読みが外れれば大損をしてしまう投資の世界を熟知している瀧本哲史さん。2019年8月10日、47歳で死去。彼の名著の『僕は君たちに武器を配りたい』(講談社)を読んでみた。挑戦的な題名の本だが、中身も挑戦的で学生や社会に出て間もない人、大学時代から起業を目指す人へゲリラ戦のアドバイスを書いている。非情で残酷な日本社会(日本に限らないと思うが)で生き抜くための武器を提供している。たとえば就職するときの企業選びの注意事項は・・・・(同著 101p)
1)大量のコマーシャルを打っている会社、『今、流行っている』商品・サービスを売る会社には気をつけよ!
2)生産性の低い40代・50代社員が幸せそうにしている会社には入るな!
3)企業を見極めるポイントは『お客さんを大切にしているか』。顧客を大事にする会社は従業員も大切にする。
マーケッティングの会社に在籍していたり自分で投資家として活躍もして、日本の企業の実態を分析して得た結論を簡潔に述べて、若き世代へ『ゲリラ的に』働ける武器を、理論を、その具体的な事例を書き溜めた。読みやすく、各章ごとに『ここままでのまとめ』として得られた武器を表示している。気のつくままに、彼の武器を列挙するので、関心あるかたは書店でどうぞ・・・。
●企業や商品で差をつくることは難しい。差をつけるには、ターゲットとなった顧客が共感できるストーリーを作ること●『自分の頭で物事を考えない人』は、DQN(ネットッスラング・ドキュン=遅れた層)ビジネスのカモにされる●メディア業界人は『唯一の情報を提供できる人以外は』生き残れない。●顧客の需要を満たし続けるマーケッターは生き残れる。●勉強ブームのカゲには『不安解消マーケッティング』がある。安易に勉強すれば大丈夫と思うな!●全産業で『コモディティ化』(平均化・差異が認められない個性喪失)が進んでいる。賃金を下げないためにコモディティになるな●専業主婦はハイリスク。婚活ブームに踊らされずに、女性もキャリアを目指せ●金融会社など高給で知られる会社ほど、変化が激しく、短命な商品の寿命がそのままビジネスの寿命になる●大学では『奴隷の勉強』に時間をかけず、自由人になるための『リベラル・アーツ(教養)』を学べ●本当の資本主義の時代に、『ほんとうに人間らしい関係』を探っていこう。
これから世の中に出る人、まだ出て年数の少ない人や学生の未来構築に生き方や言葉の武器を瀧本さんは遺言のように書いていたんだと思った次第である。国に頼るな!が基本。自由人になるために。

  1. 我々高齢者が若い頃は有名企業に入れたらそれで十分幸せ感がありましたし、またそんな人達が羨ましかったですね。今ではどんな企業でも余程の事が無い限り、そこそこの待遇を準備しています。また転職で途中入社社員も多く見受けられます。昔に比べて若者たちも利口になったのでしょうね。最初の就職先で生涯を共にするなんて考える人も少なくなったでしょうね。チャンスが来たら逃さずチャレンジした方がいいですね。

    • 最初に勤めた企業に60歳まで勤め上げるのは稀な例でしょう。大手であっても聞くと何度も辞表を抱えて生きてきたと言います。私の兄は22歳から60歳まで同じ企業で定年を迎え、以降は完全引退です。その次が65歳まで働き年金満額いただく世代。次が70歳まで働く人。しかし、定年なく死ぬまで稼ぎ続ける人も多くいます。自営業の人たちで近所で私と同じ年の酒屋さんもいます、軽トラックでビールや酒と米を運んでいます。現代はどんな事態になっても生きられるスキル、生きられる近所付き合いを含めてた関係づくり、要はスキルを身に着けて、一人でも生きられる訓練が必要な時代です。そのためにはたくさんの人を助けながら生きていかないといけませんね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。