首輪
滝2

人生の岐路は偶然にあり・・という実感をたくさんの人が日々体験しているわけで、言葉で説明すると嘘になるような生死の境目もあって、たとえば1分1秒、そこを早くか遅くに通過すれば遭わずに済んだ交通事故もある。

知人に法事の帰り、タバコのショートホープが切れていることに気付いて、自販機が置いてあるいつもと違う道路を走ったがゆえに頑丈なBMWに正面追突されて重傷を負った。彼の乗っていた車も偶然、知人から購入したばかりのHONDAアコード。アコードもBMWほどではないが、中古で固いボディーで助かった。医者の話ではあと数ミリ頸椎に近いと植物人間になる可能性もあったと。幾つもの偶然が重なって一命を取り留めた彼は、退院後、彼にアコードを売ってくれた人に大感謝をしていた。この事故から、彼は車の運転は止めた。

実は私も大きな交通事故を起こした。32歳のときだ。大きな道路から1本入った道で、一時停止を繰り返して前に進む直線道路だった。結婚して3回目の転職を考えていて、ラジオでロスオリンピックの男子マラソンを聞きながら屋根に時計台のある喫茶店を探していた。宋兄弟や瀬古が走っていた。ラジオに夢中、転職のことで頭がいっぱい、喫茶店探し、一時停止の繰り返し。

ところが、そこは一時停止ではなくて赤信号だった。発進と同時に私の運転席に車がドーンとぶつかってきた。交差点で私の車はくるくる回り、コンクリートの電信柱に後部をぶつけて止まる。軽自動車はフロントはめくりあがり、運転手は気絶していた。ラジエーターの水がしたたり落ちていた。不動産屋さんがすぐに警察に電話して、妻と娘と軽自動車の運転手を近所の外科へ救急車で運んだ。

偶然、前と後ろの固い柱部分(ピラー)にぶつかったがゆえに私のドアは凹んだけれど足の骨折はなかった。HONDAアコードだ。相手は信用金庫の営業マン。車にはお金を積んでいて、すぐに同僚が金の回収にきた。私に向かって「いくら自分が100%正しくても事故を起こすと自分の出世に響くので、示談にできないでしょうか?」と言われた。こちらも助かった。

次の日に、彼の勤める信金へ菓子折りを持って上司に頭を下げた。「お互い、大けがをしなくてよかったね」と被害者の上司から言われた時のうれしかった事。「何か、具合が悪くなったりしたら、必ず私へ連絡ください」と言って別れたが、その後、何の連絡もない。ただ、当時3歳の娘が衝突時、天井に頭をぶつけてそのときできたコブが36年経過しても頭のてっぺんに残っている。申し訳なかった。

私にぶつかってきたのがもし大型トラックだとしたら、私は即死かもしれない。ぞっとする。いまここでブログなんて書いていないかもしれない。最初に書いたように1分1秒の違いで、人生が大幅に塗りかえられる。28歳のときに、高校の同級生と喫茶店で待ち合わせをして10分遅刻したがゆえに地下鉄の階段で3年ぶりに出会ったのがいまの妻だ。学生時代に小樽に寿司を6人で食べに行き、お互い、生意気なやつという印象で別れたのに。偶然にもいろいろある。おまけの話でした。

  1. 毎日が偶然の連続ですね。決まって居るようで実は決まっていない日常に気づくのは良くも悪くも不意に起こる予期せぬ出来事ですね。もし先が見通せるマシンでもあれば防げるのですが、自分一人の世界、自分中心の世界と勘違いしている事に気づかない為つい油断しがちですね。家を一歩出れば何が待ち受けているか?分かりませんね。今日も一日無事だった夜は感謝しなければいけませんね。「偶然」は「必然」のケースが大半かも知れませんね。冬にBMWで軽四輪と接触事故を起こしました。お互いに大きなけがも有りませんでしたが、私のBMWは弾みで縁石に乗り上げ、軽のフロント角が当たった運転席側ドアは開かなくなりました。修理費も150万程掛かりました。軽は25万ほどでした。つい忘れがちですが、いずれにしてもどんな車も弱いものです。

    • 150万円の修繕費なら新車や中古のいいやつ買えますね。任意保険を全部適用したのですか?自分ひとり、自分中心で生きると世界はあれれ、ということになります。子供の甘やかしが怖いのはここですね。信号機を自分で赤や青にできればいいのでしょうが。自動運転で衝突を回避できればいいのでしょうがね。偶然の事故も中身を詳細に分析すると、それを呼び込む要素はどこかにありますね。イラク攻撃もフセインが作った生物化学兵器工場をあると思い込んだ(誤情報を意図的に流したバクダッド大使館員の女性の意見が原因でした。それが流れて流れてイラクという国が超破壊されて石油資源をアメリカがもっていったわけです)。これは偶然ではなく必然ですかね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。