2018年の出来事で大きなことはやはり家族のことで、病気や手術、放射線治療や治癒であったり退院であったりする。退屈になると「何か面白いことはないか」と動き回る人もいるが、何事もない日常が送れることが実は一番の気持ちの安らぎであったりするから不思議だ。広告代理店での仕事が長くて、たえずイベントや人を集めるために企画書を書いて、せっかく儲けた企業のお金を横取りして、世の人々を「購買や」「行動や」「集客に」走らせてきたことを恥じる。「これはいい物だから買うといいですよ」「これは効果があるから使ってみなさい」「このプランはお得だから他社から乗り換えなさい」。CMアレルギーになってしまった私。CMの世界では「絶対」とか「効果がある」とかは使えないので、あの手この手でお買い得感をアピールする。ニュースを無料で見れる背後に、見た人の個人趣向が反映されて、それに見合った広告が流れてくる。中古のパソコンを長い時間探していると、次の日にパソコンショップ広告が出てきたりする。無料で読む対価がそういうことで反映される。「それで構わない」という人もいれば「不愉快」と思う人もいる。相手に自分のアドレスを教えることは、向こうからどんどんニュースや何かの売り付けニュースを受領することに同意したことになってしまう。そういうサイトが山のように氾濫する時代で、増えることはあっても減ることはないし、それを維持するには莫大な電力が必要である。手前で無料なものは向こうでは莫大な経費をかけて維持をし、修復している。それも軽々と国境を越えていく。グーグルだってウィンドウズだって「アップデートしなさい」とやってくる。トレンドマイクロもウィルスバスターが期限が来てるから再更新のために信販会社のナンバーを聞いて来る。アマゾンでの購買もそうである。一度でも購入履歴があるとあなたの信販カードや銀行口座は自動的に相手に筒抜けになっていることは知るべきである。そこから何が起きるかまたは何も起きないかはわからない。個人情報は保護されているのではなくて、もう駄々漏れの時代に入っていて、要はどう使われるのかが問題なのだと考えたい2019年である。

  1. 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。昨年はご家族の入院や手術と、その後も大変だったんですね。何もない事の安心できる新年になりますようお祈りいたします。ところで新春早々、相変わらずの辛口コメントですね。広告に携わる私としては罪悪感を持って仕事はしていませんが、ともすれば結果的に消費者にデメリットを与えている場合もあるのかも知れません。広告の目的は販売ですが、購買意欲をそそるように仕向ける事で、選択肢は消費者に有るとしてもムリをさせている場合も多いかとも推測できます。それでも商品を購入することで消費者の暮らしに役立つ場合もあるので、そうでありたいと願ってもいます。最近は、クライアントからのネット広告への出稿依頼も増えてきました。ただ、ネットの見えない部分での効果測定などにも不正行為なども出始めていますから全面的にお薦めすることには未だ躊躇しています。ネット広告も既存のマスメディアの長い歴史の中で培われた信用度にもう一歩近づいてくれればと願うばかりです。

    • あけましておめでとうございます。私のところは積雪25センチくらいですが、千歳はもっと少なく、1月末から2月にかけてドカ雪来ないか心配です。除雪は、外に出るまでに時間がかかるようになりました。イヤイヤ除雪。除雪はいままで妻の仕事であったので(笑い)慣れていない私です。1月1日の新聞を見てました。付き合い広告が相変わらず、賑わしています。古い体質取れてませんね。東京で新聞社からテレビ局へ出向した人から(まずはテレビに声がかかり、次にネット、そして新聞へ)というスタンスが良く見えるとメールが来てました。そのテレビも地方局へのCM止める動きが本格的になれば、ローカル局は合併していかないと生き残れませんね。信用組合や金庫、地銀の統廃合も進みそうです。車のメーカーも動きがあるでしょう。すさまじい中国のプレゼンスで世界中が変わってきています。目が離せません。もう小学校から中国語とハングルを選択科目にして、中国人の雇用を増やすのが賢明な国策と思いますがいかがでしょうか?

  2. あけましておめでとうございます。昨年は公私ともに大変な一年だったんですね。今年こそは良い年になりますように。今冬は比較的雪も少なく、戸建ての私たちにとっては除雪の労力も少なく大変助かっています。雪が無ければ良いと思う一方で少雪で困っている人達も多いのでしょうね。世の中には良かれと思うと、そのまた逆もある訳で、その中間でバランスが取れれば良いのですが、自然には勝てませんね。今年は自然災害がありませんように祈るばかりです。

    • 自然には,意志はなくて、ありのままですからね。何事もない幸せを、町の中を暴走する車テロがありました。自然もさることながら、人工も油断も隙もないです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>