9月25日は、市民が待ち焦がれていた恵庭市立図書館玄関前での「本のリサイクル市」。午前10時から午後2時まで。市立図書館が開館して30年、黄色いエプロンの会も22年を超える。ボランティア組織を立ち上げたときのメンバーがいまも3人いる、もすごい。現有は17名で運営している。男7名、女10名だ。平均年齢は若くはない。テーブルの貸し出しなど図書館側からの助っ人と近所の女子大生も4人来てくれて重い本を軽々と持ち上げてくれた。

運動の趣旨は、市民が不要な本を図書館玄関の白いBOXに入れてもらい、毎週火曜日と金曜10時から2時間、出版年月を調べ値付けをして、ジャンルを別に分ける。児童書、実用書、文庫本、単行本、新書、美術や写真集の6つのカテゴリーで整理。整理された本を毎年6月と9月の日曜日に市民へ超格安で買ってもらう。収益金で普段買えない高価な本を購入する。1冊の本の売値は10円から50円くらいだ。

私は美術書担当。美術全集のバラ本が多くて今回は売り上げはあまり期待できない。しかし、ビートルズのカタログ5冊あるので500エ円で強気に付けたら売れた!これにはエリザベスの国葬もあったかも。手塚治虫のブラックジャック全巻は1000円で6月にも売れた。しかし、どこかの喫茶店の棚にあったのかタバコの匂いがしみ込んでいた。「アドルフに告ぐ」もすぐに売れた(というか妻が欲しがっていた)。いま欲しいのは「火の鳥」の大判だがBOXに捨てられていない。長い間、イベントに携わっていると「業者」も来ている。「万引きがあちこちである」という話も聞くが、許容範囲だ。

黄色いエプロンの会は必ずしも本好きだけが集まるわけではない。「誰かのお役に立てたい。家にいても退屈、誰かとおしゃべりしたい」など動機はそれぞれ。美術書の中に「大東亜戦争の記録」という10冊本があった。会の代表は「こんなの絶対に売れないよ」。私はこの町は「自衛隊の町。マニアで買う人いると思う」で100円を賭けた。売れた。20円30円の単行本の中に新興宗教本が多く混ざるようになっている。一度は読んで捨てられている。次の人は買わない、残る場合は廃棄処分だ。

児童書は1冊1冊消毒をしているから、きれいな本が多いから人気だ。芝生に座って子供たちは集中して読んでいる。漫画や趣味本、実用書はお母さんがたくさん並んでいる。近所の文教大学の女子大生4人が来てくれて接客と段ボールに入った本を2段3段と持ち上げて運んでくれた。力持ちというか若さを身近で感じたものだ。売り上げ結果は10万円を無事に超えた。めでたしめでたし。この中から図書館に寄贈する。

こういう活動を全国の小さな自治体で始めると活気づくと思いますね。埼玉の本好きの知人が「いい活動だ」と褒めてくれた。「そちらでも活動してみたら?」と提案はしているんだけどね。(1)図書館の協力(2)中心人物の確定(3)不要本投函BOXを玄関に設置できること。(4)毎週2回、図書整理するボランティアを最低15人集める。

そしてこの会の長続きする要因は、行きたくなければ行かなくていい(誰にも連絡の必要ない)ボランティアの勝手気ままを許容していること。無組織の組織だ。短期バイトを持ちながらボランティアしている人も多い。

全国に普及してほしい。

  1. 書籍は各家庭に沢山あるでしょうから、整理しょうと思っていても、つい捨てきれず書棚や階段下のスペースに積み上げられていたりしますね。我が家は比較的思い切って何でも捨てる方ですが、大切な思い出も手伝って中々捨てきれないケースが多いでしょうね。しかし書籍も共有して皆さんに提供することで何かの役に立つ事もありますからボランティアでの「蚤の市」のような活動は素晴らしいですね。図書館も巻き込んでいるところも読書好きや書籍マニアの方々にも人気がある理由かも知れませんね。何といっても無償ボランティアの方々の協力あっての本来のイベントですね。

    • まったく20年以上している人が3人いますし、10年選手も多い古本屋やBOOK OFFの商売の邪魔かもしれませんが。なかなか捨てらえない本はあるでしょうが,亡くなれば用のないものです。遊びの類と思えば、長続きします。本は重いので体力だけは大事です。無料本や廃棄本で貴重本を発見する喜びはあります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です