ひとりになっても日常生活が困らない人、やることがたくさんある人は最強かもしれない。加えて農作業ができる土地と種を持ち、作物を作れる知識があればかなりしつこく生き延びれる。この年齢になってつくづくそう思う。他人を振り回さず、生きられる人はどこか共通のところがある。たえず自然を見ている。コンクリートジャングルは生存に弱いことも知っている。


若いときから仕事一筋ではない人も強そうだ。時間の合間に絵を描いたり、書をやってたり、読書タイム(仕事とは無縁の)を持っていたりする。ゴルフ趣味も多いが、これは他人を必要とする。仲間を集めないといけないから最強の人とはいえない。時間の経過とともに実感するのは一人に強い人、つまり他人の中にいても自分を見失わず、声を荒げずゆったりしている人かもしれない。


仕事は他者との関わりで成り立っている世界だから、それがなくなるということは、他者が消えて、残るのは妻であったり子供であったりする。稼ぎがなくなると冷たくなる奥さんも多いし、昼ごはんの準備が増えてイライラを嵩じさせる主婦たち。ウザイ存在と言われる前に、一人で進む世界があるのは最強の生き方だ。他人の評価から離れられる気分の良さは何事にも代えがたい。


ここまでは男について書いたが、実は世の中で一番深刻だと筆者が思うのは、母親の息子へのエゴ独占、自分の思うような息子へ育つよう異常なまでの干渉をしていることだ。外から指摘しないと母親は気づかない。昔から長男信仰というのがあって、過保護という言葉も流行ってたが、見ていて『引きこもり』を促す主原因は、母親が息子を追い出さない(早く出て行き自立しなさい)ことではないかと思うくらいだ。


もちろん労働環境の悪化(派遣やパート労働でひとり暮らしができない収入面)もあるだろうけど、できるだけ追い出さないといけないと思うのだ。本人のために。子供から見れば精神的な(母殺し)をしないと結婚までなかなかいけない。結婚をしても日本の男はマザコン多いというが、イタリアの男性もいつになっても背中にママンがいると米原万理のエセイにあるから世界共通かもしれない。私の母は筆者が実家を出ると寝込んでしまった。3人の子供のうち兄と妹は本州へ、最後まで実家に留まった私が結婚で別な町で住むようになり家を出て母は『空の巣症候群』の様相を呈したのだ。


家族みんな仲良くが理想だというけれど、そうはいかない。人生、目の前にどんな異性が出てくるかわかったものではない。私の母親は大正12年生まれ、大阪で少女時代を贅沢に過ごして大阪空襲で帰道したが、しかし、自分の趣味は宝塚鑑賞と編み物以外何もなかった。一番の関心は長男の成績であったようだ。市場に買い物へ行っても兄自慢をする。それは結局、自分の自慢でもあってほかの主婦から嫌味な奥さんと思われていただろう。


母親と息子(特に文武において優秀な)は依然として『へその緒が切れていない』。それを感じさせる身内の話である。フロイト学者岸田秀さんが四国で映画館を経営している家に生まれて、父親を亡くして跡継ぎとして岸田さんを自分を思うように育てたい母親のエゴにあるときに気づく文章があった(どの本であったか忘れたが)。


いつも横にいた人がいなくなり生まれる空白。仕事を失う定年で生じる時間の空白。子供を事故で失う親。高校・大学入試失敗のとき生まれる虚脱感。どんな人にもある日突然に、空白のときが訪れる。いまは充実していても必ずやってくる。愛があろうがいずれ、ひとりになる。あなたのスケジュール表や手帳が用事で埋まっていくことの面倒くささと所属集団から必要とされているという快感。


野生動物を映像で見ていると、空白のときは昼寝をしていたり、ほかの動物に食われたり、潔い人生だ。ヒグマもある年齢で子供を追い出す。一人前になるのにこんなに時間がかかる生物に人間はなってしまった。それにしても近所で息子を自宅に囲い込む母親の多いこと。お金に困らない家が多いように思うが。何度でもいいから家を追い出さなければいけない。親より素晴らしい人は広い世界にたくさんいるのだから。

  1. ゼロ戦パイロットの弟。

    考えてみれば私の父の生き方は今になって分かるようになりました。同居時代は父に批判的な見方もしましたが、私も知らない若い頃からやるだけの事をやって家庭を持ち子供も育て、商売も軌道に乗せたところで、思いもよらなかったであろう東京空襲で疎開。生まれ故郷でひっそり暮らし始めたのでした。親戚から空き家を借り、田畑も借りて貧乏でも稲や野菜を作り、木を切り木炭を作り、干し柿を作り、僅かな収入を得て家庭を守り、その傍ら釣りを好み、絵を描き、詩を詠んで居ましたね。村の寄り合いでも酒を飲まず、肴を持って早めに帰って来ました。山仕事の帰りには木の実が私へのお土産でした。このような貧乏暮らしは、自ずと子供たちをも自立させるものですね。三人の姉たちは生まれ故郷の東京で夫々の生き方を、生き残った飛行兵の長男の兄は県庁に勤めながら趣味の演劇活動など。それぞれ波乱万丈ではあっても自立していきました。末っ子の私もそんな家族環境の中で中学卒業と同時に家を出て自ら全寮制高校進学から始まり、親には相談もせずに自分の道を歩き出しました。初めっから親からの支援などは期待できないので自分で生き抜くしかありませんからね。苦しい思いも多々ありましたが、ありがたい事に、貧乏だったおかげで自立心だけは育ちましたね。

    • 親の背中は、子供からしっかり見られているもので、現代のようにツベコベアレコレの説教でなくて日々の生き方ですね。仕事がスーツを着て、電車に乗り、どこで何を具体的にしているのか、子供に伝わりにくい仕事形態(サラリーマン)になってしまってからATMと化してしまったお父さん。存在の軽さが子供へいい影響は与えないのではとおもいますね。私は兄弟3人、二人は本州へ。私が札幌に残り、親を看取る役目。北海道から出ることができませんでした。

  2. 自立心にもいろいろあって、両親の離婚がキッカケに成る場合もありますね。つまり恵まれ過ぎて全く困らなければ何の苦労も無い訳ですから、素直に育てばそれで良し、甘えすぎればニートなど悪い結果にもなり兼ねませんね。しかし身の廻りに不幸が起きれば、ただじっとして居るわけには行きません。何らかの行動に出たり、対策を練ったりと、今後の生き方を考えるきっかけにもなりますね。不幸は人間を、良くも悪くも変える事は間違い無いですね。できれば最良の答えが出れば良いですね。答えの結果は誰のせいでもなく、全ては本人次第ですが。

    • 小学生のころは離婚って身近にありませんでした。中学になってあったのが私生児でした。アメリカ軍人との間でできたふたりの子供がおばあちゃんに育てられていました。千歳の熊基地在住の米兵がお父さんですがアメリカへ帰っていきました。一人はグレてしまって三沢基地へ高校を出てすぐに旅たち、もう一人は理容美容学校へ進学して子供3人を育ててコンクリートビル3階の店舗兼自宅を作りました。並大抵の苦労ではなかったと思います。中学の同級生が全員、彼女をサポートして店を盛り上げ、いまも続いています。一人の子供は現在、ドイツに美容室を開いて活躍しています。彼女曰く「中学の同級生がいなかったら、いまの私はない」と大感謝しています。坊主の孫さん、おっしゃるように自ら自立していくのではなくて、自立せざる負えないから自立するのが大半かもしれません。私も甘ちゃん部類なんで情けないですが。

  3. ホランペッター。

    空白は文字通り空しい時間にもなりますね。そんな「むなしさ」を少しでも無くすには好きなことを出来るだけ多く持つ事でしょうか。年齢に関係なく何でも始めて見ることが良いと思いますよ。私は昔に少しかじった絵も好きですが、音楽をまた始めようかと考えました。手はじめにネットでトランペットを購入し暇を見つけて練習しました。今も未だ練習段階です。次に中古ギターをネットオークションで数本入手しました。中古ですからあちこち痛んで居て、これもネットで部品注文して自力で修理しました。我流で修理しているうちに構造や機能についても分かって来ました。各部屋にギターを置いて気が向くままに練習です。そんな時に仕事でお世話に成っている或る方からテナーサックスを貸していただける事になりました。生まれて初めて触る、如何にも難しそうな楽器です。が、本当は昔からあこがれの楽器でもありましたから触れるだけでも興奮しました。ただ大音量と大きな楽器ですから練習場所に困って考えました。トランペットと同じようにクルマの中でも練習できるサイズと言う事で今度はアルトサックスをネットで最近購入しました。早速、クルマにトランペットとアルトサックスのケースを積んで仕事に出る前のほんの短い時間ですが大型店の広大な駐車場の隅っこの車中で窓を閉め切っての朝練を始めました。まだたどたどしい9本指の動きですが、そのうち楽曲演奏が出来るのを夢見て楽譜などを買ったりとせっかちな私です。

    • すごいですね。管楽器や木簡楽器、ギターと多彩ですね。中学時代の音楽好きをもう少し私も粘り強く楽器いじりなどをしていればよかったと後悔しています。レコードを聴いてばかりいました。ラジオもね。中学はまだ貧しくて合唱部が全盛でした、シューマンの流浪の民なんか音楽室から聞こえてきました。私は放送部にいて好きなレコード聞いてました。放送劇コンクールを発案して、私もシナリオを描いて(犯人は誰だ)優勝しました。私が選んだのですが(笑い。ところで空白ですが、現代人で言うと(退屈)ですね。これは小人はろくなことをしません。退屈から犯罪へ走る人もいるので要注意です。こつこつ仕事をすること、ものを作ること、夢中になる趣味を持つこと、そういう時間を持てれば安全な人生行路を歩めるかもしれません。ブログ書きも趣味ですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。