知人の自宅から見た富士山

親の平均年齢が上がるとともに、遺産相続を受ける子供たちの年齢も上がり、いまでは67歳くらいで遺産を相続する人が多いと言う。お金が高齢者同士の間で回っていて、若い世代には落ちてこない構造だ。

遺産を早めに生前から動かせるように、子供の住宅取得のためなら幾ら幾らまで無税とか、孫の教育費に使うなら信託を利用して、早めに高齢者のお金を社会に吐き出させる工夫をしても、高齢者はなかなか使わない。貯める。貯める。目的は将来の漠然とした不安。100歳を超えた金さん銀さんもテレビや取材で儲けたお金を貯める理由を「老後の心配」と言っていたからね。

低金利の世の中だから金庫・金庫だ。お金を使うのは難しい。使い方でその人の価値観が現れる。しかし、いまの高齢者は日本が貧乏な時代を骨身に滲みて知っている。亡くなった父親を思い出しても、貧乏ゆえに進学を断念して満州へ渡った。ここまで地味な生活をするのかというくらいに、生活レベルを上げなかった。定年と同時に小さな家を買い、車も持たずにバスと電車とタクシーを利用した。

そのお陰で、私を含めて3人の兄弟は、親の老後には一切、お金の心配と財産トラブルは発生しなかった。感謝している。父親が亡くなり、財産名義はすべて母親へ。郵便で兄弟間で財産放棄の印鑑を押し合った。聞くところによると、ここでも、それぞれの家庭事情(子供の進学・入学が多い)で印鑑を押さず、早めに遺産が欲しいと主張する兄弟もいる。しかも兄弟間で発生した財産を巡るトラブルは生涯にわたって付きまとい、死ぬまで続くから厳しいものがある。赤の他人よりたちが悪い。

ひとつひとつの家族で事情は全部違うので平均的な解決がありそうで実はない。聖人君子の集まりならともかく。こういうとき一人っ子って得するように私には見えるがどうだろうか。私の世代は大学進学する者、できなかった者、教育にお金を賭けられない家庭も身近に多かった。親の遺産の話はまるで天空の話かと思っていたら、いつのまにかそこに関わる年齢になっていて、遺産を受ける当事者に60歳を超えてなった。しかし、そのときはふたりの子供も大学を出て働いていた。住宅ローンも終わり、借金ゼロだった。ラッキーな人生だ。

知り合いで、私の住む団地外れの実家の水田を不動産会社へ売却して、特養老人ホームへ500万円寄付した篤志家もいる。なかなかできることではない。こういう使用目的が明確な寄付っていいなと思う。申し訳ないけど、赤い羽根募金など市町村自治体の天下り先の人件費に使われるより、意義ある寄付行為だと思う。隣町の保健部長が定年でJRで赤ら顔で会った時、次はこの町の社協の事務局長に就任すると威張っていたのを見ていたから、新鮮な行為に思える.

定年後、お金の使い道がなくて、海外旅行ばかりしている人もいるし、高級車を乗り回しているのもいるが、少数だ。日本には「親のいない児童」が3万人暮らしている。日曜深夜、日テレで「ママに会いたい」を見ていた。いろんな事情で親が育てられない子どもたちが集団で暮らしている。こういう施設に、もう遺産は要らない60代が隠れて寄付できる制度が出来ればいいなと思う。1000万円以上なら、その恩恵は特養老人ホーム優先入居権利。

お金は高齢者間で回る以上に、実はお金持ち同士で回ってるのが正解かもしれないなと思い直す。そして、お金は「トリクルダウンしない」。そうなると思うのは、自分がお金持か、既得権を太く持って甘い汁を吸っている人の言うことで現実は、貧は貧の連鎖を生んでいるだけだ。毎日入る東京弁護士会の過払い相談チラシ。融資先が先細りの都銀や生保が融資先で一番確実は、自社系列の消費者金融だ。ネットで無審査融資をするなんて、昔のサラ金地獄より怖い。

平均67歳で親の遺産を享受する人もいれば、コンビニ経営失敗で累積1500万円の融資を本部から受けていて、その返金を迫られて実の母親に老健施設で「早く母さん、死んでくれ。」と耳元でささやいた遠縁もいた。酷薄だ。金で人間狂う。ほどほど、普通。そこがわかりにくい。

  1. 貧乏暇ありお金なし。

    「金は天下の周りもの」とは言うものの、その周り先は決まっているようですね。ほとんどが困っていない人達の間で周るだけで、貧困層には無縁のようです。周りものとは言うものの全く周らず停滞しているところが多いから困りものですね。太古の昔の集落のように食物を分け与えたり与えられたりする生き物本来の習性は無くなりましたね。最近では寄付の話も余り聞こえてきませんね。お金がすべてではありませんから、通貨に価値が無くなれば、富裕層の方々は困るでしょうね。そうなればサバイバルでもありませんが我々のほうが生き残れるのかも知れません。

    • 貧しい人に親切なのは貧しい人です。今もそうです。棺桶に大金は持っていけないのに、相変わらず国民の貯金への執着は凄いらしい。貧乏な私にもわかりませんが。市民で300万、500万寄付する人は身近にいましたよ。遠い親戚で事業で財を成した人が1000万寄附したケースもあります。通貨は単なる信用ですからフィクションの世界に生きているわけで、ものを交換するのに円は使えないとなれば紙屑でしかありません。だからといって金も同じ、ただの重い金属にしかすぎません。金は食べれません。食べ物をつくれて種を持ち、土地がある人が生き残れるわけで、貧乏人の負け惜しみに聞こえますが真実です。

  2. トリクルダウン理論通りに経済が回ればそれは良いかも知れませんが、実際にはどうなんですかね?。そんな恩恵を受けたという経験は未だにありませんが。気を長くして待っていたら弱小企業は潰れてしまいますね。今朝の朝刊でも道内企業の倒産記事が。

    • トリクルダウンは幻想で、富裕から富裕へ回っているだけです。国の税金も富裕な企業へ回しているだけ。電通への相当、事務仕事発注で稼がせているし、パソナやセコム、トヨタ、三菱系列へもね。地方の市にはめぐってこないので冬季五輪を発想したのでしょうが、大雪に困った市民を見たら,冬の対策に力をいれないと。オリジナルな夢を語れない市長ですね、札幌は。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です