石川県は、ここまでお金をかけて県立図書館をつくったものだと感心する。というか紹介動画を見て感動してしまった。静かな本の劇場空間を見ているようだ。文化都市金沢の粋な姿を見せてもらった。たまたま壊されゆく、戦争で破壊された図書館の歴史を読んでいたときに、石川県立図書館のオープンを見つけた。7月16日。「これって図書館?」と既成概念を壊されて気持ちのいい体験をさせてくれた。

設計監理は環境デザイン研究所、建築施工は清水建設。総工費125億円。図書館に子供スペースを区切り、外に声が漏れないようにして、外の庭と導線で繫ぎ子供を自由な空間に遊ばせている。ギリシャ各地にある(あった)円形劇場を図書館バージョンで見せてもらった気もした。金沢の新名所誕生で、観光客が押し寄せ、図書館で静かに読書できない日々が続きそうだ。

  1. 近代的でありながら、どこか落ち着けるような空間デザインは見事ですね。同じお金を使うにもいろいろですね。箱物として考えるか、コミュニティとして考えるか最初の発想時点で大きく変わるのでしょうね。

    • コメントへの返信遅くなりました。金の使い方が粋ですね。さすが金沢と思いました。ファミリーなら駐車場代だけかけて一日遊べます。カフェやレストランも併設されているし、図書館の周囲の町の開発にも刺激的です。県立図書館周辺のの不動産価値も上がるし、市民の皆さん住みたがりますね。川崎にいる実の兄は毎日、図書館通いで、新聞好き。新聞5紙を読むのが日課で、同世代と取り合いが激しいそうです。県立図書館はそういう下品な取り合いはないとは思いたいですがわかりませんね。恵庭の市立図書館は月刊文藝春秋や週刊文春、新潮が盗まれて、とうとう棚に置くのをやめて、司書デスクからの貸し出しにしました。また話題が下世話になりました、申し訳ございません。

  2. 建築と言えば釧路が産んだ建築家の毛綱キコウ氏の作品で釧路市の博物館や釧路市の湿原の建築物や母親の為に作った建物なども興味深いですね。道内出身者の建築家にも凄い人が居るんですね。

    • 釧路市立博物館や美術館、子供のための館も立派でした。CGでもっと映像でたくさん紹介してもいいような施設ですね。もったいないです。石川県立図書館の外観は本をめくるイメージでした。釧路はタンチョウの羽を伸ばしたイメージで外観をとらえてましたね。なるほど、いい建築家を教えてもらいありがとうございました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。