本屋でNewsweek12月最終号のタイトルを見て買った。表題はIssues2021。副題はウィッズ・コロナ/アフター・トランプの世界を読む。表紙に書かれたテーマは6つ。1)人類はパンディミックをチャンスに変える。2)コロナで世界がアジアに学ぶ 3)中国の台頭はバイデン政権の好機。4)周近平が歩み出した茨の道。5)日本に迫るモデルチェンジの時 6)静かな金融危機が回復を脅かすほか。

こんな小見出しが並んでいる。どの特集を読んでもパンデミックと関わらないテーマはない。興味ある方は立ち読みを。

2月の初めにさっぽろ雪まつりで雪像関係者から武漢発の新型コロナが発見され(当時PCR検査は200万都市でわずか12件のころ)、次に北見で暖房展があり、参加した業者が罹患し、次に雪まつりに関わった広告代理店の社員がかかるなど、雪まつり観光に来た武漢及び中国観光客が新型コロナ患者になり札幌市内で増えてきた。全国ニュースで「札幌危ない」「北海道危ない」と報じられた。札幌から不要不急の用事がない限り出るな・来るなと宣言が出た。

今から考えると、たとえ雪まつりがなくても、観光客が格安航空機を使って来道する限り、感染増加の時期は変わっても患者は増え続けたことは間違いない。新型コロナウィルスも通常のインフルエンザウィルス同様寒さに強く、北の大地で伸び伸び拡散したわけであるが、検査数がお粗末な当時であったから札幌市内で3月12日で9件、5月4日で29件。だらだら日々20件内外が10月1日まで続いた。10月5日は35件、10月31日54件、11月7日141件、11月19日197件と急増していく。PCR検査機器が増えて、民間の検査機関でも検査可能になったことが罹患数を増やすことにもなったが、台湾や韓国と違い無料でのPCR検査をこの国の政策として取らない方針が相当早い時期から決まっていたのではと思わざるおえない。なぜだろうか?日本の医療の根本に関わる、初診は必ず医療機関からという原則の死守がある。

10月のある日、私の妻が急に38度まで熱が上がり、緊急電話があって帰宅した。所管の千歳保健所へ電話してPCR検査を受けたいのだがと相談したら「近くの主治医からの紹介がないと教えられない」。道庁へ電話しても同じ答え。PCR検査代金は誰かコロナ患者が出れば周辺の人たちや家族は無料だが、勝手に調べるのは有料だとハードルを上げている。幸い、次の日には36度に戻って何事もなかったが、ずいぶん危うい検査体制を作っている。初診という病院の既得権益をがっちり守っている。検査がどこでも気軽にできて、その報告を保健所を通じて医療機関へ流すことをすればもう少しなめらかな対応ができるはずと思った次第だ。都心で3000円以下で抗体検査ができる施設に都民が訪れているのも、自分を調べたいからだ。しかし、そこで陽性反応が出ればどうするかマップがない。などなどいろいろありますが、1年間、ご愛読ありがとうございました。365回、ことしも掲載できました。気合で続けてきたとも思います。来年早々、再度、心臓カテーテル手術を予告されてる身。60歳になる主治医もやる気満々なので私も答えなければいけません。皆さまもご自愛くださいまして良いお年をお迎えください。

  1. お疲れ様でした。いろいろと学ばせていただいた事も多かったブログでした。こちらこそありがとうございました。良いお年をお迎えください。

    • 静かなようで怖いようで多忙なようで機嫌悪い人が多くなってるようで不思議な気味悪い1年でした。毎日毎日、感染者数を見ていて平常心を保てるものだと感心します。10人以下だった私の住む町もいつのまのまにか70人を越えました。買い物も短時間になりました。正月用にビデオ3本借りてきました。1本は生まれて初めて見る「言葉のない映画」(ろうあ者劇)です。字幕もありません。体のぶつかり合いです。どんな内容なのか。1年間、コメントありがとうございました。

  2. 今年一年は大変な年でしたね。来年こそはコロナ禍も終息をと願いたいですね。カテーテル施術など想像もつきませんが、意外に冷静なんですね。また来年も楽しい話題を期待しています。では新年もどうぞよろしく。

    • すっかりコロナで主役を取られ、その他の話題がなくなりましたが、倒産、失業、飢え、生活困難者、自己破産、引きこもり増加、家庭内事件、景気低迷から企業内の人間関係悪化など予想されて「希望」をどこに持てるか問われる1年になりそうです。小さなことをこつこつと、困った人がいたら助けるのがベターな生き方で社ないでしょうか?

  3. 新型は新型でも有り難くない新型コロナに振り回され続けて今年も終わろうとしています。年末年始の長い休暇明けに感染者拡大とならなければ良いのですが。ワクチンの効果も期待したいですが、新手の変異種の出現で、また世界中が脅かされていますね。流行に敏感な人たちのファッションや音楽にも勝る新型コロナの新種デビューですが、これだけは流行らせたくないですね。来年こそは終息を願うばかりです。

    • 予測では再来年の4月がJAPANの終息と出てます、ほんとかどうかわかりません。冬のオリンピックも無理かもしれません。セブンイレブンに逝くと、支払いが自分で自動支払いに代わってました。おばあちゃんは困ってました。紙幣や貨幣と接触しないよう、その自動支払機を開発する企業は千載一遇のチャンスで売り込み強化ですね。スーパーの食品、薬屋、運輸、など一部の業種だけよくなっても全体を押し上げないとね。株は金余りの投資家が行先なくて市場に集まってるだけ。現実を反映をしない蜃気楼です。純金も金の使い道ない人が買いに来たと宝石屋さんが言ってました。海外旅行できないからです。日本全体の預金がまた5%増えてます。豊かな年金をもらってる70代以降は年金をまた貯蓄に回しています。格差がっどんどん広がります。

      • 28日は彼らはデパートに出現しました、大量に。東急デパートはじめ異様な混み様だったと報告ありました。いつもは大丸の一人勝ちのデパート業界、この日は混む大丸を避けて東急へ。それが大混雑を招いていたというわけ。皆、考えることが一緒。私は昨日、千歳の飛行場で映画を見てきました。さすがここには老人たちは私たち2名だけでした。鬼滅の刃、2回目です。このアニメの思想性をを分析してきました。
        鬼滅というより自滅の刃にならなければいいのですが。もっと危険から「逃げるシーン」があってもいいじゃないかと思いましたね。

  4. 貧乏暇なし年中薄給。

    旅行好きの人たちにとって今回の新型コロナの流行は大ショックでしょうね。海外で羽を伸ばそうにも飛行機も飛んでいないですからね。では一体?どう過ごすのでしょうか。こんな場合の対処法を誰も考えて居なかったと思いますよ。ステイ・ホームなどと言ってはいますが、果たして皆さんジッとして居られるかどうかも疑問でもあり、心配でもありますね。人の心配より自分の心配でしたね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。