60代・70代の男やもめ、難題!

tis-takayuki-ino-medium

 

日本の女性が世界一の長寿になろうと、亭主を残して先に逝くケースも多い。私の近所にも何人か男やもめがいる。

隣に住む60代後半のご亭主は数年前、奥様を亡くされた。隣にはご亭主を亡くされ独り暮らしの奥さん。ある日、男のほうが突然、野菜を持ってきて「これ食べてください」と。「ありがとうございます」で終わったが、それ以来、庭に出ても、すぐに彼が出てきてお喋りをしようとする。

先だっては、近くに寄ってきて「奥さん、顔に変なものがついている」と手を彼女の顔に持ってきた。気持ち悪いやら、怖いやらの毎日を送っている。ある意味、ストーカーに近い。本人はすべて善意から発していると思い込んでいる。上品で趣味のいい奥さんで料理も抜群に上手らしい。以上は筆者の妻の報告をまとめたもの。

私からみて、老いらくの恋に溺れているように見える。戸建て同士で、庭がつながっているから怖い。突然、庭から男が現れないとも限らない。近所の人に、その被害や迷惑を掛けられていると相談すれば、それを根に持たれて、さらにエスカレートするかもしれない。とりあえずは、何かあれば100メートルしか離れていない私のところへ電話くださいと別れてきたとのこと。

男がひとりになってからの人生も長い。することを最低は4つや5つは持っていないと、男の一番弱い部分に走ってしまうキライがある。20代、30代の男のストーカーだけではなくて、老いらくのストーカーも事件を起こす可能性がある。これって、やっぱり交番へ届けておく事案なのだろうか?

彼女曰く「男がいない家はやっぱり不安がいっぱい」と言っていた。返す言葉で妻は「どんな亭主でもいないよりいたほうがいい」と。亭主はつっかえ棒なのか。そうなのだ。老人クラブの社交ダンスやカラオケで色恋沙汰も多いと聞く。人生の先には棺桶しかない、そう考えると今のうちにいい想いをたっぷりしたいと思うのだろうね。スマートに素敵に加齢をしていくことは難しい。おばあちゃん同士、庭で椅子を持ってきて楽しいお喋りに講じている場面は多いが、おじいちゃん同士を見ていると、会社の延長みたいな上下関係を感じられる会話になっていて寂しい限りだ。孤独を楽しんでいる風でもない。私も他人事ではなくて独りで暮らせる、頼ることを最小限に生きていくつもりである。

  1. 数年前に、友人が胃がんの手術後の転移で再入院先の病院で亡くなりました。葬儀は盛大でした。奥さんは彼より若く美人で頭も良い人ですが、泣くどころか笑顔でした。僕は式場を出る間際に、奥さんに「あんたの事は全然心配していないからね」と。どう感じたかは分からないですが、僕としては精いっぱいの励ましのつもりでした。彼女は未だ若いので、再婚のチャンスもあり、彼の残した仕事も継続できるので、心配無いと思ったのです。一周忌と三回忌に自宅の玄関先に果物を置いてきましたが、その後は疎遠にしています。少し気にはなるものの、そっとしてあげるのが一番ですね。この先の彼女自身の第二の人生もあるでしょうからね。

    • 会社からのブログ返信は長くは書けなくてすみません。私の周りも49歳でご主人を亡くされたり、54歳で亡くされたり、50代で自死した夫がいたり、未亡人がとても多いのですが、それなりに上手に生きています。なんといっても子どもたちや孫が来たり、行ったりして活躍してます。男よりはずっと頼りがいのある奥様たちで、見ていて私も学ぶことがあります。水平な会話の習慣です。冗談を言い合う、自分の馬鹿を見せるとか。幸い、大きな組織では働かなかったことが結果として良かったと思ってますが、これが男やもめになったときに(5分5分ですが)学習効果があるかどうか、不明です。

  2. つい二日前に近所に住むカミさんの友人の旦那が亡くなりました。私よりずっと若い自衛隊の内勤畑を退職した人でした。国家試験を取り資格を沢山持っていたので退職後も元気よく働いていたのですが、ある時期から身体の不調を訴え自宅療養していましたが、診断の結果、筋萎縮症だったらしいです。筋肉がみるみる衰え、痩せて体重も30kg台になっていたそうです。市立病院では後数日しか持たないと言われ、ベッド数の関係か退院させられたので、看取りの病院を自宅に近いところに転院した翌日の夜、病院から死亡連絡が有ったそうです。二か月前まではリハビリも兼ねて我が家まで数百メートルを支えられながらも歩いてきていたのですが、人間の命ももろいですね。子供の居ない家で彼女は旦那に頼りっきりでしたから、これからが大変です。幸い市内に姉妹も居るので何とか支えてくれるとは思いますが、女性が一人残されるのはきっとつらいでしょうね。クルマでも運転できれば活動的になれるのですが免許など一切ありませんから自宅に閉じこもって心の病にならなければ良いのですが。明日は通夜です。男女を問わず、いつかは一人になるのは間違いないのですから、今から心の準備が必要ですね。

    • 筋肉萎縮症は多いですね。私も周りにもいますが、遺伝でしょうか?一人暮らしは100%、全員にやっえきますから、現役から準備です。まったくの他人の方がトラブル少なく心強い味方になります。

  3. ストーカー行為はいけません。でも逆もあるかも知れませんよ。独り身になった女性のストーカーなら?どうします?警察に言いますか?それとも?

    • そんなことされたことがないので、とりあえず会ってお喋りして、相手に幻滅される会話ばかりして「こいつアホカ!」と思われるように演技します。それでもダメなときはICレコーダーで彼女の言動を記録しておきますね。いざというときのために。夢のまた夢の話です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>