何度かブログで私のパニック障害について書いてきた。10代の末(自宅浪人中)、突然パニックに襲われて父に札幌の救急病院へタクシーで運ばれた。胸が苦しくなってきて、いてもたってもいられなくなったのである。原因は自宅にこもり過 […]

Read More →

19歳に自宅で発作が起きて(深夜の読書・たぶんロシアの哲学者シェストフの本かイギリスの精神分析医のレインの本であった)。母から『そんな発作が出るような本を読むのではない』と注意された。父親に伴われて札幌の救急病院へ搬送さ […]

Read More →

病気ではないですから、ここに来る必要ないよ。遊んできなさい。 そういう精神科医が増えれば、抗鬱剤の使用量が減り、無駄な診療はなくなるかもしれない。最近、町中に続々できる「こころの診療所」。入るとこれといった設備もなく、イ […]

Read More →