2021年12月1日、臨時国会が開かれて、あまりにもお粗末な政治家が大量に発生して、何かいい方策はないのか法律学者と哲学者、歴史家、学校の先生、主婦の代表、小学生も入れて議論をして5カ条の提案があり、国会でここまでやるのは人権侵害だと裁判で争う姿勢を見せた議員もいましたが、安倍政権以来、あまりに身勝手な政治家が国民の常識感覚を狂わせた罪も大きく、ブツブツ言う議員が何人もいたが無事に成立、承認されました。以下の5か条です。夢物語として書いてみます。同時並行して、官僚になるための新法も成立、その内容は後日、報告いたします。

現在の議員に次の行為が課されることになりました。

1)ウソをつくと針を1本飲むことになりました。100回ウソをつくともう生きられません。

2)議員に全員GPSを右腕につけて、左手には自動カメラをつけることにしました。所在地と現在している行動が監視されます。監視は、議員監視委員会がします。見たければパソコンで議員名を検索すれば、全国民が見れるようになってます。透明性の確保です。

3)その代わり、浮気のときや不倫のときはGPSを切り、自動カメラに向かって「UWAKI」とか「FURIN」と声を上げれば自動的にストップする機能を付けました。プライバシー中のプライバシーで大事なところですから。しかし、裁判にでもなれば証拠提出はしなければいけません。

4)一番大事なお金のことですが、給与は年収1億円になります。すべてこの中で交通費・秘書人件費・派閥維持費・飲み食い代にして領収書は一切認めないことになりました。選挙はネット選挙を大幅に取り入れて若者が参加しやすく、老人が選挙に行きにくくして、未来を展望しやすくする選挙にすることにしました。

5)街頭での選挙や演説は廃止しました。うるさいだけで中身が薄く迷惑だからです。その代わり、静かな丁寧な10分のテレビ枠が与えられて、5分は候補者の学校時代の教師から候補者の長所・短所を語る時間といたします。税金を使う放送なのでできるだけ客観性を持たせたい選挙管理委員会の配慮です。自分で自分を語るところから嘘が発生しやすいのでそれを多少でも防げます。

2022年から運用を開始して、不都合があればそのたびに改定を加えていきたいと存じます。

以上。

  1. 追加して、国会では、無駄な質問を無くす為、反対意見を述べる場合は必ず代案をもって行う事。また、一日一億円掛かるので延期する場合は議員が均等に出し合う事。

    • 新提案ありがとうございます。議員年齢も65歳で定年がいいですね。顔の人相判断導入も考えました。底意地が悪かったり、ウソをつき過ぎると顔が変わってきます。現在の安部や麻生や二階や菅や甘利や橋本聖子なでですが、ここに引っかかると黄色のタスキを着て要注意人物になります。彼らはこれまで国民を差別する側でしたから、今度は差別される側に回るわけですね。

  2. イエローカードならぬイエロー警告名札ですね。赤札になったら2年間自衛隊歩兵部隊行き(徴兵)なんてのも。軍隊では年齢も過去も関係ない一兵卒です。そうなれば、ずる賢く審判員を買収したりする可能性も大ですね。

  3. 張を呑むのはムリでしょうから、お尻に、特別痛い注射か、熱いお灸ですね。その証拠として議員バッジの下に罰印のバッジも。この数が3個貯まれば無条件で自動的に辞任です。二度と選挙には出れませんし、地方公務員なども含めての公職には就けません。只の町民になります。それに、失言したら「釧路湿原で反省の日々を送っていただく」と言うのは?釧路市が反対しますか?

    • 網走刑務所の隣に議員宿舎を設けて網走番外地の歌の稽古をしてもらいます。行きたくないでしょうね。鹿児島で火山灰清掃というのもいいですね。国会全体のトイレ清掃を命じるのもいいと思います。あたり前の日常です。

Leave a Reply to 昔の少年。 Cancel Reply

メールアドレスが公開されることはありません。