貧しさも孤立を促すことが多いけれど、お金持ちも『財産守り』だけに走ると孤立の道を歩くような気がします。親の遺産が転がり込んで夫婦とも毎月の家賃収入が入り、使いきれない収入がある人がいます。MAC大好き人間(信者)ですから新型が発売されると、日本人で最初に買う意気込みでロスへ旅たち店の前に並びます。最初は小さなベンツがいつのまにか高級ベンツに様変わり。会ってしゃべってもワインやハワイの話やMACのソフトの話題で私は全然興味がないので付き合うのを止めました。

3.11東日本震災のときは、彼はハワイにいてメールで『こちらは約10センチの津波で全然被害がない』とノーテンキなメールが届いてその無神経さに唖然としました。想像力の欠如。彼の同僚たちも『あいつは大金持ちだからね』と敬遠。過分のお金が彼の人生を狂わせています(本人はそう思っていません)。なぜこうなるのか?お金はじっとしているのが嫌いです。たえず動きたい生きものです。その人のお金の使い方(使わなさ)を見ると一番その人がわかります。高級品で身を固めるか、海外へ何度も行くか車を買い替えるか会員制健康クラブへ通うか女(男)に貢ぐか投資マンションを買いあさるかファンドにさらに儲けるようお金を預けるか・・ですね。

バブル経済の只中、株が流行りました。NTT株で儲けてヨーロッパ旅行に行った女性もいました。新車を買って喜んでいた人もいましたが、ある時期から〈皆が走る方向へ私は走らない〉というへそ曲がりになりました。たぶん、戦前の日本社会の誰もが旗を振って兵士を送り出した戦争のフィルムを見たり記録を読んで、政治思想の片鱗を勉強して、変人や異端が次の時代をつくることを学びました。自分のことはさておいて、子供たちや孫たち、彼らの生きやすい時代や社会はどうなんだろうと考え、行動することが多くなりました。結論はお金持ちは自分のことはさておてという考え、自分の財産は身内で・・・という発想をどこかで捨てらえないかという淡い期待である。孤立してもいいと思うなら何をかいわんや・・である。

  1. お金に罪は無いのでしょうが、お金持ちは罪作りですね。同じお金持ちでも「大金持ち」と「小金持ち」に分かれますが、どちらかと言えば、小金持ちの方がお金を使う事が多いですね。消費は消費で経済を潤すのでしょうが、我々貧乏人の前で高額商品や、高級志向の自慢話は鼻につきますね。

    • 小金持ちといえば、あるときにテレビ局の人から『数億円、持っている人がいて、このお金を使い何か商売ができないか』という相談がありました。さっそく宮の森の豪邸へ行きました。ベンツのジープが置いてあり、2番目の奥さんが出てきました。仙台で新聞勧誘グループを統括していたみたいです。知り合いのホテルグループの社長が会ってくれて『ススキノに店を開いて居酒屋がいいんでないかい』と返事。彼らが帰った後、私に『ああいう小金持ちが多いんだよ!、彼らは金持ちとは言わない。単なる目的のない成金に過ぎない』。彼は実業でたくさんの従業員を雇ってます。北海道で大切な人です。私の話も面白いということでよくお喋りします。新しいネタを用意するのに私も必死です、こういう人に会うときは、新聞やテレビネタは飽きられます。そういうニュースはもう死んでいるのです、干物ネタと言いますね。誰々が言ったという生のニュース、活字になる前、ニュースになる前の話が欲しいのですね。

  2. 貧乏暇無し年中無給

    お金持ちにもいろいろ居りますが、態度や表情に人格が現れますね。お金を貯めると言う事は、どこかからお金を調達してくる訳で、調達された方は犠牲者ですね。お金は誰かの犠牲の上に貯まっていくのでしょうね。得意満面のお金持ちが居れば、その犠牲者は必ず居ると思いますよ。

    • お金は人格をも表現します。生き方にも反映します。北海道は資産はないのに見栄を張りたがり、カード破産者も多いと聞きます。誰かの上に、犠牲の上にその人がお金を集めているのは本当で、そこに気づく人は少ないです。たぶん、知っていても気づきたくないのでしょう。テレビ局の人がお金が多いのは広告代理店が懸命に外で営業をしてスポンサーの広告費を出してCMを流しているからもらえるわけで、地場の代理店の職員の待遇はテレビ局員の三分の一くらいです。仕事量は倍はしています。タレントのギャラも構造的には同じです。中小広告代理店の犠牲の上に高い彼らの経済生活が担保されてるわけですね。公務員の生活構造も税金というタームを入れると、ほぼ分析できますね。ここも知っていても知らないふりで生きています。職員組合も同罪ですね。私立学校や私立大学の職員と教える人たちの高い暮らしは親の支払いがあるから、保たれているわけですね。あたりまですが。全部に共通は知っていて知らないふりです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>