トイレマーク

(1)筆者は昭和26年生まれ。当時は水洗用トイレはまだまだ公共機関やデパート・ホテルとかコンクリート住宅以外は全部、大小のものは集荷にきていた。昔の江戸は世界一のエコな街で、すべて循環サイクルで運営された近代都市であった。100万人の江戸の市民の何は近郊の農家へ肥料として売られて、それがまた野菜として食べられていたというわけ。

昭和40年、私が中学3年のときに1年だけ保健委員をやったことがある。どうでもいいハンカチ所持検査もやらされた。いまでも妻からハンカチを持つ習慣のない私(濡れたらズボンで拭く)の野性味が気に食わないようで、叱られる。ティッシュも持つ習慣がない。使うときはトイレに駆け込むか持ってる人に「ティッシュ持ってない?」ともらうことにしている。清潔ではない人種の部類だ。これだもの女性にもてるわけがない。

最近、藤田紘一郎さんの本が売れて、ずいぶん私も助かっている。「アレルギーが多いのは清潔病が蔓延しているからだと、不潔な方が肌に耐性菌がたくさんいて丈夫な体になるんだよ、現代人は清潔ってうるさ過ぎ。抗菌剤をやり過ぎだ」と藤田さんの本をダシにして、威張っている。ここでもへそ曲がりだ。

保健委員の仕事に検便検査がある。あらかじめプラスチックの蓋付きの中指大の容器が渡される。そのネーミングが「ベントール」という。この名前を聞くと、同世代で鳥肌が立つ女性もいるらしい。誰が付けたかこの名前。「便を取るのね」。便の中に虫がいないか調べるわけだ。大体、自宅で前日に採取する。これが難しい。

調べる人も匂いに参るだろうし、容器に入れるまでの子供たちの苦労も大変だ。ある生徒は「ちょつと便秘で出ない、おまえの便を貸してくれないか」とか「下痢で容器をはみ出してしまって、もう一つベントールくれない?」とか日本中の子供たちの小さなココロを痛めたのだ。保健委員の仕事は、朝「これからベントールを集めに行きますので、バケツに入れてください。名前を必ず書いてくださいね」と私はクラスを回る。ところが、クラスに私の初恋の女性もいた。だんだん、彼女に近づいてくると、私もぽぉと赤い顔に。照れくさくもあり嬉しさもあった。私は変態かもしれない。中学の同級生の飲み会になると必ず、ベントールの話が出る。「うまいネーミングだ、絶妙だね」。「弁当箱」という言葉や音を聞いて、私は今でも「ベントール」を連想する。

(2)世の中にはどうしようもないくらいの美人がいるものだ。あなたの近くにもきっとそういう人がいるはず。フランス文学者の渡辺一夫さんのエセイに、「そういうときは、心身のバランスを取るために、彼女が雪隠にいるポーズを想像するといいよ」と書いてあった。スペインの軽喜劇作家のカルデロンという男の書いた小話で、スペインの王妃が毎朝、お肌を保つためにワイン風呂に入ることになり、毎日100本のワインを入れては、終わるとそのワインを捨てるのはもったいないと瓶に戻して家来たちは飲んでいた。ある日、いつものように100本のワインを入れて、瓶に戻したら101本になってしまった。少ししょっぱい味がしたと家来たちは言う。

  1. 検便は嫌でした。我々の時代にはマッチ箱も有りました。プラスチックが未だ無かったからです。紐で縛ってランドセルには入れずに腕を水平にして身体から離してブラブラとぶら下げて登校したものです。当時の田舎では菜園に下肥を使っていましたから野菜類は細菌だらけで回虫や蟯虫は当たり前でした。つまり細菌との共生です。おまけにブヨやアブや藪蚊なども大量に居ましたし遊びもワイルドでしたからツツジの花や雑草の類まで食べたりしました。中でもイタドリなどは格好なオヤツでした。蜂の巣を見つけると素早くもぎ取り近くの川に沈め蜂を追い出してからおもむろにホグして幼虫数匹に塩を振りかけ数枚の柿の葉に包んで縛り焚火で蒸し焼きにして食べました。香ばしく美味しかったです。今やれるか?は分かりませんが、当時は細菌に対する抵抗力は自然についたと思いますね。

    • 私も不潔(と現代言われるあれこれ)には鈍感です。舐めていた飴を道路に落としても、手でついたジャリを落として食べたり、線路に落ちている大豆を拾ってフライパンで焼いてお菓子代わりにしてました。松にできる赤い実も食べてました、恥ずかしいはなし、パンツも毎日替える習慣はありませんでした。清潔志向過ぎて、未来の混沌を生きられるか心配な国民になりつつありますね。「日本沈没」(小松左京)の最後を思い出す日々です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です