ユヴァル・ノア・ハラリ「ホモ・デウス」の下巻の129pに書かれていた。たとえば戦争で両足を失ったり、明らかに犬死(太平洋戦争は大半犬死に)になのに「彼は国の名誉を守ったとか、彼の死は無駄死にではなかった」と […]

Read More →

『遠野物語・山の人生』(柳田国男著 岩波文庫)中、『山の人生』の最初に書かれている話を書く(同著93p~94p)。すでに読まれた人も多いと思うが、先日、古書店で見つけた小林秀雄『感想』(新潮社)にも引用されていた。『われ […]

Read More →

ハヤカワ演劇文庫に『セールスマンの死』を見つけた。気になっていた本で読んでみた。自分も35年以上、セールスマン(営業職と言わないほうがニュアンスが伝わる)をしてきて、科白のあちこちに感動的な言葉がちりばめられている。19 […]

Read More →