東京で課長をしていた男が突然、北海道へ人事異動してきた。なんでも彼の部下からうつ病が2名発症し、これ以上増やすわけにはいかないと判断されて、札幌にきたわけだ。今度は次長で赴任したが、叫ぶ・叱る・ののしる癖は行きたくもない札幌でさらにエスカレート。部長も止められず、職場環境は最悪になっていったのを覚えている。相手の人格攻撃が凄いのだ、周りもびっくりで、1年置かず、東京の閑職へ送られていったが、もう部下はつけないほうがいいなあと思ってみていた。こういう上司は、実際、どこの企業も何人も抱えているから、うつ病を社会的な云々で語られるが、実際、苦しくなった人から言わせれば特定の一人だということは忘れないでほしい。一人なんだ。周りはそれをただ真似をしているだけ。ここだけは押さえてほしい。私も小学3年から4年まで町内の野球チームで不良の中学生から何度もビンタをやられた。彼は中学校で教師から殴られていた。そして子分たちも真似をする。中学もそうで残酷な言い方だが原因は特定の一人なんだ。それが教師や上司の場合もある。声の大きい、断定的な物言いをする、命令口調で話すのが特性だ。で、彼(彼女)もすでに不安神経症を患っている。ただ、私の前職では1フロア40人中、鬱にて休職が総務から営業まで7人出てきたのは参ったが、うつ病の原因を作った男が今度は制作から営業へ人事異動されて会社に出てこなくなった。若いなら退職をして次の仕事を見つけるはずが、50代での人事異動は給与的にも無理があるので病気に逃げた。カラダが無理ですよとサインを出した。そういえばアル中気味の3人が鬱になっている。社長もアル中で鬱っぽい性格で2名を鬱に追い込んでいる。社長の特徴も「声が大きい、断定的な物言いをする、命令口調で話す」。小さな会社はトップの性格が伝染するから、うつ病もそういう意味では伝染性があるかもしれない。そして全員、長期休暇を終えて、元気に帰ってきた。営業部長は苦手な外回りをしないでいい、数字を上げないでいいと社長から毎夜の酒の太鼓持ちで内諾をもらったらしい。居酒屋が病院だったんだ。

  1. サラリーマンは余程の場合以外は有給休暇や病欠していても給与やボーナスは支払われるので安心して休めますが、会社勤めをしていない人は更に深刻ですね。パワハラやらセクハラも我慢して働いている場合も多いでしょうね。そんな内に仕舞い込んだストレスが家族や周囲の人たちにも悪影響を与えているのではないでしょうか。

    • 個人事業主さんのことを忘れて書いてますね、おっしゃるとおりです。私が勤めていた会社で能力のない制作室の版下の糊付けしかしていない人からコピーもイラストも書ける才能ある外注の人が下手だなんだと電話で罵倒されていたのを聞いたことがあります。彼はマンションの自宅で奥さん(イラスト書き)と共同で経営してましたね。仕事をもらうためには、罵倒する彼が窓口だったので我慢してました。むしろ営業の私たちと直接話したかったみたいです。罵倒した制作室の人も5人いるメンバーで一番能力低いとみなされて4人から軽く見られていたので、そのフラストを外注者にぶつけていたので、構造的な出来事です。家庭や学校、地域、国同士、役所の中、教員室、政治家同士、大学間、人の集まるところ、特に男の多いところほど「マウント」ごっこするので、坊主の孫さん言われるようにパワハラ・セクハラの洪水の中を泳いでいる世界になってます。水平関係を築く訓練をするために、共通の教養の礎がないとむつかしいです。それがないから「無視」「聞かないふり」「ごまかし」「違う答え」が政治家から官僚、教育委員会、NHKなどその心的態度が横行するわけです。

  2. 鬱の連鎖はコロナ並みに連鎖感染して行きますね。感染症と同じで元々の病原菌を見つけて退治しないといけませんね。それがダメならロックダウンですね。どこかで止めないとキリがありません。

    • 比喩としてコロナやインフルエンザと鬱を発生させる人は相似形ですね。先ほど、心臓の定期検診を受けてきました。オミクロンが発生して医師一人、看護師2名が罹患。すべて高熱症状。入院受け入れ停止だと主治医から。私は3回目を月曜日に打ったというと医師は来週、病院で打つと。早く病院を離れるよう促される。薬局へ処方箋置いてすぐ帰宅。再度取りに行きます。調剤、満員でしたから。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。