北海道はご存じのように明治以来、本州各地から土地のない、風水害で食えなくなったり、廃藩置県で武士として暮らせない人々、犯罪者として北海道の刑務所に収監された人、対ロシアの軍事力に対抗するために兵士と農民を兼ねる屯田兵として、また中には東本願寺など布教も兼ねて人々とやってきた僧もいた。しかし、共通は「動く必要のない人は動かなかった」である。「動く」を「逃げる」と表現したら、切迫感が出てくる。そこには「人口増で動かしたい政府(官僚)」も背後に控える。考えてみると、人の移動は、組織だって列を組んで移動するだけではなくて、一人でまたは家族で「逃げる」人々も多い。それは時代を超えて毎日、どこかで行われている。このブログを書いている最中にもアジアや中近東やアフリカや南米で国境線を超えて、命を守るためだけでもわずかなお金と食料と衣類を抱えて道路上を歩いている。国境についても次の国へ入れる保証もない。トルコの国境も壁を作るといって中東からEU諸国への移動を制限しようとしている。ともかく、世界中で「逃げ出す人々」が増えている。私の父や義父が中国から引き揚げてきたが「国なんて信用してはいけない」と繰り返し言っていた。国なんて軍隊と官僚と政治家の暮らしを守るための人工的な組織で、国民は彼らへ税金や物を収める存在にすぎないと。小さな反対給付(サービスや年金医療)を受けるがそれに倍する税金を納め続ける、国家制度は不思議な組織(しくみ)である。小松左京「日本沈没」の第二巻が、列島が沈んで、生き残った人々がユーラシア大陸へ流れていくところで終わる。エグゾダスジャパンであるが、果たして孤立した島育ちの私たちが大陸で生き延びれるのかどうか。北海道はエグゾダス本州であったが、これから貧しい国は仕事と豊かさを求めてエグゾダス(脱・出)の社会に入る。超金持ちは地球を出て宇宙旅行へ向かう。エグゾダスアースか。国土の70%が森林で覆われている国だから、日本中に逃げる場所はたくさんあるのでいまのうちから作物を作れる小さな土地と作物つくりの種子を確保してパソコン持参で移住するのも賢明かと思う。

  1. エクソダスと言えば私も大阪から新天地北海道を目指して移住した一人です。いや?男子3人でしたが、現在残ったのは私一人です。あれは厳しい真冬の1月31日でした。初めての札幌到着日に住まい探しに雪の中を駆け足で奔走し円山に6畳一間の安アパートを見つけ転がり込んだものの、当時の国鉄チッキで送った布団は到着も遅く、初日はコートの下に新聞紙を入れて3人で背中合わせで固まって夜を過ごしました。翌日、昼飯に入った隣のラーメン屋さんの店主からの情報で狸小路1丁目の質流れ品専門店で石油ストーブを買い、その夜は火をつけて安心して眠ったのですが翌朝室内に煙が充満。顔は真っ黒。不完全燃焼で死ぬところでした。原因は芯が燃えて無くなった状態の不良品でした。隙間だらけのアパートで道路側が窓だったのが幸いして助かりました。お気に入りのホッケ定食を食べに隣のラーメン店に行って店主に話すと親切にも使っていないストーブを貸してくれました。冷たい大阪人に比べて北海道の人の親切心が身に沁みました。大阪にだって良い人も大勢いるのでしょうが、私の場合は、ズルい人が余りにも多かったのが大阪暮らしを諦めるキッカケになりました。大阪を後にして上野で下車し上野公園を散策しながら姉たちも従弟たちも大勢いる東京で落ち着こうかと迷いましたが、大都会の東京も大阪と大差は無いと思い、早朝の特急に乗って北海道を目指したものです。何のあても無く、ただ都会から離れたい一心の無謀な旅の第一歩でした。

    • 凄い人生、逃亡の(というか暮らすため)北国行きだったんですね。そこに住もうと決めるきっかけ、仕事や企業もそうですが、そこにいる人々の肌合いといいますか、情というかそれが決め手になりそうですね。しかし、昔はあった人情も都会化されて万事が物と金が左右する暮らしになると人心もこわばり、誰にでも親切にする人は少なくなりました。なんでも警戒する、軽く口を利かない、そういう子供教育まで親はしている現在です。困ったら助ける生き方を何度も再考して生き続けないとまずい時代や社会や地球になってしまうなあと思うこのごろです。

  2. 北海道入植者については、大きな誤解があります。かつて道内の主だった入植地の取材をしてきましたが、莫大な費用がかかったため、どこも藩単位の大事業でした。城代家老クラスが移民団の団長となり、専門技術者も同行して、新しい土地を開墾し、作つけして収穫できるようになるまでの数年間、建材から衣食住まで、全ての物資を藩から北前船でピストン輸送してました。廃藩置県で武家の基盤がなくなったからではなく、無くなる可能性が高いので、予算をかけられるうちに新たな経済基盤を求めた事業だったわけです。もちろん信頼のおける者を選ぶのでなければ、そこまでのコストをかけられません。そもそも食い詰めたような者は、とてもではないけど高額な渡航費用や、その後の数年分の生活費用は出せなかったでしょう。どちらかというと、エリート集団が危険を冒して取り組んだ、宇宙開発に近いものだったはずです。事情を知らない本州の人が道民を食い詰め者の子孫のように言うのは仕方ないかもしれませんが、道民がそれを真に受けてるのは残念なことです。

    • なるほど。私の父方のほうばかり考えて思考してました。明治のころの徳島の新聞に北海道移住について会館で説明会開催のチラシがありました。政府や徳島挙げて声援している写真でした。母方も阿波団体で仁木町に入植してきて士族だとは聞いていました。ヨサコイソーランのルーツが徳島・仁木町とつながるわけか。転勤が北海道になると落ち込む風土がまだ残っていて、さんざん私も転勤族の愚痴を聞き過ぎたんでしょうね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。