自分の弱音を吐ける場所の必要性について、ユーチューバーの清水有高さんが「1月万冊」で、自身の体験を踏まえて語っていた。同調圧力の強い学校や足の引っ張り合いの集団から離れて、「自分の弱音を吐ける場所、それがカウンセラーであ […]

Read More →

物理学者の寺田寅彦著『読書の今昔』というエセイで、本屋で書店員に探し求める本の有無を聞くと、ないと答えられたが見るとちゃんと目の前にある。寺田寅彦は淋しい思いをして書いたのが『商人が自分の商品に興味と熱を失う時代は、やが […]

Read More →

私が住む団地周辺は現役より定年後の暮らしをしている人が多い。勤めに札幌まで週に3回とはいえ、通勤しているのは筆者くらいかもしれない。で、思うのは夫婦が元気なら動けるうちは働いたほうがいい。どちらかが体力低下やリハビリで送 […]

Read More →