毎年12月に入ると、1年の終わりが見えて、何とか今年も生きているなあと実感するが、果たしてその先はどうなのかわからない。我が家には5枚の写真、死んだ両親4人と愛犬の写真を飾っている。写真は床の間に置いてあるから、10個の […]

Read More →

19歳に自宅で発作が起きて(深夜の読書・たぶんロシアの哲学者シェストフの本かイギリスの精神分析医のレインの本であった)。母から『そんな発作が出るような本を読むのではない』と注意された。父親に伴われて札幌の救急病院へ搬送さ […]

Read More →