(1)きょうは8月2日、テレビで新潟県長岡市の花火大会を見ている。新潟には特急(白鳥か日本海)で金沢に向かう途中、新潟駅に停車。プラットーホムから聞こえた通学生徒の会話が札幌育ちの私の耳に故郷に帰ってきたように聞こえたのを覚えている。新潟とのつながりは私の叔父(父の兄)がときどき佐渡島へ行ってきたと父と話していたのだが、誰なんだろう?生きている間に聞いておけばよかったと後悔している。家系図には興味のない私であったから。自慢するほど立派な家系図があれば北海道には渡ってこないからと思っていた。何県から来たというのが学生時代の会話ではよく出た。私の関わるのは徳島県の鳴門市であったり、岐阜市であったりする。知人も山形県だったり、福岡県だったりいろいろだ。そして故郷の習慣(言葉も含めて)を北海道に持ってくるから、言葉や習慣、行事をミックスさせる土地。東京本社から3年から5年のサイクルで転勤者が札幌に来る。異口同音に「人があったかい」と言う。原野を開拓するのにエゴを出していては開拓できない、その思考が生き方にまで反映していたんだろうね。水がうまいから、食べ物も美味い。もちろん作り手の大努力はあるけれど。付き合う道産子も「甘くておいしい」らしい。札幌の女性はきれいでもてる、性格のいい人も多いから独身者は嫁をもらって本社に帰る。ススキノで既婚者なのに独身を装って「結婚話」を餌に、転勤を機会にさっさと女性を捨てていく人もいた。「支社長を出せ!」と怒鳴りこんできた夜の女性もいた。

(2)7月21日から31日まで10泊11日、娘と孫が暑い大分からやってきた。「涼しい涼しい、夜はぐっすり眠れる」と喜んでいたが、いざ帰る日、孫は「涼しい北海道にいたい」とダダをこねた。8月2日の中津の気温を見ると36度予想だ。彼女のアパートでエアコンは3台稼働していて「点けたり消したりすると電気代がかかるから長い時間動かすほうが安上りよ」と娘に注意されるが、貧乏性の夫婦は「涼しくなったらすぐに消す」癖がついている。「扇風機で十分」。私の住む団地もエアコン設置家庭が増えてきた。10月や11月は暖房として朝と夕方使えるから便利だ。毎日、図書館に通う川崎在j住の兄から「さすがに暑すぎて、外に出たくない」。現在,午後10時30分、扇風機を寝室と書斎で2台回して涼んでいるが、この時間で24度は高過ぎる。アイスクリームが食べたくなる、夜に食べるアイス。冷凍庫にロッテのモナかを買ってあるから、妻が寝たら階下へ降りて食べようと思う。

定山渓にて
  1. 本州の夏の猛暑も年々気温上昇が加速化していますね。子供の頃にはパンツとランニングシャツで川遊びに明け暮れていましたが、現代っ子たちは身なりもキチンとしていますから暑さもハンパ無いでしょうね。しかし昔と違い大抵の場合エアコンがあって人工的な避暑空間で凌いでいるのでしょう。昔の北海道では家は勿論、クルマのクーラーなど贅沢品でした。我が家では今でもエアコンは無く各部屋の窓を網戸で全開にして扇風機です。業者さんに聞いたら我が家の場合、分電盤から取り替えたり百万程掛かると脅され今夏もエアコンは断念しました。ホーマックに冷風扇が7千円台であったので試してみるとカンタンな構造で水だけでも良いのですが氷か保冷剤を浮かべればかなり涼しい事が分かりました。大袈裟なものは高価な上に半導体不足とかで入手困難のようですが、シンプルな構造の冷風扇は未だ未だ在庫も沢山有るようです。水と冷蔵庫で作る氷だけで涼を体感できるのですから大袈裟なエアコンなどいりません。都会の暑さの原因の一つにエアコンなどの排熱量も関係しているのでしょうね。しかし、間もなくお盆も過ぎれば涼しくなる北海道ですから後数日の辛抱ですね。

    • 母は冷凍庫で大きな氷をつくり、それを洗面器に入れて涼を取ってました。夏休みは然別川の流れる母の故郷で10人くらいの甥や姪たちと川遊びや蛍狩り、馬頭観音まで散歩したり、雑魚寝したり夢のような夏休みでした。食料品雑貨も売っていたのでおばあちゃんは「好きなだけお菓子を食べなさい」と。風鈴が鳴り、涼しい夏休みでした。その中の姪と彼女の父親の葬儀に再会して「あのときの夏休みは宝物だね」と言い合いました。私と同じ年で子供3人育てて立川に住んでました。子供時代にはたくさんの自然を中心に思い出をつくるのがいい人生、しぶとい人生を送れる鉄則だと思いました。

  2. 大阪に居た頃はアイスコーヒーの事をコールコーヒーと言っていました。今でも大阪のオッサン達は喫茶店で『オィ姉ちゃんコールくれへんか』なんて言っているのでしょうか?。先週末はファクトリー西広場で大型テント3張で扇風機やら冷風扇など7台入れて3年ぶりにイベントをしました。勿論検温器や透明ビニールの飛沫感染防止対策など万全を期し、飲み物はガラス張り冷蔵庫に無料でペットボトル飲料などを沢山用意しましたが、瞬く間に無くなり補充に追われてました。33度でしたから大きなジョウロで何回も打ち水もすぐに渇いてしまいました。さすがに二日間で日に焼けました。

    • 先週、暑かったですね。私は大学警備のバイトをしていました。全然、慣れない仕事で困っちマス。ほかの人の2倍の時間があかります。イベントがんばりますね。ペットボトル飲料提供は喜ばれますね。ファクトリーの地か100メートル掘れば地下水出てきますよ、冷たい水が。それを飲ませるといいと思いますね。元々、そういう土地が札幌東区には多くて食品産業が林立していたのですからね。藻岩山からの扇状地で伏流水出てきます。活用すれば喜ばれる。水のシャワー施設も子供に受けそうです。

  3. 夕べの旭川スタルヒン球場での日ハム対ソフトバンク戦は直前までの雨天もあり日中でも24度、始まった頃には20度で肌寒い程だったようです。日ハム先制点にもさすが強敵ソフトバンクは直ぐに追いつき、また逆転負けか?と。若手が育ってきた日ハムの活躍で久しぶりに勝ちましたね。ソフトバンクの選手達には、猛暑の福岡に比べ北海道は避暑地のようで別世界だったでしょう。

    • 野球あったんですね。忘れてました。長岡花火大会を見ていたり、わくちん4回目接種したり、ボランティアしたり、昼寝にいそしんでました。図書館に入る新刊書もどうも好みに合わず、涼しい図書館で過ごす贅沢を味わってます。ところで先日開館した石川県立図書館、立派でした。ここは日本かという発想の場所です。ユーチューブにアップされてます。おひまなときにどうぞ。

  4. 移住組は住む目的があり、地域での円滑なコミュニケーションを望みますが、転勤族は数年間を如何に快適に過ごすかとの根本的な考えの違いは有るでしょうね。また出張族の場合、比較的若い人は札幌🟰ススキノ🟰性風俗と勘違いしている輩も多いですね。また年配者は飲んだりたべたりして接待係の私達に『君らはいいなぁ、毎日こんな美味いものばかり食べられて』。内心『私達は蟹など食べた事はありません』と呟きます。

    • 札幌っ子は見栄っぱりのところもあるので、カードで支払い、無理したおしゃれも多いです。毛ガニなんてもう何年んも食べていない。ススキノを11時を過ぎても独身OLが一人で平気で歩く街も多くはないと思いますよ。母から南4丁目からススキノへは行ってはダメと教えられました。中学時代はもっぱら狸小路までが行動範囲でした。映画館もたくさんなり、ストリップ劇場は狸小路に2軒もあったんですよ。乳首のところに星マークのシールが貼られていました。のどかな景色です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。