大きな穴『ペスト』デフォー第6回

ペスト患者が増えてくると、必然的に遺体を穴の中に入れて埋めなければならない。一つの教区で大体50~60人の死骸を埋めて土をかけるのであった。当局は遺体を地面から6フィート(約187センチ)以上の深さに埋めよというきつい命令もあって、増え続けるペスト罹患者の死骸を入れる穴がなくなってきた。そこでついに大きな穴を(1か月や2か月は十分間に合うだろう)掘った。しかし、2週間後、遺体は1114人で満杯になってしまった。

デフォーは好奇心の塊であるから、墓堀り人夫と昵懇にもなり、夜間に行って死骸が投げ込まれる光景を見に行く。本来、衆人が穴に近づくことは禁じられていた。理由は伝染するというほかに、死期に近づいた人や精神錯乱に陥った人が自ら穴の中へ身を投じる人も多かったからである。それだから大きな穴の周りに囲みをつくり入れぬようにしたが、隙をみては飛び込んでいった。クリスチャンだろうと苦しさから逃れる最後手段を取るのである。目撃したデフォーは『それこそ、実に陰惨なものであった。口で表現できるようなことではなかった』と。墓堀り人夫たちは、自分たちは仕事だし、危険で命を落とすかもしれないがデフォーは単に好奇心だけで穴に来ている『危ないマネはするな』とアドバイスする。

そのとき、遺体搬入車がやってきて、横に紳士が立っていた。奥さんと子供二人の遺体を最後まで見送りたいとついてきたのだ。大きな穴へ放り込まれる家族を見て、気絶してしまった。人夫たちは紳士を料亭につれてゆき介抱した。大きな穴は『共同墓地』で、貧者も富者も貴族も労働者も性別関係なく等しく投げ込まれる。棺桶など手に入るわけがない。しかし、昔から噂は出るもので、墓堀り人夫たちが、運ばれた遺体に包まれた高給なリネン製の衣を盗んでいるという。デフォーはこの類の話は留保している。ペストの伝染を考えればまずあり得ない話だが・・・。デフォーは自分が冒した危険な行為を反省する。とにかく自分が無事であったことを神に感謝した。

家に着くと、あの紳士の悲しみが蘇り、涙が出てしょうがない。『あの料亭に運ばれた紳士はいまどうしている?』と気にかかり、料亭へ行くと、紳士はいた。デフォーはお店の人たちの親切なのはいいが、死の嵐の中、営業を続ける店に集まる客の柄の悪さに辟易する。乱痴気騒ぎの傍若無人ぶりに、デフォーは恐怖さえ覚える。元気を回復したものの妻子を失った紳士へ『墓穴に飛び込んで天国に妻子といっしょに行けば良いのに、それができんとは君も相当な臆病者だね』と聞くに耐えない悪口を並べたてた。デフォーは彼らに説教を始める。すると今度は自分に食ってかかってきた。『君なんかよりももっと正直な人間が幾人も墓地の厄介になっているというのに、何をノコノコほっつき歩いているんだ』。そしてデフォーは自分よりはるかに善良な人々が亡くなっている事実は認める。そして、しばらくして、罵詈雑言をした3人の連中はペストに罹患して穴の中へ入ったとデフォーは書いているが・・・・・。

注:柄の悪い、態度横柄な、言葉汚い輩が、ネットで攻撃を加える習慣が定着してしまった。昔は閉じられた空間(この場合なら料亭内に限定)の出来事であったのが、ドアに鍵がかからず、どこまでも広がってゆく。そうだから他人を警戒して、自分の本音を明かさないストレスフルな日々を送る人が多くなり、令和版気うつが増えるのだろうと思う。女性で名刺を出したくない人がこんなに多くなったと最近気づいた。

  1. 女性の名刺?ですか?。私の場合は仕事の関係先の同業者の女性がテキパキ仕事をこなして助かって居ますが、未だに携帯電話番号を教えて貰えません。下心など全く無くて仕事の連絡には教えて貰った方がお互いにラクなのですが?40代?の女性ですが。メールと固定電話だけですね。未だに?何を警戒しているのでしょう?。

    • 教えない人と教える人いますね。教えない人、自分に信頼持ってないと判断します。聞けば教えてくれる人多いです。役人はダメ多いです。オオカミ=男では(笑い)

  2. SNSでの誹謗中傷の拡散ですね。例え間違った情報だとしても、人は新鮮な噂ばなしが大好きですからね。それにも増して、今回の新型コロナウイルス感染拡大に伴う自治体からの休業要請や時短営業を見張る?
    自称「自粛警察」なる輩の出現には呆れますね。例えば、飲食店で、午後8時閉店後に従業員に賄いを出して後片付けをしているのを覗き見て?閉店後も閉め切って裏営業をしていると勘違いして張り紙をしたり、ガラスを割って嫌がらせをしたりと、まるで自分たちは義賊で正義集団だと言わんばかりの横暴ぶりですね。外出自粛して居ない自分たちの事は棚に上げて。こんな時に勉強させられるのは、色々な人間模様ですね。

    • 自粛警察を見張る人たちも必要ですね、第三者機関か町の暴力団に依頼。それを見張る警察も必要で何やら警察国家です。警察を遠まわしに監視する自衛隊も必要かもしれません。自衛隊の中に自衛隊専用警察がありますから、彼らを監視するために沖縄からやってくる必要があります。網の目のようにつながってます。大げさですが(笑い

  3. もともと、亡くなった人のお棺の中の最後の顔を見たり、火葬場で焼却ボイラー前で骨を拾う事も嫌な自分ですが、昔は国内でも地方によっては埋葬が盛んでした。そんな墓地では火の玉が出ると、子供の頃は恐かった記憶があります。ましてや大きく深い穴を重機か何かで掘って死体を大量に投げ込む光景など、とても平常心で見る事など出来ませんね。しかし、怖い話ですが、今回の様な伝染病の感染拡大や戦場など、被害状況によっては、現在でも可能性は否定出来ないですね。まるで家畜の伝染病の時の始末と同じですね。

    • NYの無人島で埋められている光景を見ましたが、300年前のペストと同じです。牛と豚、鳥の殺処分風景と重なります。

  4. 自粛警察を取り締まる自警団ですか?戦時中の隣組ですね。当時もチクるのが正義ですからね。それらを取り締まる警察?さらには警察を取り締まる自衛隊ですか?さらに、その自衛隊を監視する機関ですか?まるでFBIかCIAみたいになってきましたね。そんな事より、今必要なのは「鼠小僧次郎吉」ですね。大蔵省から盗み出した闇の金を庶民にばら撒くなんて感動もので素晴らしいですね。その鼠小僧を取り締まるのは?一体誰でしょうね。隣組に垂れ込まれて御用にならなければ良いのですが。

    • それって映画になりますね。テレビドラマでもOK。安倍ではなく阿部にすれば書けますね。金融物に強い作家は多いはずなので作れるし大ヒット間違いなしです。そして最後は泥棒を見逃してめでたしでおわる筋ならなお結構。国民、皆涙します。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。