2年前にベストセラーになった「スマホ脳」(新潮新書 アンデッシュ・ハンセン)を読んでいたら「私たちの会話の8割から9割は、自分の話か他人の噂だ。私たちはゴシップが大好きなのだ」(同著129p)。私のブログも自分の話か他人の話で満載だ。自分の話でもなく他人の話でもない話とは、たとえば、太陽の黒点の移動と天候の関係やなぜ毒蛾が人間の皮膚にジンマシンを起こさせるのか、そのメカニズムを知りたいとか、ガン遺伝子と生命の根源を司る遺伝子は相即不離の関係にあって、ガン細胞を撲滅することは生命を撲滅することにつながるかもしれないから、ガン遺伝子を絶滅させることはできない、そういう会話はめったに日常の会話にはのぼってこない。親しい主治医となら問いかけてみる価値はありそうだが・・。

そこで、スマホでやり取りされるSNSの内容をカテゴリーデ分類すると「今日はコロナが学級生徒で発生し臨時休校。〇〇日まで」とか「〇〇地方で震度〇度の地震が発生。今後、余震も心配されるのでご注意ください」などは、客観性のあるメッセージだが、ほぼそれ以外は「自分がいまここで何々をしている。どこの店が開店して美味かった。イベントへ行ってきた」などなど、携帯電話が現れるまでは親しい友人や家族と会話の中で少しでたくらいの軽い話が、今ではその写真を付けて関心がありそうな人(仲間)へ教える。普段はプライバシーにうるさい人が、ことSNSになれば私生活をさらけ出す。不思議である。個人が広告代理店を営んでいるような気さえする。自分を含めて宣伝活動に余念がない。さらに蘊蓄を傾けていかに自分はその道に詳しいのか、教え始める人もいる。フェイスブックは特に顕著だ。私は見るだけしかしていないが、知り合いや知人がたくさん登場してくる。読んでいて、皆、どこか無理をしている、背伸びして書いている。見栄の部分が多すぎる。サラリーマン時代、付き合っていた人もいて、自己宣伝と他者宣伝と人集めに終始していて読むだけで飽きてきた。私のような人は変人なのかもしれない。

私たちの会話の8割~9割は、自分の話か他人の噂。ほかにたくさん話題があるというのに、政治や電通や五輪の借金や統一教会に文科省は「解散命令」を出せないのか・・とか大事なことはたくさんあるのに。

  1. 他人様の噂や悪口こそ少なくなったものの、気づけば、自慢話も多少交え、自分の体験談などに脚色を加えて面白おかしく語ってしまうことがしばしば。宇宙的、科学的、国際的、社会的な話題にはなりません。宇宙から見れば、ゴミにも値しない程度の話題ばかりに明け暮れています。

    • まだ未完成のブログを掲載してしまいました。すみません。明日、再度、完成させて掲載します。私の書きたい趣旨も一般人さんが指摘したとおりです。

  2. 自分の事で手いっぱいで、他人様をとやかく言う暇はありません。が、SNSでは、ひっきりなしに雑多な情報が飛び込んで来ます。電源がONの状態の限り、どんな状況でもお構いなしです。チラ見でスルーが殆どですが、何かの拍子にクリックしてしまう事もあります。そんな積み重ねも記憶されてしまいますから、何かの会話の拍子に、お互いが共有してしまうなんて事もあります。しかしこんな雑多な情報はキリがありませんから、時々電源OFFにするのがいいですね。私はクルマの中にポケットWiFiのルーターがありますから、クルマの近くに居る時は電話もネット繋げるのですが、通信料の節約もあり、WiFi環境に無い所では電源OFFにしています。そもそも携帯電話の無かった時代を考えれば、今では大人も子供も猫も杓子も携帯電話ですから、不思議な世の中になりましたね。そんなに連絡しあったり、ネットの情報を求める必要があるのでしょうかね。便利すぎに慣らされると、考えなくなりますね。

    • 電源OFFやスマホを見ない選択肢は勇気がいるようですが、ストレス減らすには最適な方法かと思います。SNSを開発した人が「失敗した」と後悔しています。スマホが人々の精神状態を悪くする、落ち着きがない、不眠症を増やす、うつ病を増加させて抗うつ薬ばかり増えた。視力低下、長い本を読めなくしてしまった。集中力を減退させたとか、精神科医がスマホの功罪を山のように取り上げ始めました。大脳に実際、良くない。特に小学校や幼稚園などの低学年にね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。