過日札幌で、日経新聞社主催のIR事業に関心を持つ5社を札幌に呼んで、約15分のプレゼンテーション時間を設けた。筆者もホテルへ出かけていって、各企業のパンフレット・チラシをもらい、同時通訳のイアホンを借りて即席でメモをしてきたので公開します。こうしたプレゼンは全国各地で誘致に熱心な自治体で開催されるはず。有力な苫小牧(新千歳に近い)では、すでに2社がPRのためショールームを設けたと言っていた。下記の要約は当日のスライド・パンフ・演説の速記メモを加味して書いたもので間違いがあればご容赦願いたい。3社を選んでみた。

ちなみに北海道新聞の世論調査では、カジノ誘致に66%の苫小牧市民は反対である。カジノ&国際会議&ショータイムと年寄りでもわかる日本語で表記願いたいものだ。IRはインテグレイリティド リゾートの略。(統合型リゾート)


シーザーズ・エンターテイメント 上級副社長 

ジャン・ジョーンズ・ブラックハースト

シーザース・エンターテイメントはIR事業者として80年以上にわたって、業界を牽引してきました。世界の55カ所で施設を運営してります。利用するお客さんの数は1億1500万人に及びます。ラスベガスでも50年以上前に「シーザース・パレス」を作り、2017年ではラスベガスの人口を270万人にまで増やして地域活性化・雇用や人口増加を牽引してきました。北海道でのIRプラン事業のコンセプトは「spirit of forest」です。豊かな自然の中で、森の中で世界基準の会議施設や心からのおもてなし、多彩なエンターテイメントをして、家族全体が楽しめる空間を創造することです。魅力ある観光地として北海道観光を促進させ、地域社会の活性化に寄与しようと思っております。さらに、IR施設で使う備品の調達は地元から食品や飲料、物販など26000billionを地元企業から調達する予定ですので地域にも経済的な利益をもたらすでしょう。社会的な責任を踏まえたシーザーズ・エンターテイメントのビジネスは、テクノロジー自体はツールとして考え、人による対応がIR事業の根本にあると考えております。そのためにゲーミングについても責任ある教育を30年前から施しております。現在、ゲームに携わる人は52518人、71396時間のトレーニングをしております。すべての従業員に対して、ゲーミングに関するトレーニングを徹底しております。さらに企業のCSR(企業の社会的な責任)についても毎年「people planet play」として公表をしており、こうして地域社会と緊密な連携を取りながらIR事業を推進します。それでは、弊社のPR動画を御覧下さい。


ハードロックジャパン  代表取締役社長  アド・マチダ氏

(ハードロックカフェを知っている人は、この会場でどのくらい?と質問。約3分のⅠが立つ)

1971年にロンドンで1軒のカフェから弊社は始まりました。いまでは、世界にカフェ・ホテル・カジノまで幅広く手掛けています。ブランドモットーは

LOVE ALL-SERVE ALL

TAKE TIME TO BE KIND

ALL IS ONE

SAVE THE PLANET

  1. 現在、75か国以上で200店舗を経営しています。そこで培ったノウハウを日本のために来日35年の信頼で新たなステージへ向かいたい。そしてワールドクラスのリゾートをつくりたいのです。外国人が北海道に来て、初めて体験できるリゾートを作りたいのです。リゾートは、ただ持ってくるだけではいいものではない。ことしでハードロックは36年になり、東京はじめ6か所で運営してます。
  2. なぜ、北海道なのかです。今回第70回さっぽろ雪まつりに協賛させていただきました。音楽では初音ミク、キャリーぱみゅぱみゅ、Da Punp、MIYAJIをコラボさせました。さらにハードロックファミリーライブも実施、これまでステージに上がることのなかったバンドに出ていただいたり、耳の不自由な障碍者も招待して音楽を体感させることもしました。コンサドーレ札幌のチアガールのスポンサーにもなり、女性を応援しています。 FUTURE IS MINEの精神で。
  3. 青少年育成のため東洋大学に寄附講座も支援しています。前社長のポールベリザーリの言う「社会的責任」の実現です。

ハードロックのコンセプトは「一緒に街づくりをする」ことです。現在、ハードロック苫小牧支店には、弊社のIRの情報発信拠点を設けています。地元のデータベースづくりです。現在、道民の60%はカジノに反対していることは知っておりますが、我々はまだまだIRについて情報発信不足です。なので、今回の日経新聞のフォーラムは大変重要なものと認識しております。それでは、ビデオをどうぞ。


メルコリゾート&エンターテイメントジャパン

熊谷

弊社のCEOローレンス・ホーは、日本が世界に誇るIR(統合型リゾート)を開発します。マカオで最初にIRを創出して、アジア人の趣向や好みに熟知している、香港に本社を持つ従業員2万人の会社です。2016年には米国ナスダック上場、時価評価額は1兆円にのぼります。

マカオの「シティー・オブ・ドリームス」の建築を含めた革新性は、マカオ政府もメルコ・リゾートを優良なIRオペレーターとして評価しております。マカオのゲーム収入は3.7兆円で、マカオの財政を黒字にしております。しかし、ゲームのエリアは3%にしか過ぎません。97%は、ホテルや食品・衣料のシッョッピング、会議場やアミューズメントです。

IRの訪問にはVIP(短期滞在型)とプレミアム(長期滞在型)がおります。プレミアム会員は、周遊する人たちです。メルコはプレミアム会員を対象により多くの人を長期に、滞在者の要求にこたえる場所として、その旅を支援する卓越したホテルを作りました。ホテル評価フォーブストラベルガイドで5つ星獲得、食事でもミシュランガイドで6軒で10の星をいただきました。

エンターテイメントでも、水をテーマにしたショーでも550万人を動員させた実績から、子供たちもIRで楽しめる場所にしたい。

ゲーミングにしても、①責任ある従業員の教育と②最先端の技術を活用して、一緒に働く同僚もパートナーとして考えることが大事だろうとも思います。

マカオでは8割が現地で雇用し、女性の比率が高いです。さらに、社会貢献として2018年の香港マカオの台風で、メルコ社員2500人が後方支援に参加し、感謝されました。

メルコは、北海道のコミュニティと連携して、プレミアム会員を積極的に連れてきます。北海道の未来を共に歩んでいく観光地にするよう一緒に働きたい。

 

  1. 何だか、どれも壮大なプランばかりで雰囲気に呑み込まれそうですね。ビジネスになる業種では大歓迎なのでしょうね。それに比べて肝心の市民はそっぽを向いているのが対照的ですね。今回の知事選でも選挙演説にこそ出さなかったものの鈴木氏は自民党の応援を得た見返り条件にIRを推進する事になるのでしょうね。あの苫小牧がラスベガスになるなんて想像しただけで滑稽ですね。プレゼンテーションは良い事しか言わないでしょうから、実際に起きている悪い部分も、もっと詳しく知りたいものです。

    • プレゼンは動画も一見したら、夢を見せられるように錯覚しますから危ないです。プレゼンの日本語はマイナスの話はしませんから、ここにゼネコンや不動産会社、電通が絡んでますから、これはトランプ案件(ハリウッドのホレルで成功)でしょう。悪い部分は見ないことにしてます。ヤクザやパチンコメーカー、ディラーを教育する学校(千葉あたりにある)にも応募が増えてきてます。食べるために誰か(ゲーム中毒者)を犠牲にして生きていく弱者同士つぶし合い、投資家だけが〔お金いただき)の世界が出てきます。少しだけ寄付行為をしてね。

  2. プレゼンテーションですか。どのIR事業者も、北海道の自然環境と食材に興味があるのでしょうね。最近では中国資本や香港の不動産業者やオーストラリアからもすっかり気に入られている北海道ですが、そんな施設を利用する富裕層と言われる顧客は道内には居ませんから、海外からの誘致になるのでしょう。地元住民の北海道が外国資本のビジネスの場に利用されるわけですね。間接的には地元経済は潤うのでしょうが、肝心のビジネスの大元の利益は外国資本に吸収されることは間違いないですね。しかし地元で大規模な観光事業を起こす体力もアイディアも無いとなれば、既存の外国企業のノウハウに頼るのも仕方が無い現象とも言えますね。

    • 現在、苫小牧と留寿都と釧路が手を上げています。全国で3カ所のみ選定すると政府は言っていて、長崎・横浜・千葉・東京(様子見)などあるので、現在もほぼこのメンバーでプレゼンテーションをして回っています。

  3. 信じる者は騙される。

    果たして?地元雇用創出につながるのでしょうか?プレゼンテーションの中で言っているように、彼らが教育した膨大な数のプロフェッショナルな従業員が居る訳ですから、にわか仕込みの地元従業員では使えないのではないでしょうか。農業や漁業は多少の恩恵は得られるのでしょうけど。北海道に住む、何も恩恵も無い我々道民としては余り関係の無い世界で、余り騒がしくなってほしくは無いと言うのが正直なところですね。IRって果たして北海道に必須なんでしょうか。いい事ばかりの提案は要注意ですね。

  4. ホランペッター。

    ディーズニーやユニバーサルのようなアトラクション・リゾートが北海道に出来れば、歓迎する人は多いかも知れませんね。カジノとなるとギャンブル嫌いな人が多いので若干の抵抗がありますね。

  5. ギャンブル・インフルエンザ

    近くのパチンコ店は平日も朝早くから大駐車場を車が埋め尽くします。会社の社名入りのクルマもかなり多いですね。義理の妹の最初の旦那は朝弁当を持って仕事に行っていたはずでしたが、競馬や競輪や競艇やパチンコとギャンブルと、それが彼の仕事だったようです。子供が二人も居たのに離婚して今は行方不明です。二番目の姉の旦那も仕事は家内工業ですから真面目でしたが、休みとなればギャンブルでした。夏休みの子供たちを連れて田舎に遊びに来ても実家に落ち着かず、地方競輪・競艇に夢中でした。その病気はいつしか長男に遺伝していました。

    • 父親の後ろ姿を見て、子供は真似るか拒否するか・・・です。多くは拒否に行きますが・・・・・。こればっかりは。私の叔父は競馬嵩じて、道営競馬の馬主になりましたが、リンゴ畑を抵当にして資金繰りしましたが、最後は自己破産で52歳で急死。激しい性格でした。一度、岩見沢の彼の馬を見に行ったことがあります。ヒカリミツルという名前でした。私の父と兄の名前が使われていました。貧乏人は馬主にはなれませんが、小金持ちが失敗します。パスカル(数学者)は、常習的な博打は100%負けると言ってます。心したいことです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>