最近、日ハムの試合を見なくなったら精神的に楽である。ファンを止めると寛容度が増えます。

自分の好みや趣味やお店や生き方で、色々な場面で決めなければいけないときに「こだわり」を強く押し出す人が最近、多い。貧しい育ちながら、筆者は「どっちでもいいじゃないの?」というレベルの話なのだが、ついつい私も流されて食べ物に蘊蓄を傾けて「失敗した!」と反省する。私も同じ穴のむじなである。

選ぶ店や商品の数が多くなるに比例して「こだわる人」が多くなっている気もする。広告やコピーは、同じカテゴリーの商品を差別化して、いかに自分の店や商品が美味しいか・優れているかを主張する。いつのまにか消費者の大脳に「刷り込み作業」を行い、刷り込まれた人は、隣の人に「間接的な刷り込み」を行うことも多い。これは大脳の思考停止状態で、口をぽかんと開けてテレビの画面に一喜一憂する視聴者を後ろから見ると、刷り込まれている自分を発見するかもしれない。昔、日本テレビを見学したときに、ミキサー室をのぞいた。机に脚を乗せてタバコを吸いながら、画面に全テレビ局のモニター画面を映していた。一つの番組が終わると、次の録画番組テープがごろごろ回って、所定の位置について、時間がくれば回りだして全国の日本テレビ放送網へ流される。こんな小さな部屋から流される番組の向こう側に何百万人の視聴者がいると思うと、頭がくらくらしたことを覚えている。自由さではなくて圧迫感であった。自分の五感を自由に動かせる世界からみたら、テレビは相当に不自由な世界である。偏見を増長させるものでもある。

たとえばイラク爆撃を強行したアメリカ空軍の映像で、爆弾を落とすシーンや無人爆撃機が攻撃する映像を見ると、その下にイラク市民の阿鼻叫喚があるはずで、その映像は地上で空からの攻撃を写すカメラアイがないと見えない。想像力も必要である。映像もいまは人工的に作りこみもできるからあてにならない。写真もしかりである。そういう意味で信頼のおける人の発信する言葉が、映像以上にことの真実を伝えると思う。

性急なこだわりや断定をする前に立ち止まって、まあ相手に選ばして、残ったものでも良い、くらいにして生きていると楽な生き方、寛容な生き方に近づくと思うがどうだろうか?消極的な生き方過ぎるか。

  1. 蘊蓄を述べると言えば、お酒なら「ワイン」「日本酒」。グルメなら「スィーツ」「イタリアン」「フレンチ」。ブランド物なら「グッチー」「エルメス」「ルイヴィトン」「シャネル」などと私には余り興味の無い話ですが、こだわる人は多いですね。わたしは若い頃にテキスタイル・デザインに携わっていましたから、有名ブランドのプリント柄のリゾートウエアー用の原画を日本の捺染機械サイズに合うように不足部分のリピート(付け足し)の絵を描いたりしていました。勿論、オリジナルの原画が主な仕事でしたが、日本のメーカーがフランスから直接買い付けた原画に触れる機会も多く、ブランドにやや慣れっこになったのかも知れません。原画を日本のプリント機械仕様に仕上げれば、後は大手繊維メーカーの機械で大量にプリントされ原反として巻き取られます。その時点では余り価値もありませんが、それを海外のバイヤーが買い付けて、リゾートウエアに縫製して現地で販売すると価値が上がります。例えば、私が描いたハイビスカスをあしらった原反がアメリカに買い取られて縫製されアロハシャツとかムウムウとして襟には現地のリボンが縫い付けられただけでハワイのお土産に変身します。こんなお土産も実は日本で原反まで作られたものなのです。ブランドものの裏話は他にもあると思いますよ。知っていたら価値観も変わりますね。

    • 源反で一儲け(大もうけ)できましたね。惜しい。いまもブランドはバングラディッシュやパキスタンの児童労働や安賃金労働で作られているのでしょうね。コーヒーや紅茶もね。いまはどこで浸かられているかわからないです。ワクチンもアストラゼネカはインドで多く作られていて、そのインドで大パンデミックです。ブランドがあるから偽ブランドが出てくるわけで、偽のほうが出来がいいものをどうせなら作りたいものです。

  2. 私も東京の某テレビ本社に行った時に、プロデューサと大手広告代理店の担当者の会話を聞いて驚きました。番組の編成の話でした。映画やドラマにタイミングよくそれらしいCMを挟んだりするのはもちろん、番組やドラマの中にさえ商品を登場させたりしていたのです。つまり映画やドラマや番組有りきではなく、商品イメージに合う映画やドラマを選ぶのです。広告代理店は、あらかじめクライアントにプロモート済みの筈で、その上でTV局と摺り合わせ、かなり前から番組編成しているようでした。受け手の私たちには、裏の仕込みの部分は分かりませんから、知らず知らずの内に洗脳される可能性も有るわけです。怖いですよね。そんな事も有ってか、私は映画やTVを見たり、音楽も聴きますが、直ぐに裏を考えたり、見たがるようになりました。

    • そうですね、ドラマの中にさりげなくビールメーカーの瓶を置いてラベルを見せるようにしますね。壁に流行りのポスターを貼ったり、とにかく自然にPRするよう作為しますね。電化製品までメーカー名が見えるようにする場合もあります。すべて売らんかな、ああ、長い間携わった広告の世界にときどきうんざりするときがあります。えげつなさです。自由と寛容があるようで、実はすべてスポンサーのためか!

  3. 最近の日ハムの試合は残念な事が多すぎますね。野球も優秀な選手次第ですから、お金を掛けて補強できるチームはやっぱり強いです。しかし今季のコロナ禍では選手に陽性反応や感染者が出たり計算すら出来ないシーズンになりましたね。一方、元日ハムの大谷翔平君はアメリカで堂々の活躍ぶりですね。チームは日ハム同様最下位でも大谷ファンは彼の活躍見たさに球場を訪れます。あんな花形選手が居れば、最下位チームでもファンは増えるのでしょうね。プロ野球もショースポーツですからね。

    • 大谷は毎日テレビで録画を見ています。奇跡の人ですね。相手方からも尊敬されるってすごいですが、基本、楽しんでますね。求道より楽しむです。ルンルンいくと自由と寛容倍増ですね。学びたいところです。才能無くても楽しく生きている人には自然と人が集まりますよ。お互い、そうしましょう。

  4. こだわりは何かを犠牲にします。こだわりは自己満足ですね。こだわりは吹聴したくなります。つまり自慢話ネタになる訳です。
    こだわりは時として時代に取り残されます。こだわりは他から見て左程特別なものでは無いのです。多くの人が同じこだわりを持つ時点でそれはもう、こだわりではありませんね。

    • 自慢ネタのこだあわりが多過ぎますね。ワインの話なら1本8000円の赤ワインを昨夜は3本飲んだとか、生活汲々の女性の前で話されると「殺したくなる」と冗談を言っtました。5000円のカニを九州へ送った話をしたら、稚内で1万5000円のタラバかにを食べたら美味しかったと言う。こういう人は死ぬまで治りません。山本寛斎の服ばかり来ています。スナックからのプレゼントです。マンション2件分使ったと豪語してました。

  5. 夫々の人生ですから自由にやってください。と言いたいですが、自慢話は鼻につきます。父は酒も飲めないので村の集会では必ず早々に引き上げてきます。酒の肴のスルメなどを持ち帰って来るので子供の私は楽しみにしていました。そして必ず同じセリフを言います「おんなじ自慢場話ばっかりでつまらんから、返って来た!」と。自慢話をする人と我慢して聞いあげる人それぞれにもコダワリが有るとすれば、早々に引き上げるスタイルが父のコダワリなのかも知れません。

    • 自慢話のいったりきたりですか?酒が入ると威張るか愚痴るか自慢話ですね。スルメもらって子供たちへお土産、賢い選択ですね。私の父も下戸でしたが、真っ赤な顔絵付き合ってました。酒の集会は大嫌いでした。大酒のみの父を持っていた反動でした。

Leave a Reply to 坊主の孫。 Cancel Reply

メールアドレスが公開されることはありません。