22年間も独裁者の主治医を勤めて、著者は何度も何度も辞めたくて苦しんだ。外科医を志してアメリカの大学にも留学して帰国したら、毛沢東の主治医である。「中国は世界に三大貢献をした。漢方、曹雪斧(そうせっきん)の長編小説(紅楼夢)とマージャンだ」(上116p)。私は印刷、火薬、羅針盤や紙かと思ったが毛沢東の価値観は違う。毛が62歳のときに主治医になった著者は歴代皇帝と同じように「毛がインポテンツ治療と長命持続について新たな手をみつけるよう厳命された」。鹿の角エキスを注射したり、漢民族の始祖とされる黄帝は千人の生娘とまじわることで不老不死になった伝説やらどこかで信じていたが主治医のみるところ、インポテンツ問題を頻繁に毛沢東が口にしだした時期が実は「まるで先の見えない政治闘争に巻き込まれた時期と一致する」。「1960年代初期、主席の権力があらたな高みに達すると、インポテンツの苦情が消えうせた。・・・・むしろ連れ込む女性の数は増えていき、その平均年齢もだんだん若くなってきた」(145p)。「文化大革命の初期ほど健康だった時分はないし、それ以降の数年は上々の健康状態が続いた。毛沢東は自分がいざ政治的攻撃の的になると、しばしばベッドに難を避けたし、また病気をよく政治操作に使い、首席の健康と中国政治はないまぜであった」。現在でも都合が悪くなると病院へ逃げる官僚や政治家、企業幹部やヤクザも多いが、時代・場所は違えどもやることは同じである。しかし、10億人を超える国のトップが政策を間違えるととんでもないことになる。実際、国の産業の基本である鉄をつくるために人民公社へノルマをかけて各地に「裏庭鋼炉」を作らせたのはいいが、鉄資源もないから農民は自宅の鍋や釜を高炉に入れて鉄の塊をつくりに熱中。地方の共産党幹部は「これだけ鉄を生産しました」と報告。おかげで農民は農業への労働ができず、とうとう飢えが始まった。餓死者は何百万人とも数千万人とも言われてる。目標を達成するために「嘘に嘘をつくり報告した」結果、たくさんの死を招いたのである。たとえば毛沢東の乗る列車が通る田んぼには、よそから出来のいい稲を線路の脇に植え直して婦人が水田に浸かり、笑顔で手を振る光景を作為した。医師である著者は、冷たい水に浸かる女性は婦人科に良くないからそれを心配していた。もちろん食べ物が足りない農民も含めて。独裁者の横(側近や全国の党の幹部たち)には「嘘」や「数字の作為」「虚偽の報告」「部下たちの出世競走のためにするスキャンダル流し」が横行する。そして「真実が伝わらない」のである。嘘の情報で戦争も起きる。SNSが、インターネットが世界の隅々までカバーしてしまうと同じ「嘘」が100回繰り返されると「真実」になってしまう危険性大である。自分の頭で考える習慣を、冷静な頭脳をいつでもどこでも持ち続けたいと思うこのごろだ。毛沢東の「大躍進政策」はこうしてたくさんの犠牲者を出して失敗し、主席をいったん辞任はするが、2代目の劉少奇国家主席を追い落とすために、毛沢東は「文化大革命」を起こし、紅衛兵を組織して、都会の知識人を農村へ送り込む運動を開始。全国を混乱の渦に陥れる。自分のブルジョア性を「自己批判」させる運動である。1966年から1976年まで続く。私の学生時代は「文化大革命」が真っ盛りであった。

鄧小平も文革で失脚した。しかし、現在の中国の基礎を築いたのは再復帰した鄧小平で、経済を自由に政治は共産党で、共産主義の中に資本主義を導入したのである。

  1. 偉人と言われた人たちも皆人間臭い実話が残されているんですね。君子などと言われますが、君子ほど危ない人は居ないかも知れませんね。権力を駆使して自我を丸出しにして恥も外聞も捨て、わがまま放題に振舞うのでしょうが、側近の人たちは素行を隠したり、持ち上げたりと大変な苦労をされていたに違いありませんね。どこの国も指導者と呼ばれる人物は周囲の犠牲者の上に君臨しているが為にクーデターが起きたり、自ら墓穴を掘っている訳ですね。

    • 墓穴を掘るとは言い得て妙な言葉です。墓穴を掘るに至る行為は古来、決まっています。相手を殺す、餓死させる、嫌ややつを追い出す、有能な人間を追いやる、国民や市民を不幸にさせる、消費者を小ばかにしてものを売る、他人の不倫やスキャンダルをなじっていながら自ら不倫をしている、他人のお金の不正を追及しつつ自分も横領をしている。権力者なら側近も同罪ですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。