58歳、函館在住の知人が、電話の向こうで「60歳になったら退職してのんびり海外旅行三昧で暮らしたい。いまはコロナの仕事で大変だけど、収束すれば夫婦二人で大好きなハワイで太陽浴びて時間を過ごしたい」と。一方、「自宅に年金便が送られてきて、65歳からの年金額の余りの低さにびっくり、こんなんでは暮らせない」と。お子さんがいないので、食べるだけは暮らせるとは思うが私は「もらっただけの暮らしはできるものだよ」と慰める。「健康維持と小遣い稼ぎのために働き続けるのを勧めるよ」と陳腐なアドバイス。定年になって自由でなんでもしてもいいというほど不自由なことはない・・・いずれそういうことに気づくと思う。がむしゃらな趣味を持って、その道で生きがいを見出す人は少なくて、労働の楽しさ(現役のころは苦痛であっても)が、時間に拘束されることで、拘束が外れたときにこそ自由を十分に体感できる。エーリッヒ・フロム「自由からの逃走)みたいな気分だ。長電話の中で「もう雪はいいよ。雪のない南の地方で住みたいよ。福岡なんて理想だね」もともと炭鉱町に生まれ、東京の私大を出て札幌にある社団法人に勤めて、冬の雪はうんざりするほど知っている。北国生まれでスキーでもしないと、除雪や冬道運転の苦労、暖房費と被服費の負担、5月6月になれば一斉に梅と桜が咲いて最高な季節かもしれないが、ここに至るまでにたくさんの辛抱を強いられている。札幌生まれの兄と妹も22歳で関東圏へ結婚と就職で住みだすと、「冬の北海道は住みたくない。雪のない冬を一度でも過ごすと戻りたくない」と異口同音に言う。残される私は、老いた両親を最後まで看取る役であった。3人の子供が全員、本州で暮らすと寂しい両親であったろうから、私の存在は親不孝な私の人生前半であったが、まあまあ帳尻を合わせたかと思う。18歳で京都の大学へ行った娘はそこで伴侶を見つけて大分県へ嫁いだ。方言も覚えて、冬に帰宅しても除雪はしない。楽を,快を選ぶ現代っ子だ。除雪の真似をしてくれる孫娘の姿がせめてもの慰めだ。雪のないところに住みたい、できれば住みたい・・北国に住む人の本音で、加齢とともにその思いが強くなる。

  1. 豪雪地帯の北陸に居ましたから、北海道の雪は軽くて苦になりませんでした。が、歳と共に大変になりましたね。雪を飛ばす機械の2台目が活躍していますが、ルンバのように無人で勝手に除雪してくれません。寒い朝から外で労働です。雪には縁が有って、一生離れられないのではないかと観念しています。スキーもスケートも随分しましたが若い時だけですね。楽しかったのは。

    • 歳とともに10月を過ぎると憂鬱になります。曇天が続いて、ときどき雪がチラチラ。ラッキーなときは12月31日まで雪なし。万歳ですが、1月2月とドカ雪。やっぱりね・・と観念します。除雪機を使って歩道を開けている人もいますね。ありがたいことです。私は歩道の雪は自分の庭に雪を入れてます。湿気のない雪で軽いですが、それでも30センチ超える積雪でどんよりした気分。マンションでは除雪がないのでしょうが、あの鉄の扉が嫌いで生理的に受け付けません。本州の知人宅に真冬、泊ったことが何回かありますが、しかし、寒い。北海道のほうが暖かいです。窓と壁が寒冷地用ではないので寒いのですね。

  2. 豪雪地帯の北陸に居ましたから、北海道の雪は軽くて苦になりませんでした。が、歳と共に大変になりましたね。昨冬から雪を飛ばす機械の2台目が活躍していますが、ルンバのように無人で勝手に除雪してくれません。寒い朝から外で労働です。玄関先に機械で雪山を作って、週一で排雪業者のショベルカーとダンプがやって来て排雪してくれます。シーズン4万円余ですが、近所のお金持ちは「雪は春には融ける」と言って業者には頼みません。雪を積むより、お金を積んでいるのでしょう。雪には縁が有って、一生離れられないのではないかと観念しています。スキーもスケートも随分しましたが若い時だけですね。楽しかったのは。

    • お金を積んで何に使うのでしょうね。老人ホームへはいどうぞでしょうね。雪は少年時代は好きでしたが、働くようになってダメです。車は立ち往生、タイヤ交換、除雪、冬のスポーツは縁がない、熱燗も飲まない、森進一の冬のリビエラだけは好きですから。シーズンの排雪まで4万円が相場ですね。こちらもそうです。頼んだことはありませんんが。人生、つくづく体力が一番大事だと思うこのごろ。エンゼルスの大谷君の筋骨隆々をみて、スゴイわ。

  3. 特に冬はマンションは良いですね。それも街中のマンションなら交通機関での無駄な通勤時間も無く自分時間を沢山持てますからね。でもウチは孫たちも大はしゃぎで大声出すは、カミさんは大音量で音楽聞くはで、多分毎日上下階やお隣から苦情でしょう。
    そんな訳で郊外の一軒家ですが、考えれば、良くも長年中心部に毎日通っているものだと自分ながら感心します。理想は自分のアトリエ的空間程度の都心マンションで家族にも干渉されない一人の時間が欲しいですね。音楽を練習したいので防音効果は必須ですけどね。独自で工事すれば、家賃のほかに相当掛かるのでしょうね。やっぱり無理ですね。

  4. 特に冬はマンションは良いですね。それも街中のマンションなら交通機関での無駄な通勤時間も無く自分時間を沢山持てますからね。でもウチは孫たちも大はしゃぎで大声出すは、カミさんは大音量で音楽聞くはで、多分毎日上下階やお隣から苦情でしょう。
    そんな訳で郊外の一軒家ですが、考えれば、良くも長年中心部に毎日通っているものだと自分ながら感心します。理想は自分のアトリエ的空間程度の都心マンションで家族にも干渉されない一人の時間が欲しいですね。音楽を練習したいので防音効果は必須ですけどね。独自で工事すれば、家賃のほかに相当掛かるのでしょうね。やっぱり無理ですね。

    • 理想は秘密の自分だけの狭くてもいいので個室ですね。ロッキード事件のときに日商岩井の常務が都心のマンションでプラモデルを作っていた部屋、誰にも干渉されない部屋を持ってました。理想形です。戸建てで多いのはガレージに身をひそめる定年族で。DIY人気も彼らに支えられているのかもしれません。TV局の営業マンが都心にマンションを持ってましたが、目的は別なところにありました。危ない目的です。賃貸で昼寝用・読書用・TV鑑賞用・モノづくり用でいかが?私は2階全部3部屋を独占してるので贅沢な暮らしです。子ども部屋を全部もらいました。離婚でもして帰宅するとあけなくてはいけませんが。

  5. 寒っ!ティラー。

    特に冬はマンションは良いですね。それも街中のマンションなら交通機関での無駄な通勤時間も無く自分時間を沢山持てますからね。でもウチは孫たちも大はしゃぎで大声出すは、カミさんは大音量で音楽聞くはで、多分毎日上下階やお隣から苦情でしょう。
    そんな訳で郊外の一軒家ですが、考えれば、良くも長年中心部に毎日通っているものだと自分ながら感心します。理想は自分のアトリエ的空間程度の都心マンションで家族にも干渉されない一人の時間が欲しいですね。楽器を練習したいので防音効果は必須ですけどね。独自で工事すれば、家賃のほかに相当掛かるのでしょうね。やっぱり無理ですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。