1)『負け犬の遠吠え』を書いた酒井順子さんの『センス・オブ・シェイム』(恥の感覚)(文春)に、暗闇トランポリンに行ったことが書かれてある。暗闇といえばそれこそ犯罪の匂いや脱法行為を連想するが、照明を落として暗い中で運動す […]

Read More →

退屈だから消費する。  退屈について。筆者は国分さん以外の本は未読。 退屈なので消費する。消費する動機が退屈だからする、ずいぶん日常の暮らしに余裕がある科白ながら、物を買ったり、レジャーに行く動機を正直に現している気もす […]

Read More →