地球最後の日のための種子 NO2。 800本目  飢餓から守る活動をする3人の日本人について。  昨日の続きである。核戦争があって、人類の大半が死滅することがあっても残りの人たちが再び農業を再開できるよう、現代版『食糧の […]

Read More →

昔、営業のことを外勤職とか外交職、外務員と言われたころがあった。ブログで何度も書いてきたが、近年、営業職は一番人気のない職種で、昔ながらの数字のノルマや友人や家族に物を売り付けるイメージが取れない。しかし、営業の基本は他 […]

Read More →

『人間誰でも、どんなことであれ、押し付けられたものを心の底から受け入れるというようなことはあり得ません』(岸田秀 一神教VS多神教 朝日文庫28p)。この後に、岸田秀はだから、これまで多神教であったアルプス以北の人たちが […]

Read More →