こう言われて約30年以上が経過する。奇癖らしい。しかし、この奇癖は私だけではなくて兄や妹にもあるという発見をしてから俄然、家庭環境や親の育て方または躾や注意をしない親、絶対的な放任主義の中で生育した私らしい。退屈になると鼻をほじくる。兄が自宅に来たとき、ソファに座るとしばらくして、鼻をいじっていたらしい。妹にもその癖があったというから、ひよっとして、筆者の家庭では両親も一緒になって同じことをしていたかもしれない疑いさえ生じる。裕福でもなく貧しくもなくごく普通の公務員家族。考えてみると、母親が全然子供に何も注意しないのだから(関心が薄い)、好き放題な子供になる。つくづく少年・小女時代は大事だと再認識する次第だ。考えてみると、当時は学校から宿題も出ないし、クラブ活動の強制(成績表に書かれるわけでなくて)がないから、私の周りは何もしない子供が多かったと思う。習い事をしている子どももほとんどいない世の中だ。公園でドッジボールやサッカーはしたが、Hな本(プレーボーイや平凡パンチのグラビア雑誌程度だが)の交換をしたり、テレビっ子でもなくてマンガも大して読まず、いったい自分はあの空白の少年時代をどう過ごしていたのか。ぼんやり時間を過ごしていただけという気もする。それが永遠に続くと当時は思っていた。狭いアパートだから来客も少なく、たまに父の兄がやってきて、『明日、米価値上げ大会を武道館でやるので東京へ。そのため一晩泊まらせてくれ』とかで、狭いアパートにやってくる。ある町の農協の組合長をしていて、赤い鼻をしていて(アルコールか日焼け)、いやいやながら碁を父は打っていた。遺産相続問題で一銭も父に入らず、財産放棄の印鑑を押してから兄弟の関係が悪くなったと母が言っていた。『農業を続けると思って印鑑を押したのに、自分のものになるとさっさと土地を売って市街に出てきて家を建て、金を配って町会議員になるんだから』と。当時は茶封筒に2~3千円入れて配る習慣があって、選挙は町民にとってありがたいボーナスであった。父の兄も配って当選した。兄弟は鼻をほじくる習慣から連想で父の兄の赤い鼻を思い出してしまった。

  1. なくて七癖。誰にも癖がありますね。しかし本人は意外に気づいていない事の方が多いのでしょうね。特に目上とか生意気な人には誰も注意などしませんし、指摘もしないでしょうから癖は治りません。親も働いていて子供と接触する時間も少ないですから、むしろ昔のように他人でも子供を叱ったり注意できればいいのでしょうが、今では他人様の子供にとやかく言う人も居ませんね。最近の子供たちも学習塾や部活など忙しい子と、全く何もしない暇な子にハッキリわかれていて、後者はかなり自由奔放です。ほとんどの両親が共働きならなおさらですね。退屈な子供は決まってワルサをしますね。僕たちもやりましたから。今よりもかなり悪い子供だったと思います。

    • たいして悪さもせず、ひまな鈍感な、ぼんやり生きていた少年でした。まさか営業に30年近く置かれる身になるとは、人生わからないものです。

  2. 我儘が通る家族だけの暮らしが長く続けば別ですが、集団生活などを経験すれば、多くの他人と接する事で自分だけの癖や習慣なども見えてきます。寮生活の経験のある僕は他人と暮らした事で良くも悪くも随分学びました。自分と全く同じ考えの人は殆ど居ないと言う事も。集団生活は、自由気ままで通る家庭内とはまるで違う世界です。

    • 私も寮暮らしを早くにしているとよかったかもしれません。自宅からずっと通っていたので、変化のない毎日、変化は全共闘やべ平連の反戦や反帝国大学運動でしたから。

  3. ホランペッター。

    吹奏楽でバリトンを担当していた友人は京都府警に入りました。大津の警察学校まで大阪の従弟の会社のクルマで身の回りの道具と一緒に送り届けました。彼は柔道の経験は無く剣道は習っていたので、何とか潜り込めました。そんな彼からは毎日が同い年くらいかそれ以下の学生たちとの戦争で嫌になったと言っていました。運悪く悪い時代に警察官になったものです。

    • 戦いが好きな人は世の中に多いです。力もそうだし、知力もそう。勝てば次には負けるのに。狭いエリアでの勝ち負けなので、自然界には直接影響はないとはいえ、大規模な戦争になると植物や人を含めた多くの動物を犠牲にすることになります。警察内部の同僚との戦いをしている人も制服を脱げばいいお父さんに変身するはずで、裏と表が交互に出てくる人間界や自然界です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>