3日ほど手術で入院しなければならなくなったのを機に、医療についていくつか考えたことがあります。まずはなんと言ってもコロナ。「入院する」と言うにもコロナじゃないと断らなければならないし、では何の病気かと言えば、少々世間体が悪いのであまり言いたくない。すると、とんでもない病気と勘ぐられる。感染被害だけではなく、日常生活でのはた迷惑さも相当なものです。

私はかかりつけ医でワクチン接種しましたが、病院の負担は相当なもので、日頃冷静な医師が、思わず「全部こっちに押し付けて…」と漏らしてました。そこは通院患者だけに限定して接種してましたが、例えば月に1回通院している患者がもう1回接種に来れば、それだけで患者数は2倍です。時間を分けて対応しているのですが、通院患者用の時間帯も短くなって常時混み合いました。これを同じ数のスタッフで回すのですから、体力面も、ストレス面も相当なものです。とんだ医者の不養生です。

私は医者の言うことはよく聞くことにしています。以前医師がちょっとダイエットを勧めたので、その通り体重を落としたら、逆にどうやったか聞かれました。医師のアドバイスを本当に実行する患者は少ないようです。医者の言うことを聞く理由は簡単で、自分はプロの仕事をしてきたと思っているので、プロのアドバイスには、たとえ意味がわからなくても従うのがベストだと知ってるからです。医者で言えば、薬ではなくアドバイスに金を払ってるとさえ思っています。

だから今回のコロナへの対応では、思い切り医者を褒めました。医者というとなんとなく上等な人種で、常に社会の称賛を浴びながら生きてるように思われがちですが、実はそれほど人に褒められる機会のない人たちで、仕事を褒められると嬉しいのです。反論しないのをいいことに、批判される一方ですが。私のかかりつけ医師も、もうコロナ接種はやめるとか言ってましたが、野戦病院みたいなところではなく、自分のカルテを見ながら接種できることが、どれほど安心だったかと言っておきました。ちょっと照れてるようでしたが、結局今も接種は続けているようです。

一方、医療に対して批判が起きるのも仕方ないかもしれません。何しろ病気になってるわけですから、不安にならずにはいられないし、八つ当たりしたくなるのも無理はありません。それを医師に向けるのは理不尽だと思いますが。
私が思うに、医療と患者の問題は、十分競争原理が働いてないことが原因のひとつのように思えます。病院の経営努力で料金を決めれば、そのうち安物やボッタクリが淘汰され、コストパフォーマンスの落とし所が見えてくるかもしれません。
最新鋭の医療機器が必要だということは、片足突っ込んでいるのと同じです。そういう機器もないそこそこの病院で、たまに風邪や腹痛の薬を出してもらうだけの関係こそが私の理想の医療です。費用も内容も”並”でいいので、あとは自分で気をつけるためのアドバイスがあればいい。そのためにも競争原理が働いて、市場のニーズに応じて多様なサービス形態が生まれるのはよいことではないかと思いました。



  1. かかりつけ医とは2か月に一度の問診のみですが、コロナ禍で問診もせずに薬の処方箋だけを出して貰い薬局で受け取る事も多くなりました。問診もいつも1~2分程度の会話で終わります「変わりないですか?」「ええ、何とも無いです」「ではいつも通りの薬を出しますね」「お願いします」これで終了。血圧も問診時に図れば低く、日常には計らないのですが正常だとの事です。余り病気に縁の無い私ですが、2か月に一度でも、かかりつけ医を決めていた事の利点は今回のワクチン接種でした。すんなりと予約も取れて二回目の接種も無事終わり先ずは安心です。コロナ禍の感染拡大も減少傾向に有りますが、この3連休で増えなければいいですね。頓宮横を車で通りましたがコロナ終息を願う祈祷の儀式「疫厄鎮静」とかの最中でした。神様仏様にお願いするしか無いですね。

    • 医師との問診時間はもともと少ないので気になりませんが、心臓と糖尿と2つの病院へ行くので面倒です。病院代もばかになりません。全部、薬を止めたらどうなるかと思うときあります。「そんな薬が入ってきても、病気になるときはなる。死ぬときは死ぬ】って、結論が出ているのではないかとも。アフガニスタンからの避難民続々出ています。きょうの新聞では2800キロ歩いた家族が取材されてました。ようやくたどり着いた地中海、ギリシャに入れず救命ボートくれて漂流の旅を家族5人で始めました。救命具ましですよ。ソ連から始まるアフガン侵略、20年にわたるアメリカの攻撃、中村哲さんの国土開発はありますが。いまは無人兵器の殺戮。生きてる人間が一番怖い生物です。

  2. 手術入院は大昔高校生時代の盲腸での4日間でした。手術と聞いただけで恐ろしくなりますから、出来るだけ避けたい心境です。以前冬に氷の階段で転倒し脱臼でリハビリーしましたが、あの際も外科医から肩を手術すればすぐ直ると言われましたが断りました。今も冬になればあちこち痛みます。数年前に寒いところで立ち仕事をしていた際に下腹部に痛みが走り、その後も何度か痛みが有ったのでネットで調べたりしたら、どうやら鼠経ヘルニア(つまり脱腸)だと知りました。が手術する気にもなれず、しかし何とか治す方法をと悩んでいます。原因は運動不足から来る筋肉の衰えからなんでしょうね。

    • 私も日帰りヘルニア手術受けました。JRタワにあります。しかし、帰宅時痛かった。来週、また心臓カテーテル検査で2泊3日入ります。ブログ書くためにノートパソコン持参するので、コメントくださいね。2月にカテーテルしたばかりでする必要あるのか疑問です。昨年9月にもカテーテルしています。冠動脈ボロボロなのかもしれません。

  3. 大変ですね。それにしても病室にまでPC持ち込みですか。こんな時こそスマホの方が何かと便利ですよ。スマホさえあれば何も要りません。超小型PCですからね。病院ならWiFi環境でしょうからネットも大丈夫でしょう。

    • 私もWiFiあると思ったのですが、入院する病院にはありません。なのでテサリングでパソコン使います。通信料が上がるのが難点です。ガラケイで十分です。パソコン2台とi-padあるので、ご心配かけました。病院内でブログネタあればすぐに書けます。コメントあればすぐに病院内から返信します。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。