『東洋経済新報』のHPの中に大前研一さんがレポートで発言していた言葉。『低欲望社会』。2015年現在で国民の総資産が1700兆円。貧富の格差はますます広がるばかりだけど、国民は国も信用せず、せっせと預貯金に励んでいる。年金でさえ、預貯金に回している人も多い。それが積もり積もって1700兆円になっている。タンス預金も100兆円を超えたらしい。

1%だけでも吐き出せば17兆円もある。超福祉国家なら、老後は全部、国にお任せください、自助努力は要りませんから、最後まで面倒を見ますから、貯金などケチなことはしないで存分にお使いくださいとなったら、さあ大変。欲望は他者の欲望を模倣する原則から言うと、誰かが駆動すれば、一斉に、消費があちこちで増大するはず。しかし、現実は真逆で、こんな低金利ならお金は『預ける』のではなくて『借りて運用する』方がずっと利益を生むはずだが、静かだ。

死ぬ寸前が最大の預貯金残高になり、財産問題を子孫に残す羽目になる。老人は実は自分の子供(子孫)さえ信用していないところもあって、特に結婚した娘や息子が虎視眈々と自分の財産を狙って近づいてくると思い込んでいる。現実、そうだ。子供たちにも老後が、親と同じように近づいてるから、少しでも兄弟の中で多くの取り分を取ろうとする駆け引きが始まる。その兄弟の子供たちも給与も高くないし、勤めている今の会社もいつまで働けるか未知数の世界に入ってるから、実の親から金銭を多く出させて、自分たちの貯金額を増やそうとする。自分の娘を見てもそうだから・・・。生きてる間は使おうとしない。

できれば親の実家もいただき住宅ローンを組まなくていい生き方もある。若い世代は『車は欲しくない』という男も多い。特に都会では。燃費問題に関わる必要もないし、駐車場代金、ガソリン代、重量税、任意保険代、車検代、修理代など金食う虫かもしれない。ハイブリッドだなんてだまされてはいけない。そもそも自家用車は必要ないのだし。遠出はレンタカーやリース車、天気が悪い日の買い物はタクシーに限ると思えば安い安い。

雪国はこれに加えて、除雪があるから困ったものだ。冬に雪に使うドライブ神経は並大抵ではない。タイヤもスタッドレスで筆者は国道のツルツル路面でコッツン事故を起こして、道警が来て『傷は何もないですね』と帰った後、車の持ち主が虫眼鏡で見たような微粒な私のペンキを発見、弁償する羽目になった。こんな悩みを持たなくていい。『悩みは物を持つと同時についてくる』。 (物は家とか家族、車、テレビ、子供も含める)

話を戻せば、1700兆円の資産は金融機関の中に眠っている。先行投資をするための融資も先細りで、結果、系列のいわゆるサラ金(かっこうよく社名を変えてるが本質同じ)へ融資して、高い金利で返させる。明日の暮らしを支えるためにネットでついつい借りてしまう。無審査で貸すというから恐ろしい。金融機関が貧困ビジネスに手を貸している。そこに『過払い金の返却を求める』司法書士・弁護士の相談会のチラシや広告が入る。これは全部、一列に並んだビジネスとしか思えない。

ある人に老人に上手なお金の使い方がないだろうかと話したら、富士山を背景に遺影を撮るツアーはどうだろうと言われた。医師と看護師を連れて、車いすを押す人も含めて全国で募集すると成功間違いなしだと。旅行代理店&写真館主催で。ブラックジョークだね。旅行会社勤務の人がいたら老人ホームと提携して提案する価値はあるはず。

  1. 大きな買い物は出来ないですね。財布の紐が固いのではなく元々財布に紐さえないからです。格差社会と言いますが、サラリーマンでそれ相当の待遇で退職した人たちは、仕事などせず遊んでいても悠々自適ですが、我々はそうも行かず働いています。一生死ぬ迄です。住宅も古くなりメンテナンスが必要ですから金食い虫ですね。更に固定資産税とやらが延々付きまといます。最初は中古住宅を買って当時天井知らずの銀行変動金利に驚いて、建売を買い直し30年もかけて毎月6万円余と年2回のボーナス月には40万円余づつの支払いでしたが、よくやったと自分でも驚きます。賃貸にしておけば良かったと後悔先に立たずですね。

    • 子どもたちが独立して経済的には楽になりました。ローンがないので生きられるようなもので、大して欲しいものもなくて、欲しいのは土曜・日曜の仕事で、現在、派遣会社に探してもらっていたり、知人の3人に打診しています。動き回ることがしたいのと、札幌へせめて月に3回行って遊んできたいですね。その小遣い稼ぎです。パソコンも中古を買いましたし。一番欲しいのは頭の毛と強い歯です。ないものねだりばかり。困ったおじさんです。昔の少年さん、住宅ローンを30年間で4000万ちかい返済ですか?若者たちが35年ローンで頭金なしでマンション購入してますが、銀行と不動産屋のための人生を送ってるようにしか見えませんね。賃貸が賢いかもと今なら言えます。不動産の前で夢で踊っているだけです。失業したり、転職するとわかります。若いときの勢いで買ってしまうのです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。