ロシア ジャガイモ1キロ30円の現実

昨年、モスクワで1年暮らした娘の同級生が地元紙に「主婦目線で見るモスクワの暮らし」と題して2回にわけて素晴らしい記事を書いていた。幼児を抱えてモククワの病院で2人目の女児を言葉が通じない中、出産した話とか、驚いたのは物価の安さ。


特に主食のジャガイモは1キロ・日本円で30円。チーズも安く、市内で始まった「はちみつの市」へ出掛けてみたら、その種類の多さ・安さにびっくりしたこと。さらに市民がエスカレーターにベビーカーを乗せるときに、「お先にどうぞ」と誰も彼も親切にしてくれたことを感謝の気持ちで書いていた。


肌で感じる主婦目線。現代で一番忘れられてることがはっきり書かれてあって読んでいる私もモスクワに暮らしているような錯覚になった。テレビ局や新聞社の特派員は男が多くて、政治や経済は大事であろうけれど、毎日の普通の暮らしにどれだけ視線が向いているのか心もとない。本社の方を向いて記事を発信している輩が大半である。


ロシアは現在人口が1億4千万人、日本の人口とさほど変わらない。チェルノブイリ原発事故の被害で原発本体を棺化する作業が続いているが、東側には天然ガスと大森林があって人口稠密だ。モスクワ市民は土・日になればダーチャ(野菜をつくるための別荘)を持っているから郊外へ出掛ける。落ち着いた暮らしは安い食糧費用、安い家賃、低い失業率なら給与が多少安くても楽しい家庭生活が営める。共産党の特権官僚たちは不正蓄財をしていたり、彼らの子供たちは夜遊びと麻薬に溺れているかもしれないが、ほとんどの市民はその時間は寝ている。世界中、全部そうだと思う。


プーチンという独裁者をメディアは何度も何度も書きたてているけれど、国として、国内のチェチェンやイスラム教徒がISに加わる人も多いけれど、総じて世界で一番、国内が安定しているように見える。


「ロシアは立ち直り始めている国なのであって、出生率の上昇や乳幼児死亡率の低下にもそれが現れている。失業率も低い水準にある。もちろんロシア人たちは貧しいし、西ヨーロッパに暮らす者が、社会の自由度のことも含め、ロシアのシステムを羨望することはありえない。けれども今日、ロシア人であることは、強くて安心させてくれるナショナルな集団に属する感情を与えてくれる・・・」(エマニュエル・トッド、ドイツ帝国が世界を破滅させる  22p)。


天然ガスのパイプラインはロシアからドイツまで大きなパイプが2本引かれている。ここからEU各国へ供給するのだ。ロシアは、スポーツ薬物使用でオリンピックに出ようが出まいが、国民が安い食べ物、雨がしのげる屋根、郊外に別荘があること、モラルの面でアメリカの上を行くかもしれない。あとは超安いカラシニコフ銃の製造と輸出を止めて、世界への平和に貢献することであるかもしれない。ドーピングでオリンピックに出なければ無駄な税金を使わなくて済むから、選手の身の安全が確保できたと思えば安いもの。静かな日々が過ごせる。メダルなんか要らない。


何でも世界一にならないと気が済まないアメリカとそんなことどうでもいいいよ、大したことではないよと考える人が左右にいたら、あなたはどちらを選択するだろうか?ジャガイモ1キロ30円でニコニコ笑いながら暮らす方が楽しく生きていくのが幸せの道ではないだろうか?

  1. ゼロ戦パイロットの弟。

    今まで覗いた事の無い隣の庭?は青かった。ですね。自国の事しか知らない私たちはロシアと言えば寒い国でウオッカを呑んで歌い踊り自らを慰める国民性で、外交は二枚舌で何時まで経っても平行線の北方領土問題などと良いイメージは持っていませんが。しかしロシアに滞在した人から聞いた話では牛乳を買いに街に出たら大きなビニール袋で安く売っていたとか聞きました。物価は非常に安いようです。あれだけ広大な国ですから1億人余では当然ながら税金で賄う日本とは大きく違いますね。国がビジネスをしなければ成り立たないですから天然ガスなどの輸出や冷戦時代の産物のロケット打ち上げ請負や南極旅行への砕氷船観光や中国への中古艦艇売却や後進国への戦闘機や武器輸出や漁業権の主張などなど多岐に渡っていますね。国民生活からは想像もつかない覗ききれないのもロシアなんでしょうね。小さな国の日本は、かつて大国ロシアを相手に戦ったなど今では想像すらできませんね。今、日本の戦争を知らない若い国会議員のロシアに対する戦争発言が国内で大問題になって居ますが、果たしてロシアから見た日本の庭は?青いのでしょうか?。

    • ロシアから見たら日本は羨ましいところに位置してます。太平洋は広々とあるしね。地図帳を北極を下に持ってくるとよくわかります。不凍港が日本中にありますから。ロシアの南下政策でオスマントルコと戦争したのも地中海に出たかったからですし。北方領土もそこは太平洋・オホーツクに近く流氷はありますが、貴重な港になりうるわけですね。資源と軍事・流刑地とシベリアの資源の海上輸送で北海道へ。石狩湾新港はそのために港の水深を相当深く掘ってます。

  2. ロシアの若い女性はスタイリッシュで綺麗な人が多いですね。我が妻が以前、中島公園傍のロシア人女学生寮の舎監をしていた事がありました。私も何度か行き来して居たのですが、皆んな9等身美女ばかりでした。ところが結婚して家庭を持つと見違えるほど太って逞しい女性に豹変するのです。物価が安く暮らしやすい事も要因なのかも知れませんね。それに本当か?どうかは定かではありませんが、不思議な事にロシア女性にモテる男性はハゲ頭だと言うのです。日本ではアデランスで隠しますが、ロシア人男性は正々堂々地のままで闊歩出来るようです。幸せをつかむのは頭が薄い男性たちと言うのです。そう言えばプーチンだって。

    • 禿ですか、そろそろ私もモテキの入り口です。ロシア(だけではないが、世界中ですが)の少女はホントかわいい。おっしゃる通り、結婚して20代も半ばを過ぎていくとフ太りますね。ジャガイモとウオッカが原因ではと私は推測してますが。テレビ局や銀行にもロシア人の正社員の女性がいます。一度会いに行ってください。ロシア文学、たくさん読みましょうね。

  3. 年金老人
    そんなに物価が安いのですか。きっと他の食糧や家賃も安いのでしょうね。
    安全安心して暮らせるなら年金額が低くてもその方が良いかな。
    ただ、政治への批判が高じると、消されるか弾圧されることになるので、恐ろしい国のイメージがある。
    プーチンや閣僚、高級官僚が悪いことをやっても、国民が知らなければ批判もできないでしょうね。
    翻って、安倍一族、閣僚、高級官僚が悪いことをやっていると知っている日本の善良なる国民がこのまま
    黙っててで良いのかなと思う。年金はどんどん減らされるし、消費税も上がるしで日本の特にお年寄はだんだん暮らしにくくなっています。
    精神衛生上、選挙で正しい人に投票できる日本が、ロシアよりましかどうかですかね。

    • 近代国家って幻想で、自由や民主も幻想で、人間の作る制度やシステムも幻想で、ここをこう変えようとすればいつでも変えられますね。怒りを忘れた国民だらけで、間隙をぬって安倍政権長期に及んでいます。野党も敵を見失ってますからね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>