老人階級というネーミング。 五木寛之『新老人の思想』で、現代社会を3つの階級として捉える話だ。1世代を30年と考えて30歳までを第一世代、30歳から60歳までを第二世代、60歳以上を第三世代と分類。空港や観光地、街中のホ […]

Read More →

文字が誕生して、たくさんの記録が残されきた。楔形文字や象形文字、ギリシャ文字、アルファベット、亀甲文字。それらを特定の場所(図書館や官庁の記録文書保管庫など)に集めて、後々の人々に参考になるよう保管をしている一群の人々が […]

Read More →

友にして悪き人、良き人。兼好法師『徒然草』から。 小谷野敦著「友達がいないということ」(ちくまプリマー新書)を読んでいたら、昔、古典の授業で習った兼好法師「徒然草」のなかで、有名な友達にして悪い人はこういう人だと述べた文 […]

Read More →

『私たちは講釈が好きだ。私たちは要約するのが好きで、単純化するのが好きだ。ものごとの次元を落とすのが好きなのである。』(ブラック・スワン上126p、ナシーム・ニコラス・タレブ)。ブラック・スワンは文字通り黒い白鳥で、白鳥 […]

Read More →