欲望は他者の欲望を模倣することで生じる感情なので、「あの人のように出世したい」とか「あの人が持っているあのスマホが欲しい」とか「あの人が付き合ってるような彼女が欲しい」とか「あのショーウィンドーに飾られたバックが欲しい」とか、自分が心から欲することでも、以前に何かの(誰かが持っている)模倣から欲望が生じているはずだ。いい例が車だ。近所の人が「絶対、乗るならプリウスしかない」と断言された。そんなことはないと思うのだが、天井は低いし息苦しい感じにならないかと思うが、どこかで誰かの洗脳的な言辞やCM動画で「プリウス」と思い込んでしまったんだろうな。

それで、引きこもりと欲望の低下の話だ。欲望は出会う商品や異性に出会うとそれだけ欲望が発動する(こういう日本語って適切かどうかと思うが)。たとえば、20年引きこもる甥は「おじさん、僕はほとんどお金を使わないよ」と自慢していた。豪邸の2階に住んでいて、インターネットせず、携帯持たずだ。しかし、どこにもつながらないデスクトップパソコンはある。彼の欲望は「できるだけ長生きしたい、健康維持のため夕方、隣町までウォーキングする」母78歳、父80歳だ。本人はテンカンだというが、脳神経医師では大脳にテンカン部位はないと診断されている。1か月に1万円も使わない暮らしだ。三度の食事と水道光熱費は親がかえだが、生きるために生きている感じだ。性欲は自分で処理するしかないが、インターネットがないのでどう工夫しているのか。中森明菜の熱烈ファンなので、寝る前に聞いているのかもしれない。

出かけることが少ない人たちは消費購買意欲も、接する人間の数も少なく、彼らの文化刺激・持ち物刺激・イベント刺激に触れることもなくて、欲望に着火しないので「〇〇が欲しいい」はTVのCMの中から間接的に喚起されるわけだ。私は稼いでいないので親に迷惑をかけられないから、できるだけ欲しいものやお金がかかるものは極力我慢する。我慢するうちに欲求が低下してしまうのだ。

そうは言っても、最後は自分を認めてくれという「認証欲求」は残る、どうしても残る。市民合同墓地にしても、せめて「記銘板」ぐらいは、俗名で残して欲しいと考えるようになって、どうしてかというと子供と孫が名前を見つけて欲しい、それだけの欲望なのだ。葬儀や墓にお金を使いたくないと思う一方、せめて名前だけは残したい。「おれはここにいるぞ、生きているぞ」と合図を出している甥を止めているのは両親の世間体だけだ。

  1. 欲望は留まるところを知りませんね。しかし年齢とともに身体も衰えると同時に欲望も必要なくなると思いますね。何故ならこれまでの経験でこの先何年生きるかと考えれば無理な事はしても仕方が無いと思うからです。ここに来て初めて悟るにはちと遅すぎますが、人間そんなものです。昔から「バカは死ななきゃ治らない」とか「バカにつける薬は無い」とか言いますが、死ぬ間際にならないと真剣に考えられないのも人間の性ですね。年齢とともに、どんな人も少しは丸くなって善人に近づくものですよね。今までは口にも出さなかった台詞「何か世の中の為になる事を」とか「人の為になる事を」とか「人には親切に」とか諸々の良い事をしようと考えるものです。田舎でケチで傲慢で嫌われていた造り酒屋の旦那さんも年老いて、会いに行くとすっかり善人に変身していました。よくよく話を聞くと、何でも重い病気で余命いくばくも無いとの事でした。最後に私に「貴方は徳の有るお人だ」とこれまでに口にした事も無い事を言いました。この時、自分も初めて、この方に心を開いたのか?と思いました。

    • 欲望の低下が加齢とともに、穏やかになればいいのですが、どこかの理事長や前総理は止まらない金銭と権力と名誉は見ていて化け物ですが、同じ人間ですから、誰もがああなる可能性は秘めているわけです。一方、アフガニスタンで亡くなった尊敬する中村哲さん。政治家ならだれかを助けられるポジションにいるわけで、もったいない職業だと思います。強欲もいずれどこか(刑務所)に入ったりして、足して引いてゼロ。下手したらゼロ以下になってしまいます。あれほど従順だった人たちも取り巻きも手のひら返して、告白合戦が始まりますから、誰も信用できなくなりますね。住友銀行の磯田頭取も「お前を社長にしたのは俺だろう!」と叫んで狂死したと言います。欲の中でも最後に残るのは名誉欲と言いますが、地獄に落ちると名誉どころか石を投げられますね。そういう意味で最後に「何か世の中に約二立てることはないか」という、作り酒屋の旦那は偉いですね。昔の少年さんをずっと生き方を見ていたわけですから、そこも偉いと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。