イソップ物語・・ザクロの木とリンゴの木とオリーブの木とイバラ  ザクロの木とリンゴの木とオリ-ブの木が、だれの実がりっぱかといってけんかをしました。けんかがはげしくなったときに、そばにあった垣根のイバラが、それをきいてこ […]

Read More →

16世紀に書かれた『ある首斬り役人の日記』を古本屋で偶然見つけた(800円)。本の帯には「生涯に361人を刑場の露と消えさせたニュルンベルグの刑吏フランツ親方の克明な日記、犯罪学のみならず中世・近世の社会史や風俗学とって […]

Read More →

私たちは講釈が好きだ。要約するのが好きで、単純化するのが好きだ』 『私たちは講釈が好きだ。私たちは要約するのが好きで、単純化するのが好きだ。ものごとの次元を落とすのが好きなのである。』(ブラック・スワン上126p、ナシー […]

Read More →

誰かがソクラテスに向かって、誰それは旅をしても少しも良くなっていない、と言うと、『そうだろうとも。あの人はあの人自身を一緒に持って出かけたのだから』と言った。(モンテニュー『エセー2巻 52p』岩波ワイド版)旅をすれば少 […]

Read More →

4回目の掲載である。東浩紀さんが出している(ゲンロン)という雑誌がある。いまの日本の状況を抽象的に、ということは具体的に語っている。具体性の上に描かれている抽象の世界、つまり普遍的なことが書いてある。たとえば、目の前を行 […]

Read More →