ブログで以前にペストの話を書いたが、記録に残されたペスト死・疫病の歴史は相当古いし、記録に残されていなくても、たくさんの人が亡くなったはずである。現在の時点であること・見えることは、過去にもきっと同じような(全く同じではなくても)ことがあったはずと思うのは当然で、歴史を学ぶ意義もそこにあるし、汲めども尽きぬ知恵の宝庫が歴史であったりする。

ペストの歴史は、だから比喩として考えれば、現代社会の態様に甚大な被害をもたらすウィルスや海外渡航者の来訪で広がる伝染病もそうだし、一番は福島原発のメルトダウンと損傷。あてにならない専門家のいい加減な言説の山に国民が振り回されて、『専門バカとバカ専門』の人々にメディアが占拠された時間を返してほしいと筆者なら思う。

先月、NHK特番で日高の鵡川町の穂別で見つかった恐竜の化石の番組をしていた。化石収集趣味のおじさんが山の斜面に『おや?あれは化石ではないかな?』と掘って持ち帰り、専門家に調べてみると、『このあたり一帯を掘ってみよう』ということで掘ると、全身骨格に近い骨を発見した。歴史・過去は、地層の中や地層の表面に顔を出していたりするので、よくよく見ましょうね・・・ということである。そしてそれは未来(この場合はなぜ恐竜は滅びたのかなど)を指し示す。つまり、現在の中に過去も未来も含まれるとはそういうことである。

人を見る場合に『第一印象が大事だね』という言葉遣いも、実は『表面の顔に、彼の過ごしてきた時間、これからするであろう出来事(仕事や人間関係の構築可能性)を』瞬間的に、見た人が光の速さで判断しているのかもしれない。すでに7回書いた『ペスト』について、再度書くのは、デフォーの『ペスト』が同時代人の記録として書かれていたからで、さらに彼の視点に自分の書いたものが未来の人たちにわかってくれたらいいなあという記述でもあって、筆者はブログを書いたのである。こういう同時代人が視点を高く天まで昇らせ、目は地面を這いずりながら、生きてる庶民に横から観察して書くのは並大抵の気力ではできない。

16世紀、カリブ海の金銀財宝を目指して艦隊を送り込んだスペイン。宣教師としてカトリックドミニコ会の宣教師ラス・カサスが同行したが、次々にインディアンを虐殺する同胞のスペイン人について『インディアンに関する簡潔な報告書』を国王に書いたことを思い出す。『なぜ、同じ人間に対してこうも残酷な行いをするのか』と詰問する・弾劾する文書を当時の国王に送ったのである。モンテーニュの『随想録』にも同様な記述があったと記憶する。しかし、これが労働力として西アフリカから黒人労働者をインディアに変わって運ばせたとも言われている。別称この『黒い報告書』はスペイン王室かカトリック教会に深く隠されて、国民に見せないようにしたのである。この文書が日の目を見たのはフィリピンを取り合うアメリカとスペインの戦争(1898年)でアメリカ側からスペインの非道を暴くものとして世界に出された。権力側はいつも都合の悪い文書を隠すことになっているのである。メディアや勇気ある人はこれを暴こうとする。『新約聖書』『旧約聖書』でも信者に知られたらマズイ言葉は、深くバチカン図書館にあるかもしれない。

しかし、人間には想像力があって、『あれっ、おかしい』という事実の断片から、膨大な新事実、広大な嘘を発見することもできる。デフォーの『ペスト』を読みながら、そんなことを考えていたので報告しておきます。『現在の中に、過去も未来も含まれている』と思うと現実が多面的に立体的に見えてくる。今にすべてがある。あの人があそこでああいう行動をするのは、少年時代からああいう性癖がずっとあってしょうがないのだ・・と思ってる親や教師がいるかもしれない。見たくないものは見ないように生きることはできる。しかし、それは何倍も大きな負債として未来に利子をつけて返ってくるものだ。

 

  1. 或る国ではウソも100回言えば真実になると言われていますね。しかし真相はメディアが未だ発達していない時代、通信機器もほとんど無かった時代の伝言ゲーム的情報伝達が自然にそうさせたのかも知れません。煽動や洗脳、噂などによって世論を動かして作られた常識や制度や法律や憲法も慣習も、たくさんあるのではないでしょうか。今現在を作り上げるまでに先人たちや自然界のあらゆる生物などの進化や退化や努力や労力や知力なども存在していたはずですね。そして今現在が最終形ではなく日に日に進化や退化を繰り返しているのでしょうね。この先、良き方向に予測できれば良いのですが?、最近の世界情勢からはけっして楽観視も出来ませんね。

    • 現代世界は、幽霊船に乗っているような気がします。真実やら真相がいったいどこにあるのか、一つのイデオロギーを信じているなら『ああでもない、こうでもない』といえるのでしょうが、ただ断片ニュースの垂れ流しで、真相はどうなの、正確なの?と問えば答えられる人はいません。いまのトランプを見ても、露骨なキリスト教信者が東洋の国に(民主主義という信仰を・観念を・政策を)押し付けている構図に見えます。中国はよく耐えていると思います。アメリカ国債を中国と日本が大量に持っていて、市場に放出すればアメリカ経済おしまいです。いずれ中国はアメリカ国債をボチボチ売り始めるかもしれません、関税アップ続けば。しかし、生物の世界から見ると、何を人間たちがやっているのか?ということでしょうね。生物多様性・持続可能性がテーマの時代で、その中にホモサピエンスのわたしたちもいるのですが、思考硬化・持続不可能の兆候が見えてるのはわたしだけでしょうか?

  2. スペインがかつてはそれほどにも残虐な国民性だとは、今では想像できませんね。観光資源?として今も残されている闘牛に見られる残虐性は今も健在ですが、日本だって130余年前までは人切包丁を二本も腰に差していたので何も言えませんが。考えてみれば小国ほど戦争と言う手段で植民地を求める傾向にありますね。アメリカだって最初から大国ではなく、今では大国の中国だって沢山の国に分かれていたわけですからね。現在でも戦争の準備をしている小国はありますね。カエルが蛇を飲み込むような事は今では考えられませんが、細菌や核兵器や原発による放射能汚染やサイバー攻撃など目に見えない攻撃も存在するわけですから、時代は大きく変わったと思うのは我々だけで、人間界では大なり小なりこれまで同様の事が繰り返されているのかも知れませんね。息絶えた恐竜の化石から得るものは「人間も退化の歴史を歩んでいるのだよ」との警告なのかも知れませんね。

    • 新大陸に行ったスペインはごろつき集団がスペイン国王公認のもとに行きましたからね。基礎教養も何もあったものではありません。しかし、このゴロツキはスペインに限らず、世界中であったことで、モンゴルでもロシアでも中国でも日本でもアメリカでも変わりません。欲望を大放出できる場面ならどこでも行きます。殺戮・強姦など日常茶飯事となります。昆虫の世界ではありません。鳥の世界でもありません。魚の世界でもありません。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>