雨上がりの朝、ランドセルに黄色のカバーを付けた新一年生が我が家の自宅前の道端で立ち止まっている。同級生が『どうしたの』『ミミズがいて、ここにいると踏んづけられるから、移しているの』と塀のない我が家の庭へ移動させて、『これでだいじょうぶ』と学校へ向かった。

福岡伸一さんの本のあちこちに、進化論を書いたC・ダーウィンの最後の著書が『ミミズの研究』であったと書いてある。私もミミズは好きで(巨大なミミズはさすがに気味悪い)、庭を掘ると彼らが出てくる。土を耕してくれて感謝している。口から土を入れて、栄養素を吸収し、お尻から出す。福岡伸一さんは、ミミズに脳はあるかどうか調べた。方法は餌を運ぶミミズに紙切れの先を▼にして穴の前に置き、初めは▲で穴へ入れるも、頭がでかくて入らず、2回目に▼にして無事に穴へ運んだ。これを見て、ミミズに解剖学的な脳はないが、考える仕組みがあると考えた。

それを脳といえば脳かもしれない。消化器官の管だけで生きているミミズ、目も見えず、じっと穴の中で過ごし、どういうわけか雨上がりにアスファルトに出てきて、自転車に踏まれ、人の足に踏まれて独特の匂いを周りに発している。生物の発生学からいくと、初めは消化器官でここから大脳が分かれて行くことを考えると、第一の脳は実は消化器官なのだ。ミミズの連想でいくと考えるは場所は、消化器官の周りに張り巡らされた神経ネットワークだとすると、人間も考えるのはまず消化器官かもしれないと推理できる。そういえば、悩みは正直に胃腸を壊すところから始まる覚えはないだろうか。ミミズに背骨をつけて立たせ、顔と手足をつけると人間になるような錯覚を覚えた。

『そもそも、私たちの遠い遠い先祖は、現在のミミズやナメクジのような存在だった。彼らの姿こそが、私たちの原形なのである。彼らはまさに一本の管。口と肛門があり、その間を中空のチューブが貫いている』(動的平衡 72p)

『どうしてこうなったか』と考え始めると『ああでもない、こうでもない』と推理が始まるが、これは大脳の大好きな後付け説明みたいなものだ。脳は嘘を言えても、腸は嘘をつかない。どこかの首相に聞かせたい科白だが本当だ。毎日出す便ほど大切なものはないかもしれない。

それは余談として、自宅前のミミズを1匹考えるだけで凄い世界に学問は入っていくのだと思うと、ミミズの横をアリたちが移動している。アリに言葉があるかどうか?スズメたちは喋っているようだ。植物にも感情があるという人がいる。優しい言葉をかけながら水を上げると綺麗に咲くと言うのだが。子育てもそうであって欲しいと思う昨今だ。

それにしても、ダーウィンがなぜ人生最後の研究をミミズにしたのだろうか。土壌を作る、生きるための作物を最初に作る生き物としてミミズの存在を考えていたのかもしれないね。ミミズがいないと植物も生えず、鳥もいなく、ましてや哺乳動物も生きられる土壌にはならないから。

  1. ミミズと言えば、子供の頃は魚釣りの餌でした。特に小さ目の縞ミミズが最高でした。大きな石の下など同じような場所に固まっていますから小さなガラス瓶を持って捕まえに行きました。田舎には沢山いましたよ。大きなミミズが這い出してくると地震の前ぶれとか言っていましたよ。地熱や微振動などで分かるのでしょうか?鈍感なように見えて繊細なミミズです。子供の頃は平気でミミズもカエルも指でつまんで捕まえたりしていましたが、今は出来ないですね。

    • 私も豊平川でふなつりやウグイを釣りに、その餌を農家で稲を積んだ下からミミズがたくさんとれました。釣りではさっぱり成果はなかったですが、ワイワイ騒ぎに行くことが目的なんでそれでOK。下手に釣ると誰かが自宅で飼わないといけないと思い込んでました。リリースはあのころしなかったです。

  2. 人間も体内にミミズを飼っているようなものですね。大腸は大きなミミズ、小腸は小さなミミズ、十二指腸は更に小さなミミズですね。口から入れた食物を、それぞれに分配して消化して貰い、排泄しますが、自然界のミミズの場合は土壌改良などに役立っているのですが、人間の体内ミミズの排泄物は水洗トイレから下水道に流してしまいます。昔は人間も肥料にしていたのですが、人間社会は変わりました。

    • 人間も考えてみると、糞便製造機に見えることがあります。なぜ、毎日食べないといけないのか?尿と便を製造するためでしょうか?生き物全般、そうですがね。ロボットなら食べなくていいので菅、しかし、電力は食べますね。・

  3. 賃金の安い若い中国人の青年たちを雇い入れていた企業主も息子の代に変わった途端に最近は工場をロボット化しました。ロボットは電気と少しの潤滑油だけで昼夜を問わず働きます。しかも人間と違って正確かつ真面目で無駄口や文句など一切言いません。生産性は数倍も改善されましたが、コロナ禍で仕事が少なくなると設備投資の返済に困りますね。しかし人間の労働者と違って感情が無いだけに辞めさせるのも簡単みたいです。

    • ロボットは食べないし、組合も作らず、無駄口きかず、もくもくと働きます。人間でもロボット化する労働者が増えてますが、賃金は伸びません。賃金伸びないと消費する金額も減り、ますます小さくなる経済ですが、でも小さくなっていいのではないでしょうか?広告で煽られて無理してカードで買わず、最小限の費用で満足する生き方がこれからの日常ではないでしょうか?投資や株で儲けている人がたくさんいますが、どうぞお好きにおやりになってください。行きつく先は同じですよ。最後は土に還り、ミミズさんとこんにちわ・・です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。