転職で書く模範の履歴書らしい。

ある文化センターの社長と話をしていて、受付担当の募集をハローワークに登録して募った。男女雇用機会均等法で性別・年齢を相当な理由がない限り公平に募集する。たくさんの履歴書が来るけれど、ある時期から手紙を書いて履歴書を送る人に60歳を過ぎたおじさんが多いことに気づいて、読むのを止めたと言っていた。おじさんは社長である自分ひとりでいいということらしい。


手紙の中身で多いのは、こんな教室を開いたら?とか私はかくかくしかじかの実績があり、文化教室をますます繁栄させることができる話を延々と書かれていて、過去、営業マンの男を採用したがさっぱりダメであったことに懲りたのだ。履歴書が届くと、まず分厚いやつは読まないでポイする。私自身も書くのが好きだから、筆者も捨てられたような気がして社長の話にショックを受けた。多忙な身であれば無駄な労力は使いたくないのも真実だが採用・不採用は社長の判断ひとつなので仕方がないか。


しかし、出す側からみて、長々と書くのも労力の要ることで大変である。履歴書を書いて、写真を貼り付け(ない場合は撮影にお金をかけて)、手紙をセットして投函するまでの営みを考えると、せめて読むだけは読んで欲しい気もするのだ。筆者転職3回目のときに、山のような履歴書を書いて、山のように履歴書が戻ってきた頃を思い出してしまうエピソードではある。


いまは履歴書もメールで送る時代だから、直筆の履歴書は少ないのかもしれないが、どんな企業であっても100%倒産しない企業はないことを思えば、働いていれば病気になったり、会社が無くなったりして、年齢に関係なく履歴書を書くことが出てくる。筆者は若いときには『俺を見てくれ、大丈夫だから俺を採用しないとお宅は損をしますよ』と生意気な男であったが(いまもその片鱗はあるが)、男の顔は履歴書といえるほどの実績もなく、顔もにやけて、いま考えると社会に不満な顔であった。採用する会社があるわけはない。


ようやく見つけたのが地元の広告会社の営業であった。私が採用されるということは、誰かが入社できず落ちているわけだ。入学試験と同じである。4月に入り、新入社員も初めての給料をもらころだ。私は初給与をどう使ったか覚えていない。とにかく結婚するまで貯金はゼロであったから、全部遊び金に消えていた。計画性のない人生であるが、30年経過してパソコンが普及する時代になるなんて予想もしていなかった。『履歴書を相手先に出す』という単純な行為でもけっこう勇気が要る。出さないと何事も始まらない。何でもいいからとにかく出してみよう。相手にどんな人がいるかわかったものではない。


 

  1. かつて募集をかけて履歴書を審査する立場にあった時ですが、履歴書に手紙同封はありませんでしたが、審査で落とした人からの電話はありました。自分の放送媒体在籍時の経歴をさらに誇示して再検討して欲しい旨の内容でしたが、落としたのは前職を辞めた理由が金銭トラブルだったからです。放送業界だけに良くも悪くも情報は早く、広告業界では札付きの汚名がささやかれていました。しかし、さすがに履歴書を返却した人から再検討するようにとの電話は初めての経験でした。返事は「既に他の方で決定しましたので残念ですが」と丁重にお断りしました。

    • 選ぶのもつらいですね。金銭については前の会社で内定をもらった総務・経理の人間がいました。当時は総務が採用予定の人間が働いていた会社を訪ねる習慣がありました。すると会社の金を横領していて「悪いことは言いません、止めたほうがいいですよ」とアドバイスされ、内定取り消しになりました。こういう癖は治りません。履歴書でその人の癖は見えませんからやはり前の仕事での評判は何らかの手段で聞いたほうがいいですね。広告業界で横行するキックバックは景気が悪くなると生活の苦しくなる代理店社員が手を出しやすいですから。暮らしが派手になるからわかりますが。

  2. 年齢の高い人を採用する企業は少ないですね。特に女性を募集しているにも関わらず男性が応募してくるケースも困りますね。男女差、年齢に関する表現が出来ない事の弊害ですが、例えば明らかに受付嬢の女性を募っていても叔父さんや叔母さんが募集して来る事もありますね。その場合のお断りする理由や言葉にも気を使いますね。

    • 相当な才能と実績と人間関係の宝の山を持っている人は別にして、中高年で転職をする場合、現状より待遇面でアップするケースは少ない気がします。日本中の企業が非正規雇用を多数採用することで利益を確保する癖がついてしまい、正社員を増やそうとする会社は稀になりました。非正規から正社員の道へ、どうしたらいけるのか?役所や図書館も1年や2年長くて3年の短期雇用ばかり。豊かな暮らしを未来へ展望できる人は親の遺産や持ち家をもらわない限りむつかしいと思います。履歴書を読んでいると「派遣会社登録」「契約期間終了」の文字が踊ります。それが何回も続きます。「弱い人間を守る」柱たち、鬼滅の刃が売れる一つの要因がわかります。『鬼』は現代社会なんですね。マンガ読まず、アニメ無限列車1作を見ただけですが。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。