのが書いていて、家庭内のような気がしてきた。

  1. 親切に慣れて居ない現代人は、見ず知らずの人や、顔見知りでも交流の無い人からの親切は警戒しますね。何か下心が?或いは騙されるのでは?と。確かに巧妙な詐欺事件は多発していて、警戒心の無い昔の人たちが騙されて痛い目に遭っているのは確かですね。隣近所づきあいが無くなったのには、それだけ警戒しながら暮らさなければならない社会になってしまったのも原因でしょうね。以前、東京から息子夫婦が子供を連れて移住して来た時の事、東京では周囲に警戒しながら暮らしていたはずなのに、札幌に来て、大都会とは違うと思ったのか、つい気を許して近所の銀行員の若い奥さんとお喋りをしたのはいいのですが、向こうは根掘り葉掘り家族の内情調査のように聞き出し、自分からは余りさらけ出す事無く、全て把握したうえで向こうから付き合わなくなりました。その後も銀行員の奥さんは近所づきあいもせず、また何処かの家族の調査でもしているのでしょう。多分ですが推測するに、公務員の妻にもよくあるケースで、自分の亭主の職業に差し障りが無いかどうかの判断材料にでもしているのでしょうか。安泰に定年を迎えて満額の退職金をもらうまでは変な人は遠ざけたいと。これでは近所づきあいも難しいですね。近所には銀行員の他に、区役所職員、電力会社社員、などなど近所づきあいの無い、似たケースも沢山居ますね。

    • 昔でいえばちょとお高く止まりたい住人でしょうか?上手に距離を取って付き合えば、いざというときにお互い助け合えるのにもったいないですね。私の隣も電力会社社員ですが、行き来は頻繁でした。風呂の煙突を直してくれたり、孫がいないので私の子どもにお年玉までくれました。旦那が亡くなり、おばあちゃんの一人暮らしが始まって私は毎週土曜か日曜に買い物をしてあげました。冷蔵庫の中で賞味期限切れの卵や牛乳は廃棄して新しい食べ物を買い換えてました。どういうわけか、私にこころ許してましたね。そういう付き合いもやろうと思えばできるという話でした。

  2. グローバルな人間になるには、外国語を習得が必須なのでしょうね。しかし、我が家の山の神は韓国語を習って十数年。韓国旅行などで簡単な会話は出来てもまだまだ完全マスターとまでは無理のようです。それは日常で必要性を感じないからでしょうね。ですから外国語を覚えるなら、外国人のお友達を作りなさいと。僕の中学の同級生にモデルみたいにスタイルのいい超美人が居ました。しかし頭脳の方は並外れて悪かったのです。そんな訳で高校入試も満足に受からず、東京に就職しました。その先と言うのが外国人の家庭のメイドだったのです。暫くして帰省して来た彼女は何と英語はペラペラで別人のように明るくなっていました。

    • 必要が生むものですが、しかし、言語は不平等でなぜ英語がこれほどまでに地上で共通語のように使われるのでしょうか?人口数で言うと中国語とヒンズー語が多いはず。アングロサクソンは、英語を喋るというだけでアドバンテージ持って、それ以外は(学ぶ)労力を課されてしまいます。不思議な地球です。

  3. お昼休みの使者

    グローバルとは、単に語学を学ぶことではないですよね。真にグローバルとは、彼らが培ってきた文化と呼ぶ体系的な知識の理解と受容にあると思います。私の職場も、遂に語学資格の取得が推奨される「グローバル人材」を求める傾向になってしまいました・・・・・・

    • 私の姪っ子の旦那がニューヨーク生まれで、英語ペラペラ(あたりまえ)で中国との交渉とかオーストラリアへ行ったり、活躍してますが、自然にそうなっただけで、本人の努力部分もあるでしょうが、経済で考えればそうなるだけで、文化は違いますね。グローバル経済という投資家にとって、さらに金持ちになる仕組みがグローバルです。韓国はサムソン・ヒュンダイが幾ら儲けても、株主の多くが外国人で彼らが持っていきますから、さっぱり韓国自身に残らず、労働者や中小企業が苦しんでいます。経済の50%以上が輸出に頼ってもいますから(日本は18%くらい)不安定です。その辺のイライラが対日感情へのキツイ反応にも出てると思います。アメリカもグローバルへの疲れでトランプが出てきて、自国回帰を促しています。EUもそうで、極右政党が伸びています。朝刊ではフィンランドのナショナリズム政党が第二党に躍進ニュース。ドイツのメルケルも疲れています(難民受け入れを表明したが、あまりの数に疲れが)。イギリスのEU離脱もこの流れです。EUのほかの国の面倒なんか見たくないのです。スコットランドはグロバリゼーション歓迎で、イングランドから離脱、そしてEU回帰を望んでいます。幼稚園から英語なんて必要ない。自然の中で伸び伸び遊ばせて感性を磨くことが遠い未来、どこの国の人とも付き合える人間になる下地ができます。

  4. この辺で全く新しい分かりやすい単純な共通言語を造れないものでしょうかね。手振り身振りも交えれば言葉は少なくても理解できるかも知れません。第一に言葉を覚えるためにお勉強するなんてナンセンスですね。赤ん坊でも覚えるのは絶えず母親たちが付きっ切りだからでしょうね。

    • 母親が学べばいいので、その姿を子供は見ていて、自然に学びますね。共通の人工言語(エスペラント)がありますよ。ポーランドのザメンホフという人が考えた言語です。作家の島崎藤村か宮沢賢治がエスペラント推奨していませんでした?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>